Top > Search of Japanese Patents > NEW POLYPEPTIDE AND POLYNUCLEOTIDE ENCODING THE POLYPEPTIDE, AND USE THEREOF

NEW POLYPEPTIDE AND POLYNUCLEOTIDE ENCODING THE POLYPEPTIDE, AND USE THEREOF

Patent code P130009374
File No. 10116-1
Posted date Jun 14, 2013
Application number P2012-032205
Publication number P2012-213382A
Patent number P5892489
Date of filing Feb 16, 2012
Date of publication of application Nov 8, 2012
Date of registration Mar 4, 2016
Priority data
  • P2011-080591 (Mar 31, 2011) JP
Inventor
  • (In Japanese)堀 貫治
  • (In Japanese)平山 真
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title NEW POLYPEPTIDE AND POLYNUCLEOTIDE ENCODING THE POLYPEPTIDE, AND USE THEREOF
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new polypeptide having high affinity with high mannose type sugar chain, a polynucleotide encoding the polypeptide and typical uses thereof.
SOLUTION: This polypeptide binds to a high mannose type sugar chain derived from edible red alga Meristotheca papulosa, which is an antiviral agent comprising: (a) an amino acid sequence with a specific sequence; or (b) the amino acid sequence with the specific sequence where one or several amino acids are substituted, deleted, inserted or added.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ヒト免疫不全ウイルス(以下「HIV」)、インフルエンザウイルス、C型肝炎ウイルス(以下「HCV」)、エボラウイルス、ヒトヘルペスウイルス6(以下「HHV-6」)、重症急性呼吸症候群(以下「SARS」)ウイルスなどのウイルスは、しばしば人体に対して重篤な症状を惹起し、その感染拡大が社会問題ともなっていることから、効果的に感染を阻害する薬剤の開発が望まれている。これらのウイルスは、表面に高マンノース型糖鎖を有し、これが宿主への感染に重要な役割を果たすことが知られている(例えば、非特許文献1)。そのため、これらのウイルスが備える高マンノース型糖鎖への結合能を有する物質は、上記ウイルスに対する感染阻害剤として機能することが期待できる。

これまでに、海藻類または藻類(淡水産藍藻)から多くの種類のレクチンが単離され、その生化学的性質が明らかにされている。上記レクチンの一部は、HIV、インフルエンザウイルス等の上述のウイルスに特異的に結合することが知られている(非特許文献2~12)。

他にも、レクチンとHIVとの結合に関する発明として、例えば、ConAなどのレクチンが結合した疎水性基材からなる微粒子担体にHIVまたはその一部のタンパクもしくはペプチドを捕捉してなる微粒子を含有するエイズワクチン(特許文献1)、GNAなどのレクチンを固定した多孔性中空糸膜に血液を通過させ、ウイルスに感染した個体の血液中のウイルス粒子及びそのレクチン結合性フラグメントを減じる方法(特許文献2)、癌患者における感染症の予防および/または処置用の医薬の製造において、マンナン結合レクチンサブユニット等を含むマンナン結合レクチンオリゴマーを含有する組成物を使用する発明(特許文献3)、スクシニル-コンカナバリンAなどのレクチンを結合成分として用い、ウイルス粒子を含んでなるサンプルのウイルス力価を高める方法(特許文献4)などが知られている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、高マンノース型糖鎖と高い親和性を有する新規ポリペプチド、およびそのポリペプチドをコードするポリヌクレオチド、並びにそれらの代表的利用に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
高マンノース型糖鎖と結合するポリペプチドであって、
(a)配列番号2に示されるアミノ酸配列;または
(b)配列番号2に示されるアミノ酸配列において、1個もしくは数個のアミノ酸が置換、欠失、挿入、もしくは付加されたアミノ酸配列、
からなることを特徴とするポリペプチド。

【請求項2】
 
請求項1に記載のポリペプチドをコードすることを特徴とするポリヌクレオチド。

【請求項3】
 
下記の(a)または(b)のいずれかであることを特徴とする請求項2に記載のポリヌクレオチド:
(a)配列番号1に示される塩基配列からなるポリヌクレオチド;または
(b)以下の(i)もしくは(ii)のいずれかとストリンジェントな条件下でハイブリダイズするポリヌクレオチド:
(i)配列番号1に示される塩基配列からなるポリヌクレオチド;もしくは
(ii)配列番号1に示される塩基配列と相補的な塩基配列からなるポリヌクレオチド。

【請求項4】
 
請求項1に記載のポリペプチドが固定されてなることを特徴とするウイルス除去膜。

【請求項5】
 
請求項2または3に記載のポリヌクレオチドを含むことを特徴とするベクター。

【請求項6】
 
請求項5に記載のベクターを用いることを特徴とする、請求項1に記載のポリペプチドを生産する方法。

【請求項7】
 
請求項2または3に記載のポリヌクレオチドが導入されていることを特徴とする形質転換体。

【請求項8】
 
請求項7に記載の形質転換体を用いることを特徴とする、請求項1に記載のポリペプチドを生産する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012032205thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close