Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)細胞接着促進剤及び細胞の接着を促進させる方法

(In Japanese)細胞接着促進剤及び細胞の接着を促進させる方法 achieved foreign

Patent code P130009544
File No. 2021
Posted date Jul 10, 2013
Application number P2010-517925
Patent number P5586463
Date of filing Jun 16, 2009
Date of registration Aug 1, 2014
International application number JP2009060950
International publication number WO2009154201
Date of international filing Jun 16, 2009
Date of international publication Dec 23, 2009
Priority data
  • P2008-159369 (Jun 18, 2008) JP
Inventor
  • (In Japanese)上杉 志成
  • (In Japanese)山添 紗有美
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title (In Japanese)細胞接着促進剤及び細胞の接着を促進させる方法 achieved foreign
Abstract (In Japanese)開示されているのは、下記式(I)で表されるジスピロトリピペラジン誘導体又はその塩を含む支持体への細胞接着促進剤、下記式(I)で表されるジスピロトリピペラジン誘導体又はその塩を培地に添加もしくは支持体に塗布することを特徴とする支持体へ細胞の接着を促進させる方法、及び下記式(I)で表されるジスピロトリピペラジン誘導体又はその塩を含む細胞接着及び/又は細胞増殖を促進するヘパラン硫酸のアゴニストである。
(式省略)
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

コラーゲン等の天然の細胞外マトリックスは培養が困難な細胞を培養する際のコーティング材として利用され、生物工学、細胞生物学の基礎的研究に大きく寄与してきた。しかしそうした天然の動物由来の素材の欠点として、病気伝染のリスク、純度の低さ、再現性や安定性の乏しさといったことが挙げられる。こうした制約は合成品によって克服可能である。しかし、そうした合成品はしばしば、天然の素材よりも低い接着効果しか得られない。

また、ある種のジスピロトリピペラジン誘導体の抗ウィルス活性については、非特許文献1及び2で報告されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ジスピロトリピペラジン誘導体又はその塩を含む細胞接着促進剤、それらを培地に添加もしくは支持体に塗布することを特徴とする細胞の接着を促進させる方法、及び細胞接着促進効果を有する新規化合物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式(I)で表されるジスピロトリピペラジン誘導体又はその塩を含む、支持体への細胞接着促進剤。
【化1】
 
(省略)
〔式中、R1は、水又はヘテロ原子が1~3個の窒素原子である6員の芳香族ヘテロ環基であり、R2は、ヘテロ原子が1~3個の窒素原子である6員の芳香族ヘテロ環基又は下記式(II)で表される基を意味する前記芳香族ヘテロ環基は、ダンシルヒドラジン化されていてもよく、又はインテグリン結合活性を持つ物質若しくはRGDペプチドが結合していてもよく、前記芳香族ヘテロ環基は、ハロゲン、ヒドロキシ、ホルミル、アルキル、ヒドロキシアルキル、アルコキシ、アルキルチオ、シアノ、ニトロ及びアミノから選択される原子又は基で置換されていてもよい)。
【化2】
 
(省略)
〔式中、R1aヘテロ原子が1~3個の窒素原子である二価の6員の芳香族ヘテロ環基を意味し、R2aは、R1の定義に同じである(R1aで示される芳香族ヘテロ環基は、ハロゲン、ヒドロキシ、ホルミル、アルキル、ヒドロキシアルキル、アルコキシ、アルキルチオ、シアノ、ニトロ及びアミノから選択される原子又は基で置換されていてもよい)。〕〕

【請求項2】
 
ジスピロトリピペラジン誘導体が以下の群から選択される、請求項1に記載の細胞接着促進剤。
【化3】
 ~
【化9】
 
(省略)
及び
【化10】
 
(省略)

【請求項3】
 
前記支持体が細胞培養容器である、請求項1に記載の細胞接着促進剤。

【請求項4】
 
前記細胞が浮遊性細胞である、請求項1に記載の細胞接着促進剤。

【請求項5】
 
請求項1に記載のジスピロトリピペラジン誘導体又はその塩を培地に添加もしくは支持体に塗布することを特徴とする、支持体へ細胞の接着を促進させる方法。

【請求項6】
 
請求項2に記載のジスピロトリピペラジン誘導体又はその塩を培地に添加もしくは支持体に塗布することを特徴とする、支持体へ細胞の接着を促進させる方法。

【請求項7】
 
前記支持体が細胞培養容器である、請求項5に記載の方法。

【請求項8】
 
前記細胞が浮遊性細胞である、請求項5に記載の方法。

【請求項9】
 
請求項1に記載のジスピロトリピペラジン誘導体又はその塩を含む、細胞接着及び/又は細胞増殖を促進するヘパラン硫酸のアゴニスト。

【請求項10】
 
下記式(Ia)で表されるジスピロトリピペラジン誘導体又はその塩。
【化11】
 
(省略)
〔式中、R3は、ヘテロ原子が1~3個の窒素原子である6員の芳香族ヘテロ環基を意味し、R4は、下記式(IIa)で表される基を意味する(前記芳香族ヘテロ環基はダンシルヒドラジン化されていてもよく、又はインテグリン結合活性を持つ物質若しくはRGDペプチドが結合していてもよく、前記芳香族ヘテロ環基は、ハロゲン、ヒドロキシ、ホルミル、アルキル、ヒドロキシアルキル、アルコキシ、アルキルチオ、シアノ、ニトロ及びアミノから選択される原子又は基で置換されていてもよい)。
【化12】
 
(省略)
〔式中、R3aヘテロ原子が1~3個の窒素原子である二価の6員の芳香族ヘテロ環基を意味し、R4aは、R3の定義に同じである(R3aで示される芳香族ヘテロ環基は、ハロゲン、ヒドロキシ、ホルミル、アルキル、ヒドロキシアルキル、アルコキシ、アルキルチオ、シアノ、ニトロ及びアミノから選択される原子又は基で置換されていてもよい)。〕〕

【請求項11】
 
下記の群から選択されるジスピロトリピペラジン誘導体又はその塩。
【化13】
 ~
【化16】
 
(省略)
及び
【化17】
 
(省略)

【請求項12】
 
下記式(Ib)で表されるジスピロトリピペラジン誘導体又はその塩。
【化18】
 
(省略)
〔式中、R5は、ヘテロ原子が1~3個の窒素原子である6員の芳香族ヘテロ環基であり、R6は、ヘテロ原子が1~3個の窒素原子である6員の芳香族ヘテロ環基又は下記式(IIb)で表される基を意味する(前記芳香族ヘテロ環基はインテグリン結合活性を持つ物質又はRGDペプチドが結合しており、前記芳香族ヘテロ環基は、ハロゲン、ヒドロキシ、ホルミル、アルキル、ヒドロキシアルキル、アルコキシ、アルキルチオ、シアノ、ニトロ及びアミノから選択される原子又は基で置換されていてもよい)。
【化19】
 
(省略)
〔式中、R5aヘテロ原子が1~3個の窒素原子である二価の6員の芳香族ヘテロ環基を意味し、R6aは、R5の定義に同じである(R5aで示される芳香族ヘテロ環基は、ハロゲン、ヒドロキシ、ホルミル、アルキル、ヒドロキシアルキル、アルコキシ、アルキルチオ、シアノ、ニトロ及びアミノから選択される原子又は基で置換されていてもよい)。〕〕
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010517925thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close