Top > Search of Japanese Patents > HIGH FREQUENCY INVERTER

HIGH FREQUENCY INVERTER

Patent code P130009436
File No. S2012-0179-N0
Posted date Jun 27, 2013
Application number P2011-267442
Publication number P2013-121220A
Patent number P6004309
Date of filing Dec 7, 2011
Date of publication of application Jun 17, 2013
Date of registration Sep 16, 2016
Inventor
  • (In Japanese)畑中 義博
  • (In Japanese)宮田 周一郎
  • (In Japanese)福岡 養祐
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京海洋大学
  • (In Japanese)第一高周波工業株式会社
Title HIGH FREQUENCY INVERTER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a high frequency inverter for an induction heating load with a simple configuration.
SOLUTION: A feed current circuit 2 having first and second feed current switches S1 and S3 connected with antiparallel diodes D1, D3 is connected via a common connection circuit 3 to a resonance current circuit 4 comprising a parallel connection of a load/series resonance circuit 4B including an induction heating load 11, a resonance current switch S2 connected with an antiparallel diode D2, and a ZVS capacitor Cp, and a double frequency output current i0 is caused to flow through the induction heating load 11, so that the configuration of the high frequency inverter can be more simplified.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

誘導加熱を用いた加熱手段として複数の電力半導体スイッチ素子を高周波ゲート信号によってスイッチ動作させることにより、誘導加熱コイルとしてのワークコイルに高周波電流を流す回路構成を構築し、これにより誘導加熱部材に渦電流を誘導させるような構成を有する高周波インバータが提案されている(特許文献1参照)。

この周波数インバータは、スイッチ素子としてIGBT(Insulated Gate Bipolar Transistor:絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ)や、MOSFET(Metal Oxide Semiconductor Field Effect Transistor:金属酸化膜半導体電界効果トランジスタ)でなる電力半導体スイッチング素子を用い得るが、当該電力半導体スイッチ素子としてIGBTを用いようとすれば、そのゲートトリガ周波数の限界は40~50〔kHz〕程度であるため、非磁性体(銅、アルミニウム、SUS316、SUS304など)の誘導加熱では、インバータの出力でなる誘導加熱コイル電流の周波数fをIGBTのゲートトリガ周波数限界より高周波化する必要がある。

すなわち、誘導加熱材料が非磁性体などの場合は、抵抗率が非常に小さいため、誘導加熱材料の電気抵抗の大きさが小さくなるので、誘導加熱電力Pを大きくすることにより加熱源としての性能を高めるためには、誘導加熱コイル電流の周波数fを大きくすることが望ましい。

ここで誘導加熱電力Pは誘導加熱コイル電流の周波数fの平方根に比例することが知られている。

実際上、銅やアルミニウムを誘導加熱する場合には、当該誘導加熱コイル電流の周波数fを60~100〔kHz〕程度に高周波化する必要がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は高周波インバータに関し、例えば加熱負荷を誘導加熱する場合に適用し得るものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1の逆並列ダイオードを並列に接続してなる第1の給電電流スイッチ及び第2の逆並列ダイオードを並列に接続してなる第2の給電電流スイッチを、互いに並列に、直流電源の一端側及び共通接続回路間に接続し、
第3の逆並列ダイオードを並列に接続してなる共振電流スイッチと、誘導加熱負荷及び直列共振コンデンサの直列回路と、ゼロ電圧動作用コンデンサとを、互いに並列に、上記直流電源の他端側及び上記共通接続回路間に接続し、
上記第1の給電電流スイッチ、上記共振電流スイッチ及び上記第2の給電電流スイッチは、順次ターンオン動作するターンオンサイクルを繰り返すように、
先ず、上記第1の給電電流スイッチをターンオン動作させたS1単流モードにおいて上記直流電源から上記第1の給電電流スイッチ及び上記共通接続回路を介して上記誘導加熱負荷に給電電流を流すことにより出力電流を生じさせ、
続いて、上記第1の給電電流スイッチ、上記第2の給電電流スイッチ及び上記共振電流スイッチを全てターンオフ動作させた第1の全スイッチオフモードにおいて上記ゼロ電圧動作用コンデンサから上記共通接続回路を介して上記誘導加熱負荷に充放電電流を流すことにより上記出力電流を生じさせ、
続いて、当該充放電電流がゼロクロスするような変化をしたとき、上記誘導加熱負荷の自由共振動作によって生ずる共振電流を上記共通接続回路を介しさらに上記第3の逆並列ダイオードを介して流すD2単流モードにおいて当該共振電流によって上記出力電流を生じさせ、
続いて、上記共振電流スイッチをターンオン動作させたS2単流モードにおいて上記誘導加熱負荷の共振電流を上記共振電流スイッチを介しさらに上記共通接続回路を介して流すことにより上記出力電流を生じさせ、
続いて、上記第1の給電電流スイッチ、上記第2の給電電流スイッチ及び上記共振電流スイッチを全てターンオフ動作させた第2の全スイッチオフモードにおいて上記ゼロ電圧動作用コンデンサから上記共通接続回路を介して上記誘導加熱負荷に充放電電流を流すことにより上記出力電流を生じさせ、
続いて、当該充放電電流がゼロクロスするような変化をしたとき、上記誘導加熱負荷の自由共振動作によって生ずる共振電流を上記共通接続回路を介しさらに上記第1及び第2の逆並列ダイオードを介して流す第1のD1・D3複流モードにおいて当該共振電流によって上記出力電流を生じさせ、
続いて、上記第2の給電電流スイッチをターンオン動作させたS3単流モードにおいて上記直流電源から上記第2の給電電流スイッチ及び上記共通接続回路を介して上記誘導加熱負荷に給電電流を流すことにより上記出力電流を生じさせ、
続いて、上記第1の給電電流スイッチ、上記第2の給電電流スイッチ及び上記共振電流スイッチを全てターンオフ動作させた第3の全スイッチオフモードにおいて上記ゼロ電圧動作用コンデンサから上記共通接続回路を介して上記誘導加熱負荷に充放電電流を流すことにより上記出力電流を生じさせ、
続いて、当該充放電電流がゼロクロスするような変化をしたとき、上記誘導加熱負荷の自由共振動作によって生ずる共振電流を上記共通接続回路を介しさらに上記第3の逆並列ダイオードを介して流すD2単流モードにおいて当該共振電流によって上記出力電流を生じさせ、
続いて、上記第1の給電電流スイッチ、上記第2の給電電流スイッチ及び上記共振電流スイッチを全てターンオフ動作させた第4の全スイッチオフモードにおいて上記ゼロ電圧動作用コンデンサから上記共通接続回路を介して上記誘導加熱負荷に充放電電流を流すことにより上記出力電流を生じさせ、
続いて、当該放電電流がゼロクロスするような変化をしたとき、上記誘導加熱負荷の自由共振動作によって生ずる共振電流を上記共通接続回路を介しさらに上記第1及び第2の逆並列ダイオードを介して流す第2のD1・D3複流モードにおいて当該共振電流によって上記出力電流を生じさせ、
続いて、次の循環動作サイクルにおける上記S1単流モードに移るようにした結果2倍周波出力電流を生成する
ことを特徴とする高周波インバータ。

【請求項2】
 
上記誘導加熱負荷及び直列共振用コンデンサでなる負荷直列共振回路により直列共振周波数frを求め、上記第1及び第2給電電流スイッチ並びに上記共振電流スイッチのゲートトリガ周波数ftを上記直列共振周波数frの1/2より大きく設定し、誘導加熱負荷に供給する出力電流の出力周波数f0を、ゲートトリガ周波数ftの2倍(f0=2ft)に設定する
ことを特徴とする請求項1に記載の高周波インバータ。

【請求項3】
 
位相角度0度から360度までのスイッチングモード切換動作繰返し周期Tにおいて、上記第1の給電電流スイッチ、上記共振電流スイッチ及び上記第2の給電電流スイッチを、デッドタイム区間を挟んで、(1/4)Tより小さい3つの角度範囲でそれぞれゲートトリガ動作させて給電電流及び共振電流を上記誘導加熱負荷に流すと共に、上記第2のD1・D3複流モードにおいて上記スイッチングモード切換動作繰返し周期Tの残る1つの角度範囲で上記第1及び第2給電電流スイッチにそれぞれ接続された逆並列ダイオードを導通させる共振電流を上記誘導加熱負荷に流す
ことを特徴とする請求項2に記載の高周波インバータ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011267442thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close