Top > Search of Japanese Patents > PACKET COMMUNICATION METHOD AND DEVICE THEREFOR

PACKET COMMUNICATION METHOD AND DEVICE THEREFOR

Patent code P130009723
File No. 13535
Posted date Jul 30, 2013
Application number P2011-234702
Publication number P2013-093750A
Patent number P5794631
Date of filing Oct 26, 2011
Date of publication of application May 16, 2013
Date of registration Aug 21, 2015
Inventor
  • (In Japanese)山本 雄三
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title PACKET COMMUNICATION METHOD AND DEVICE THEREFOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent or reduce an influence by deteriorated communication data quality because of a packet loss in packet communication.
SOLUTION: A plurality of PAD 112a, 112b and 212a, 212b are provided on a first terminal 1 and a second terminal 2, respectively. Packet communication is performed using one of the plurality of PADs. On detection of a packet loss in a reception data of the packet communication deteriorated to a preset threshold, transmission of a data common to the one PAD is requested to the first terminal using another PAD. The packet loss rate of the reception data by the one PAD is compared in magnitude with the packet loss rate of the reception data by the other PAD, and packet communication is continued by the adoption of a system having a smaller packet loss rate.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ネットワーク回線を使用して音声データと映像データを伝送(パケット通信)するIP電話システムやIP-TV会議システム等では、連続的な通信帯域の確保が必要となることから、UDP(User Datagram Protocol)通信を採用している。

しかし、このUDP通信は、伝送路の伝送能力以上の通信情報が入力されると、超過分のパケットが失われることになる。

パケット通信により連係するTV会議システムにおいては、映像データの一部のパケットが欠損すると、表示画面のコマ落ちとなり、音声データの一部のパケットが欠損すると、音が途切れて耳障りな音声となる。

このような不都合を防止するために、伝送路に複数の伝送ルートを選択するルータ部を設け、パケットの伝送遅れ時間に応じて伝送ルートを選択するようにするパケット伝送システムが提案されている(特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ネットワーク回線を使用して行うパケット通信方法及びそのための装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1の端末において、PADにより情報データをパケット化して送信し、送信されたパケットデータを複数の信号伝送経路を備えた伝送路により伝送し、第2の端末において前記伝送路から受信したパケットデータをPADにより元の情報データ形態に復元するパケット通信方法において、
前記第1の端末と第2の端末には複数の送受信系を設け、複数の送受信系のうちの1つを使用してパケット通信を行い、該パケット通信において受信データにおけるパケットロスが予め設定した所定値に増加したことを検出したときには、他の送受信系を使用して前記第1の端末に前記1つの送受信系と共通のデータの送信を要求して受信し、
前記他の送受信系を使用して受信した受信データのパケットロスと前記1つの送受信系を使用して受信した受信データのパケットロスを比較し、パケットロスが少ない受信データを受信する送受信系を選択して使用してパケット通信を継続し、パケットロスが多い受信データを受信する送受信系を停止させるように行うことを特徴とするパケット通信方法。

【請求項2】
 
情報データのパケット化と復元を行うPADを備えた第1の端末と、情報データのパケット化と復元を行うPADを備えた第2の端末と、前記2つの端末間に介在してパケットデータを伝送する複数の信号伝送経路を備えた伝送路を備えたパケット通信システムにおいて、
前記第1の端末と第2の端末は、それぞれ複数の送受信系を備え、前記複数の送受信系の1つを使用してパケット通信を行い、該パケット通信における受信データのパケットロスが予め設定した所定値に増加したことを検出したときには、他の送受信系を使用して前記第1の端末に前記1つの送受信系と共通のデータの送信を要求して受信するように構成し、
前記他の送受信系を使用して受信した受信データのパケットロスと前記1つの送受信系を使用して受信した受信データのパケットロスを比較し、パケットロスが少ない受信データを受信する送受信系を選択して使用してパケット通信を継続し、パケットロスが多い受信データを受信する送受信系を停止させるように構成したことを特徴とするパケット通信システム。

【請求項3】
 
通信データのパケット化と復元を行うPADを備えた端末において、
前記端末は、複数の送受信系を備え、前記複数の送受信系の1つを使用して第1のパケット通信を行い、該第1のパケット通信における通信データのパケットロスが予め設定した所定値に増加したことを検出したときには、他の送受信系を使用して前記1つの送受信系と共通の通信データについての第2のパケット通信を行い、
前記他の送受信系を使用して受信した受信データのパケットロスと前記1つの送受信系を使用して受信した受信データのパケットロスを比較し、パケットロスが少ない受信データを受信する送受信系を選択して使用してパケット通信を継続し、パケットロスが多い受信データを受信する送受信系を停止させるように構成したことを特徴とする端末。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011234702thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close