Top > Search of Japanese Patents > VIOLOGEN COMPOUND AND METHOD FOR POTASSIUM ION DETERMINATION

VIOLOGEN COMPOUND AND METHOD FOR POTASSIUM ION DETERMINATION

Patent code P130009414
File No. P01-001
Posted date Jun 20, 2013
Application number P2001-253939
Publication number P2003-064080A
Patent number P5066701
Date of filing Aug 24, 2001
Date of publication of application Mar 5, 2003
Date of registration Aug 24, 2012
Inventor
  • (In Japanese)桑原 哲夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山梨大学
Title VIOLOGEN COMPOUND AND METHOD FOR POTASSIUM ION DETERMINATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a viologen compound with which potassium ion can selectively be determined and to provide a method for potassium ion determination, with which potassium ion can selectively be determined.
SOLUTION: This viologen compound is represented by general formula I (X- is PF6- ion, BF4- ion or a halogen ion). In this method for potassium ion determination using visible light absorption spectrum of the viologen compound, an absorption peak assigned to an intermolecular electron transfer complex formed between at least two viologen compounds and at least one potassium ion is used to provide the method for potassium ion determination. This method for potassium aromatic dicarboxylate or aromatic carboxylic acid determination comprises using absorption assigned to the intermolecular electron transfer complex formed between the viologen compounds and a potassium aromatic dicarboxylate or an aromatic dicarboxylic acid.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


生体内においては、カリウムイオンのナトリウムイオンに対する存在比は非常に小さい。そのうえ、カリウムイオンとナトリウムイオンとは化学的によく似ており、カリウムイオンを検出しようとするとナトリウムイオンも同時に検出されてしまう。このため、カリウムイオンのみを選択的に精度よく定量することは容易ではない。そこで、生体内のように、カリウムイオンがナトリウムイオンなどの類似の金属イオンと共存し得る環境下のもとにおいても、カリウムイオンのみを選択的に精度よく定量することのできる指示薬や定量方法の開発が望まれている。



従来、そのようなカリウムイオンを選択的に定量する方法としては、以下の2つの方法があった。



第1の方法は、「電界効果トランジスタのゲート電極」上に「ポリ塩化ビニルを母材として可塑剤及びバリノマイシンを分散させたカリウムイオン選択性膜」が形成されたイオン選択用電極(ISFET)を用いて、カリウムイオンを定量する方法である(特公平6-84951号)。



第2の方法は、「フルオロイオノホア/γ-シクロデキストリン錯体」の水中での蛍光スペクトルを測定してカリウムイオンを定量する方法である(J.Am.Chem.Soc.Vol.121,2319-2320(1999))。



しかしながら、前者は、天然物のバリノマイシンを用いるため安定性に問題があるうえ高価であるという問題があった。また、後者は、存在する夾雑(きょうざつ)物により蛍光がクエンチされやすいという欠点があり、また、カリウムイオンの定量に3成分系(▲1▼フルオロイオノホア+▲2▼γ-シクロデキストリン+▲3▼被定量物質)励起状態での会合種からの蛍光を用いているため定量条件の設定が容易ではなく、さらにまた、励起光として紫外光を用いる必要があるので装置が大がかりになり測定も煩雑である、という問題があった。従って、いずれの場合においても、これらの問題が解決されることが望まれていた。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、カリウムイオンを選択的に定量することができるビオロゲン化合物及びカリウムイオンを選択的に定量することができるカリウムイオンの定量方法などに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記の一般式[I]で示されることを特徴とするビオロゲン化合物。
【化1】
 


(式中、X-は、PF6-イオン、BF4-イオン又はハロゲンイオンである。)

【請求項2】
 
請求項1に記載のビオロゲン化合物の可視吸収スペクトルを用いてカリウムイオンを定量することを特徴とするカリウムイオンの定量方法。

【請求項3】
 
請求項2に記載のカリウムイオンの定量方法において、「少なくとも2個のビオロゲン化合物と少なくとも1個のカリウムイオンとの間で形成される分子間電荷移動錯体」に帰属される吸収ピークを用いてカリウムイオンを定量することを特徴とするカリウムイオンの定量方法。

【請求項4】
 
請求項3に記載のカリウムイオンの定量方法において、「2個のビオロゲン化合物と1個のカリウムイオンとの間で形成される分子間電荷移動錯体」に帰属される吸収ピーク(以下、「吸収ピーク(2:1)」という。)を用いてカリウムイオンを定量することを特徴とするカリウムイオンの定量方法。

【請求項5】
 
請求項1に記載のビオロゲン化合物とカリウムイオンとを含むことを特徴とする分子間電荷移動錯体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please feel free to contact us by email or facsimile if you have any interests in this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close