Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)精神疾患の検査方法および精神疾患用の検査キット

(In Japanese)精神疾患の検査方法および精神疾患用の検査キット meetings foreign

Patent code P130009384
File No. F10026-JP
Posted date Jun 14, 2013
Application number P2012-527674
Patent number P5828407
Date of filing Jul 26, 2011
Date of registration Oct 30, 2015
International application number JP2011067004
International publication number WO2012017867
Date of international filing Jul 26, 2011
Date of international publication Feb 9, 2012
Priority data
  • P2010-175748 (Aug 4, 2010) JP
Inventor
  • (In Japanese)森信 繁
  • (In Japanese)淵上 学
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title (In Japanese)精神疾患の検査方法および精神疾患用の検査キット meetings foreign
Abstract (In Japanese)一つの遺伝子を対象とした手法での生物学的指標に基づいた客観的判断基準による、精神疾患の検査方法、精神疾患用の検査キット、ならびに精神疾患治療剤および/または予防剤の評価方法を提供する。本発明の精神疾患の検査方法は、被験体から採取した試料のBDNF遺伝子のエクソンI上流のCpGアイランドにおけるメチル化状態を検出する検出工程、ならびに、当該試料のメチル化状態と、精神疾患の個体および非精神疾患の個体から採取した試料のBDNF遺伝子のエクソンI上流のCpGアイランドにおけるメチル化状態とを比較して、被験体が精神疾患か否かを検査する検査工程を含む。好ましくは、精神疾患は、うつ病および/または統合失調症である。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

WHO(World Health Organization)の疫学調査において、精神疾患は高い有病率を呈する。特に、うつ病および統合失調症は、有病率が高く、かつ日常生活上において中程度から重症の障害をもたらす疾患群である。

現在、このような精神疾患の診断において、公的な統計学的診断基準はAPA(アメリカ精神医学会)によるthe fourth edition of the Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders(DSM-IV)に依っている。この基準は、主観的な症状の陳述、観察、罹病期間、症状変化の時間経過、および臨床医の印象等から判断することが多い。

このような主観的な診断では客観性に欠けるため、精神疾患は多様性に富み、正確な疫学調査や治療法の標準化、ならびに新薬の開発等が進みにくい。そこで、精神疾患の生物学的指標の必要性が久しく提唱されている。例えば、特許文献1には、多数の遺伝子の発現パターン(発現レベル)に基づく、生物学的な特徴に立脚した新たな精神疾患の診断方法、ならびに精神疾患を予防または治療し得る新たな物質を探索する方法が記載されている。また、特許文献2には、被験者の試料から採取される、特定の種々のタンパク質、核酸またはその断片の定量値を以て精神病性障害に罹患しているか否かを判断する方法が記載されている。これら種々のタンパク質、核酸またはその断片のうちの一つには、BDNF遺伝子に係る発現量についても記載されている。その他にも、特許文献3には、種々の遺伝子のSNPs解析から、躁うつ疾患の予測およびかかり易さの判定が可能であると記載されており、当該遺伝子の一つにもBDNF遺伝子が含まれている。

一方、このような精神疾患の分野以外で、癌や生活習慣病等の多要因が関与して発症する疾患群に対して、エピジェネティクス(後天的な修飾により遺伝子発現が制御されることに起因する、遺伝学または分子生物学の分野)の観点からの発病マーカーや治療効果の判定が近年注目されてきている。例えば、特許文献4には、BDNF遺伝子の上流のCpGアイランドのメチル化状態によって、大腸癌の病態を判断する方法が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、CpGアイランドのメチル化状態に基づく精神疾患の検査方法、精神疾患用の検査キット、ならびに精神疾患治療剤および/または予防剤の評価方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被験体から採取した試料のBDNF遺伝子のエクソンI上流のCpGアイランドにおける、CpG_1、CpG_14、CpG_19,20,21、CpG_22、CpG_23、CpG_24、CpG_29,30,31、CpG_3、CpG_32、CpG_36、CpG_4、CpG_48、CpG_6、CpG_7、CpG_71、CpG_76およびCpG_8,9ユニットの全てのCpGユニットのメチル化状態を検出する検出工程と、
うつ病の個体、統合失調症の個体および健常の個体から採取した試料のBDNF遺伝子のエクソンI上流のCpGアイランドにおける前記全てのCpGユニットのメチル化状態のクラスタリング解析から得られ、うつ病群と統合失調症群と健常群とに分かれる樹形図を指標として、前記被験体から採取した試料の前記全てのCpGユニットのメチル化状態から、前記被験体がうつ病、統合失調症および健常のいずれであるかを検査する検査工程と、
を含むことを特徴とする精神疾患の検査方法。

【請求項2】
 
前記試料は、動物から採取した生体試料であることを特徴とする請求項1に記載の精神疾患の検査方法。

【請求項3】
 
前記試料は、ヒトから採取した末梢血であることを特徴とする請求項1に記載の精神疾患の検査方法。

【請求項4】
 
前記CpGアイランドは、配列番号1に記載の塩基配列を含むことを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1項に記載の精神疾患の検査方法。

【請求項5】
 
被験体から採取した試料のBDNF遺伝子のエクソンI上流のCpGアイランドにおける、CpG_1、CpG_14、CpG_19,20,21、CpG_22、CpG_23、CpG_24、CpG_29,30,31、CpG_3、CpG_32、CpG_36、CpG_4、CpG_48、CpG_6、CpG_7、CpG_71、CpG_76およびCpG_8,9ユニットの全てのCpGユニットのメチル化状態検出用の、配列番号2および配列番号3、配列番号4および配列番号5、配列番号6および配列番号7、ならびに、配列番号8および配列番号9の全てのプライマーセットを含み、
前記被験体がうつ病、統合失調症および健常のいずれであるかを検査することを特徴とする精神疾患用の検査キット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012527674thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close