Top > Search of Japanese Patents > TRAINING INNERWEAR AND DESIGN METHOD OF TRAINING INNERWEAR

TRAINING INNERWEAR AND DESIGN METHOD OF TRAINING INNERWEAR

Patent code P130009325
File No. N12062
Posted date Jun 7, 2013
Application number P2012-263121
Publication number P2014-109077A
Patent number P6156834
Date of filing Nov 30, 2012
Date of publication of application Jun 12, 2014
Date of registration Jun 16, 2017
Inventor
  • (In Japanese)金井 博幸
  • (In Japanese)木村 航太
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title TRAINING INNERWEAR AND DESIGN METHOD OF TRAINING INNERWEAR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide training innerwear with taping patterns, capable of improving exercise effects.
SOLUTION: Training innerwear 1 includes first to third taping parts 11-13 sewn to the front face thereof. Each first taping part 11 attached in the vertical direction is located at a site containing a belt-like part in which a status where a vertical stretching rate in walking is a setup value or more, continues longest along the vertical direction. Each second taping part 12 is located at a site containing a belt-like part in which a status where a stretching rate from a center to the obliquely downward left/right is a setup value or more, continues longest along the oblique direction. Each third taping part 13 is located at a site including a belt-like part in which a status where a left-right-directional stretching rate is a setup value or more, continues longest along the left-right direction. This configuration can provide the training innerwear having high suppression effects of stretching amounts of the respective parts and exerting the high exercise effects.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

日本人の三大死因には肥満が強く関係しており、肥満には運動不足の影響が最も大きいと考えられている。そこで、近年、歩行動作において運動効果を高めるインナーウエアが提案されている。このようなインナーウエアは、当該インナーウエアのベース生地に、伸縮性の異なる(一般には伸縮抵抗の大きな)テーピング生地を縫製して製作されている。

特許文献1には、このような伸縮性のあるインナーウエアに、より伸縮抵抗の高いテーピング生地を縫製した構成のインナーウエアが提案されている。当該特許文献1においては、インナーウエアのベース生地よりも伸縮抵抗の大きな帯状の第1~第3強伸縮部を一定のパターンで配置してあり、これにより、着用者のエネルギー消費量を増加させることができ、メタボリックシンドローム対策に効果があると言及されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、歩行動作等において運動効果を高めるために、伸縮抵抗の大きなテーピング部が配置されたインナーウエア(以下、「トレーニングインナーウエア」と呼ぶ。)に関する。さらに詳しくは、運動効果を向上し得るテーピングパターンでテーピング部がインナーウエアに配置されたトレーニングインナーウエア、および、最適なテーピングパターンを得ることのできるトレーニングインナーウエアの設計方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
人体表面に密着した着用状態を形成できるように伸縮性のあるベース生地から形成したインナーウエア、および、前記インナーウエアにおける複数の箇所に形成あるいは取り付けたテーピング部を有し、
前記インナーウエアは、少なくとも、パンティ部、および、前記パンティ部から延びている左右の太もも部を備え、
前記テーピング部は、前記インナーウエアのベース生地よりも伸縮抵抗の大きな所定長さの帯状の部位であり、
前記テーピング部として、前記インナーウエアの前面の左右の部位に、左右対称な状態でそれぞれ配置した第1、第2および第3テーピング部が備わっており、
前記第1テーピング部のそれぞれは、着用状態において、前記パンティ部の前面上端縁における臍点部下方の腰天に対応する部位から、左右の前記太もも部の前面をそれぞれ経由し、左右の前記太もも部の前面下端縁における内側上顆部に対応する部位まで延び、
前記第2テーピング部のそれぞれは、着用状態において、前記パンティ部の前面中央部分における臍点部下方の転子点位に対応する部位を相互の上端接合点とし、前記パンティ部の左右の前面をそれぞれ通って外方斜め下方に向かい、転子点部と外側上顆部の中点に対応する部位まで延び、
前記第3テーピング部のそれぞれは、着用状態において、前記パンティ部および前記太もも部の前面中央における恥骨下枝部に対応する部位から、左右の外方に水平に向かい、転子点部下方の位置に対応する部位まで延びていることを特徴とするトレーニングインナーウエア。

【請求項2】
 
前記テーピング部として、前記インナーウエアの後面の左右の部位、左右対称な状態でそれぞれ配置した第4、第5テーピング部が備わっており、
前記第4テーピング部のそれぞれは、着用状態において、前記パンティ部の後面上端縁における坐骨結接部上方の腰天に対応する部位から、前記パンティ部の後面の左右の臀部分および左右の前記太もも部の後面をそれぞれ経由して下方に向かい、左右の前記太もも部の後面下端縁における内側上顆部に対応する部位まで延び、
前記第5テーピング部のそれぞれは、着用状態において、前記パンティ部の後面中央における腰椎の棘突起部下方の臀部後突点位に対応する部位を相互の上端接合点とし、前記パンティ部の左右の後面をそれぞれ通って外方の斜め下方に向かい、転子点部と外側上顆
部の中点に対応する部位まで延び、前記第2テーピング部のそれぞれと下端が接合していることを特徴とする請求項1に記載のトレーニングインナーウエア。

【請求項3】
 
前記テーピング部のそれぞれは、前記インナーウエアの前記ベース生地に、テーピング生地を縫製することによって形成してある請求項1または2に記載のトレーニングインナーウエア。

【請求項4】
 
請求項2に記載のトレーニングインナーウエアの設計方法であって、
被験者に前記テーピング部を配置する前の前記インナーウエアを着用させ、
前記被験者の歩行動作における、下肢が体幹から前方に最も離れる「踵接地」と後方へ最も離れる「踵離地」を含む立脚相の4姿勢を解析姿勢に定め、
着用させた前記インナーウエアにおける立位姿勢の場合を基準として、前記解析姿勢のそれぞれにおける前記インナーウエアの各部における上下方向、左右方向および斜め方向の伸長率を求め、
前記インナーウエアの前面および後面のそれぞれにおいて、前記伸長率が設定値以上の状態が上下方向、左右方向および斜め方向のそれぞれについて最も長く連続する部位を求め、
前記インナーウエアの前面における上下方向に伸長方向が最も長く連続する部位を含む部分を、前記第1テーピング部の配置位置に定め、
前記インナーウエアの後面における上下方向に伸長方向が最も長く連続する部位を含む部分を、前記第4テーピング部の配置位置に定め、
前記インナーウエアの前面における斜め方向に伸長方向が最も長く連続する部位を含む部分を、前記第2テーピング部の配置位置に定め、
前記インナーウエアの後面における斜め方向に伸長方向が最も長く連続する部位を含む部分を、前記第5テーピング部の配置位置に定め、
前記インナーウエアの前面における左右方向に伸長方向が最も長く連続する部位を含む部分を、前記第3テーピング部の配置位置に定めることを特徴とするトレーニングインナーウエアの設計方法。

【請求項5】
 
被験者に着用させる前の前記インナーウエアにおける胴囲および膝蓋囲を等分した上下および左右の位置に格子状にマーカーを配置し、
DLT法(Direct Linear Transformation Method)により、前記マーカーの立位姿勢および各解析姿勢における三次元位置座標を求め、
前記立位姿勢と各解析姿勢における隣マーカー2点間距離の変化を前記伸長率、これらマーカー2点を結ぶ直線方向を前記伸長方向とする請求項4に記載のトレーニングインナーウエアの設計方法。

【請求項6】
 
前記第1~第5テーピング部の配置位置において、それぞれ目標とする伸長率抑制量を定め、
各伸長率抑制量が得られるように、前記第1~第5テーピング部の引張仕事量を定める請求項4または5に記載のトレーニングインナーウエアの設計方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012263121thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close