Top > Search of Japanese Patents > POLYETHER KETONE AND MANUFACTURING METHOD THEREOF

POLYETHER KETONE AND MANUFACTURING METHOD THEREOF meetings

Patent code P130009408
File No. S2013-0104-N0
Posted date Jun 18, 2013
Application number P2012-238242
Publication number P2014-088480A
Patent number P6021002
Date of filing Oct 29, 2012
Date of publication of application May 15, 2014
Date of registration Oct 14, 2016
Inventor
  • (In Japanese)木村 邦生
  • (In Japanese)山崎 慎一
  • (In Japanese)内田 哲也
  • (In Japanese)兼高 悠輔
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岡山大学
Title POLYETHER KETONE AND MANUFACTURING METHOD THEREOF meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide polyether ketone usable as an engineering plastic, using a compound which can be manufactured from biomass as a raw material.
SOLUTION: A manufacturing method includes a polymerization step of producing polyether ketone having a repeating unit represented by the formula 3 by polymerizing furan dicarboxylate dichloride (a compound A) and a compound B represented by the formula 2. In formulae, Ar is same or different each other and represents a p-phenylene group or a m-phenylene group, and n represents 0 or a positive integer.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ポリエーテルケトンは、良好な物理的性質、高耐薬品性及び高耐熱性等といった好ましい性質を有することから、エンジニアリングプラスチックの一つとして既に様々なものが開発されてきた(例えば、特許文献1参照)。

特許文献1は、「高い機械的強度および強靭性を有し、電気的特性、熱酸化安定性および溶解性に優れた新規なポリエーテルケトンを提供する」(特許文献1、段落番号0005)ためになされた発明であり、「特定の構造を有するポリエーテルケトンの少なくとも一方の末端を、フェニルエチニル部分、プロパギルオキシ部分、シアネート部分及びオキサゾリン部分等の架橋基で置換することによって得られるポリマーは、高い機械的強度および強靭性を有し、電気的特性、熱酸化安定性、溶解性及び透明性に優れる上、架橋時に分子量の増加に伴い溶解性が低下するため、溶剤への溶出が抑えられて膜を容易に形成することができることを知得した。」(特許文献1、段落番号0008)ことに基づくポリエーテルケトンが開示されている。なお、特許文献1に係る特許出願は、特許第4875250号として特許されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ポリエーテルケトン及びその製造方法に関し、より詳細には、繰り返し単位中にフラン環を含むポリエーテルケトン及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(式1)で示される化合物Aと、
【化1】
 
(省略)
(式2)で示される化合物Bと、
【化2】
 
(省略)
(但し、式中、Arは、互いに同一又は異なってp-フェニレン基又はm-フェニレン基を示す。nは0又は1を示す。)
を重合させ、(式3)
【化3】
 
(省略)
(但し、式中、Arは、互いに同一又は異なってp-フェニレン基又はm-フェニレン基を示す。nは0又は1を示す。)で示される繰り返し単位を有するポリエーテルケトンを生成させる重合ステップを含んでなる、製造方法。

【請求項2】
 
重合ステップが、イオン液体中で行われるものである、請求項1に記載の製造方法。

【請求項3】
 
前記イオン液体を構成するカチオンがイミダゾリウムカチオンである、請求項2に記載の製造方法。

【請求項4】
 
重合ステップが、塩化アルミニウムの存在下で行われるものである、請求項1乃至3のいずれか1に記載の製造方法。

【請求項5】
 
Arがいずれもp-フェニレン基である、請求項1乃至4のいずれか1に記載の製造方法。

【請求項6】
 
(式3)
【化3】
 
(省略)
(但し、式中、Arは、互いに同一又は異なってp-フェニレン基又はm-フェニレン基を示す。nは0又は1を示す。)で示される繰り返し単位を有するポリエーテルケトン。

【請求項7】
 
Arがいずれもp-フェニレン基である、請求項6に記載のポリエーテルケトン。

【請求項8】
 
窒素雰囲気中加熱による10%重量減少温度が390℃以上である、請求項6又は7に記載のポリエーテルケトン。

【請求項9】
 
還元粘度が0.2dl/g以上である、請求項6乃至8のいずれか1に記載のポリエーテルケトン。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012238242thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close