Top > Search of Japanese Patents > QUANTITATIVE GRASPING METHOD AND QUANTITATIVE GRASPING DEVICE FOR SYMMETRY LOSS LEVEL

QUANTITATIVE GRASPING METHOD AND QUANTITATIVE GRASPING DEVICE FOR SYMMETRY LOSS LEVEL meetings

Patent code P130009344
File No. 11054
Posted date Jun 12, 2013
Application number P2012-002363
Publication number P2013-142976A
Patent number P5912541
Date of filing Jan 10, 2012
Date of publication of application Jul 22, 2013
Date of registration Apr 8, 2016
Inventor
  • (In Japanese)有尾 一郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title QUANTITATIVE GRASPING METHOD AND QUANTITATIVE GRASPING DEVICE FOR SYMMETRY LOSS LEVEL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To quantitatively grasp a level of symmetry loss caused by any disturbance occurring in a structure having symmetry.
SOLUTION: Arrangement information is obtained from a measuring object and is made into a matrix, and a matrix representing a basic structure with no disturbance occurring in the measuring object is extracted. A conversion filter that is a matrix diagonalizing the matrix representing the basic structure is obtained. The conversion filter is applied to the arrangement information on the measuring object made into a matrix to be partitioned into a block matrix.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

古典的な対称性の研究は、静的な現象を前提として、対象とする系に対称性が存在するか否かということに力点がおかれてきた。

物理学では、対称性が低下することは「対称性の自発的破れ」又は単に「対称性の破れ」と呼ばれ、レイリー・ベナール対流やクエット・テイラーの実験などが知られている。

静力学の分野における分岐階層構造の研究においては、系はその対称性の部分群に階層的に支配されていることが明らかにされ、構造解析に群の標準分解定理を取り入れた群論的分岐理論への展開が行われてきた(非特許文献1~4参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、例えば周期対称性を持つ材料や構造における隠れた対称性のレベルを定量的に把握する方法及び装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
測定対象物から配列情報を取得して行列化すると共に、前記測定対象物に乱れが生じていない場合の基本構造を表す行列を抽出する工程aと、
前記基本構造を表す行列を対角化する行列である変換フィルタを求める工程bと、
行列化された前記測定対象物の前記配列情報に変換フィルタを適用し、ブロック行列に分解する工程cと
前記ブロック行列の個数と大きさから前記測定対象物の対称性喪失レベルを判別する工程dとを備えていることを特徴とする対称性喪失レベルの定量的把握方法。

【請求項2】
 
請求項1に記載の対称性喪失レベルの定量的把握方法において、
前記測定対象物は、規則的に配列された複数の粒子の一部が他の粒子又は空洞に置換された構造を持つことを特徴とする対称性喪失レベルの定量的把握方法。

【請求項3】
 
請求項1に記載の対称性喪失レベルの定量的把握方法において、
前記測定対象物は、複数の貫通孔が規則的に配列されたシート状構造を持つことを特徴とする対称性喪失レベルの定量的把握方法。

【請求項4】
 
測定対象物から配列情報を取得して行列化すると共に、前記測定対象物に乱れが生じていない場合の基本構造を表す行列を抽出する手段Aと、
前記基本構造を表す行列を対角化する行列である変換フィルタを求める手段Bと、
行列化された前記測定対象物の前記配列情報に変換フィルタを適用し、ブロック行列に分解する手段Cと、
前記ブロック行列の個数と大きさから前記測定対象物の対称性喪失レベルを判別する手段Dとを備えていることを特徴とする対称性喪失レベルの定量的把握装置。

【請求項5】
 
請求項4に記載の対称性喪失レベルの定量的把握装置において、
前記測定対象物は、規則的に配列された複数の粒子の一部が他の粒子又は空洞に置換された構造を持つことを特徴とする対称性喪失レベルの定量的把握装置。

【請求項6】
 
請求項4に記載の対称性喪失レベルの定量的把握装置において、
前記測定対象物は、複数の貫通孔が規則的に配列されたシート状構造を持つことを特徴とする対称性喪失レベルの定量的把握装置。

【請求項7】
 
コンピュータを、測定対象物から配列情報を取得して行列化すると共に、前記測定対象物に乱れが生じていない場合の基本構造を表す行列を抽出する手段A、前記基本構造を表す行列を対角化する行列である変換フィルタを求める手段B、行列化された前記測定対象物の前記配列情報に変換フィルタを適用し、ブロック行列に分解する手段C、及び、前記ブロック行列の個数と大きさから前記測定対象物の対称性喪失レベルを判別する手段Dとして機能させるためのプログラム。

【請求項8】
 
請求項7に記載のプログラムにおいて、
前記測定対象物は、規則的に配列された複数の粒子の一部が他の粒子又は空洞に置換された構造を持つことを特徴とするプログラム。

【請求項9】
 
請求項7に記載のプログラムにおいて、
前記測定対象物は、複数の貫通孔が規則的に配列されたシート状構造を持つことを特徴とするプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012002363thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close