Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)金-高分子ナノ構造体担持スカンジウム触媒及びその使用

(In Japanese)金-高分子ナノ構造体担持スカンジウム触媒及びその使用

Patent code P130009698
File No. E076P144
Posted date Jul 26, 2013
Application number P2012-504378
Patent number P5649082
Date of filing Feb 16, 2011
Date of registration Nov 21, 2014
International application number JP2011053199
International publication number WO2011111482
Date of international filing Feb 16, 2011
Date of international publication Sep 15, 2011
Priority data
  • P2010-051987 (Mar 9, 2010) JP
Inventor
  • (In Japanese)小林 修
  • (In Japanese)宮村 浩之
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title (In Japanese)金-高分子ナノ構造体担持スカンジウム触媒及びその使用
Abstract (In Japanese)水や水溶性有機溶媒中で使用することができ、かつスカンジウムの漏出のないスカンジウム触媒を提供する。
液相で、粒径が1~50nmの金クラスター、ジスルフィドモノマー、ジスルフィドのスルホン酸塩、及びScY3(式中、YはOSO2CF3等を表す。)で表されるルイス酸金属化合物を混合し、ラジカル重合開始剤の存在下で重合することにより形成された金-高分子ナノ構造体担持スカンジウム触媒であって、
該ジスルフィドモノマーが下式
CH2=CH-R1-S-S-R1-CH=CH2
(式中、R1はエーテル結合を含んでもよい2価の炭化水素基を表す。)で表わされ、
該ジスルフィドのスルホン酸塩が下式
MO3S-R2-S-S-R2-SO3M
(式中、R2はエーテル結合を含んでもよい2価の炭化水素基を表し、Mはアルカリ金属を表す。)で表わされる、金-高分子ナノ構造体担持スカンジウム触媒である。
この触媒は、水や水溶性有機溶媒中でアルドール反応、シアノ化反応、アリル化反応、マイケル反応、マンニッヒ反応、ディールスアルダー反応又はフリーデルクラフツ反応のための触媒として有用である。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

様々な金属を種々の担体に固定して金属とポリマーの複合体として、様々な反応に触媒として使用する試みは古くから行われている。
本発明者らは、スカンジウムなどのルイス酸金属化合物を高分子中に内包させ、ルイス酸金属触媒としての機能を保ったまま、これを担体に固定し、又は網状に結合させた形態を持たせた、回収及び再使用が可能である高分子内包ルイス酸金属触媒を開発している(特許文献1、非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、水や水溶性有機溶媒中で使用することができ、かつスカンジウムの漏出のない高分子担持スカンジウム触媒及びこの触媒を用いた有機合成方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
液相で、粒径が1~50nmの金クラスター、ジスルフィドモノマー、ジスルフィドのスルホン酸塩、及びScY3(式中、Yはハロゲン原子、OAc、OCOCF3、ClO4、SbF6、PF6又はOSO2CF3を表す。)で表されるルイス酸金属化合物を混合し、ラジカル重合開始剤の存在下で重合することにより形成された金-高分子ナノ構造体担持スカンジウム触媒であって、
該ジスルフィドモノマーが下式
CH2=CH-R1-S-S-R1-CH=CH2
(式中、R1はエーテル結合を含んでもよい2価の炭化水素鎖を表す。)で表わされ、
該ジスルフィドのスルホン酸塩が下式
MO3S-R2-S-S-R2-SO3M
(式中、R2はエーテル結合を含んでもよい2価の炭化水素鎖を表し、Mはアルカリ金属を表す。)で表わされる、アルドール反応、シアノ化反応、アリル化反応、マイケル反応、マンニッヒ反応、ディールスアルダー反応又はフリーデルクラフツ反応のための金-高分子ナノ構造体担持スカンジウム触媒。

【請求項2】
 
重合する際に更にスチレンモノマーを混合する請求項1に記載の触媒。

【請求項3】
 
前記反応が水、水溶性有機溶媒又はこれらの混合溶媒中で行われる請求項1又は2に記載の触媒の使用。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012504378thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO KOBAYASHI Highly Functionalized Reaction Environments AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close