Top > Search of Japanese Patents > WIND TURBINE GENERATOR SYSTEM

WIND TURBINE GENERATOR SYSTEM meetings

Patent code P130009650
Posted date Jul 18, 2013
Application number P2013-125383
Publication number P2015-002597A
Patent number P6143570
Date of filing Jun 14, 2013
Date of publication of application Jan 5, 2015
Date of registration May 19, 2017
Inventor
  • (In Japanese)西方 正司
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京電機大学
Title WIND TURBINE GENERATOR SYSTEM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a wind turbine generator system capable of increasing output capacitance while suppressing voltage increase in each part of the system.
SOLUTION: A wind turbine generator system 1 comprises: a plurality of serially connected wind turbine groups 10-1 to 10-k each formed by electrically connecting in series a plurality of wind turbines 11-1 to 11-n for power generation for performing wind power generation; a single synchronous generator 40 connected to output terminals of the plurality of serially connected wind turbine groups 10-1 to 10-k while including phases corresponding to the number of sets of the plurality of serially connected wind turbine groups 10-1 to 10-k; and phase matching circuits 30-1 to 30-k for matching voltage phases of combination output from the plurality of serially connected wind turbine groups 10-1 to 10-k and the synchronous generator 40. Power of which the voltage phases have been matched by the phase matching circuits 30-1 to 30-k is combined and outputted.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

風カエネルギの密度は低いので、単機の風力発電機の出力容量は、火力発電などの既存の発電システムと比べて相対的に小さい。したがって、実用規模の風力発電所は、一般に、複数台の風力発電機を電気的に相互接続したウインドファーム(風力発電システム)により構成される。風力発電機の相互接続の方法として、例えば特許文献1には、個々の風力発電機の出力を整流して、これらの整流された出力を電気的に直列接続する直列接続方式が提案されている。この直列接続方式は、従来の並列接続方式と比べてシステム構成が簡潔であるため、高い信頼性や低コスト化が期待できるだけでなく、高品質の電気出力が得られるなどの多くの利点を有する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、風力発電システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
風力発電を行うための複数の発電用風車を電気的に直列接続して構成される複数の直列接続風車群と、
前記複数の直列接続風車群の組数に応じた相数を有し、前記複数の直列接続風車群の個々の出力端に接続される単一の同期機と、
前記複数の直列接続風車群と前記同期機との合成出力の電圧位相を揃える位相整合手段と、
を備え、
前記位相整合手段により電圧位相を揃えられた電力を合成して出力する
ことを特徴とする風力発電システム。

【請求項2】
 
前記複数の直列接続風車群と前記同期機との間に波形改善手段を備え、
前記位相整合手段が前記波形改善手段の出力端に接続される、
ことを特徴とする、請求項1に記載の風力発電システム。

【請求項3】
 
前記同期機が、前記複数の直列接続風車群の個々の出力端に接続される複数の三相巻線を有し、前記複数の三相巻線が、同一の鉄心に位相をずらして設置されることを特徴とする、請求項1または2に記載の風力発電システム。

【請求項4】
 
前記同期機が同期発電機であることを特徴とする、請求項1~3のいずれか1項に記載の風力発電システム。

【請求項5】
 
前記複数の直列接続風車群のそれぞれが、
風力に応じて回転エネルギを発生させる風力タービン、該風力タービンで発生した回転エネルギに応じて交流電力を発生させる風力発電機、該風力発電機で発生した交流電力を直流電力に変換するコンバータ、及び前記風力タービンを回転させる風力の風速を測定する風速計を、それぞれ有する前記複数の発電用風車と、
前記複数の発電用風車の前記コンバータがそれぞれ出力する直流電力の直列和を入力し、該直列和を交流電力に変換するインバータを有する変換ユニットと、
前記複数の発電用風車の前記風速計が測定する前記風速をそれぞれ監視し、前記風速に応じて前記コンバータそれぞれの出力電圧及び前記インバータの入力電圧をリアルタイムに制御するために、前記コンバータの出力電圧を調整するコンバータパラメータを変更するコンバータ出力制御信号を前記コンバータにそれぞれ出力し、前記インバータの入力電圧を調整するインバータパラメータを変更するインバータ制御信号を前記インバータに出力するコントローラと、
を備え、
前記コントローラは、前記複数の発電用風車のうちで最大風速が測定された最大風速風車の出力電流を用いて前記インバータの入力電圧を制御し、且つ、前記最大風速風車以外の前記発電用風車の出力する各出力電流が前記最大風速風車の出力電流と同一になるように前記発電用風車それぞれの前記コンバータの出力電圧を制御する
ことを特徴とする、請求項1~4のいずれか1項に記載の風力発電システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013125383thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close