Top > Search of Japanese Patents > SOLID ELECTROLYTE FOR LITHIUM ION SECONDARY BATTERY AND PROCESS OF MANUFACTURING THE SAME

SOLID ELECTROLYTE FOR LITHIUM ION SECONDARY BATTERY AND PROCESS OF MANUFACTURING THE SAME commons

Patent code P130009332
File No. N12080
Posted date Jun 7, 2013
Application number P2012-286842
Publication number P2014-130700A
Patent number P6028169
Date of filing Dec 28, 2012
Date of publication of application Jul 10, 2014
Date of registration Oct 28, 2016
Inventor
  • (In Japanese)手嶋 勝弥
  • (In Japanese)我田 元
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title SOLID ELECTROLYTE FOR LITHIUM ION SECONDARY BATTERY AND PROCESS OF MANUFACTURING THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a solid electrolyte for a lithium ion secondary battery, excellent in adhesion to a positive and a negative electrodes, capable of obtaining excellent lithium ion conductivity.
SOLUTION: The solid electrolyte for a lithium ion secondary battery is formed in a tabular body whose surface forms an uneven surface where crystal surfaces of single crystal particles are exposed after a plurality of the single crystal particles composed of metal oxide having Li as one of constituting metals are bonded.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

リチウムイオン二次電池等の全固体二次電池は正極・固体電解質・負極の3層構造からなる。この構造体は、正負各電極活物質表面に成膜、あるいは基材の表面に活物質を形成することにより作製される。通常、固体電解質材料は、原材料の調整、成形(粉末成形、あるいは塗布など)、焼成というプロセスを経て作製されている(例えば特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、リチウムイオン二次電池用固体電解質の製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Li源をフラックス成分として含む複数の金属材料を、基体金属板と共に加熱して、該金属材料および前記基体金属板を基体金属板の融点よりも低い温度で溶解し、次いで冷却して結晶化することにより、Liおよび前記基体金属板の金属を構成金属に含む複数の金属の酸化物からなる単結晶粒子が複数結合した板状をなす固体電解質に形成することを特徴とするリチウムイオン二次電池用固体電解質の製造方法。

【請求項2】
 
前記板状をなす固体電解質を、表面が、前記単結晶粒子の結晶面が露出する凹凸面をなす板状体に形成することを特徴とする請求項1記載のリチウムイオン二次電池用固体電解質の製造方法。

【請求項3】
 
前記基体金属板にNb板を用いることを特徴とする請求項1または2記載のリチウムイオン二次電池用固体電解質の製造方法。

【請求項4】
 
前記基体金属板にZr板を用いることを特徴とする請求項1または2記載のリチウムイオン二次電池用固体電解質の製造方法。

【請求項5】
 
前記金属材料および前記基体金属板をルツボ内に収容して加熱することを特徴とする請求項1~4いずれか1項記載のリチウムイオン二次電池用固体電解質の製造方法。

【請求項6】
 
前記基体金属板にペースト状にした前記金属材料を塗布した後加熱することを特徴とする請求項1~4いずれか1項記載のリチウムイオン二次電池用固体電解質の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012286842thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close