Top > Search of Japanese Patents > PEPTIDE HAVING BIOSILICA FORMING ABILITY

PEPTIDE HAVING BIOSILICA FORMING ABILITY

Patent code P130009748
File No. KG0089-JP02
Posted date Aug 5, 2013
Application number P2010-214437
Publication number P2011-219453A
Patent number P5783523
Date of filing Sep 24, 2010
Date of publication of application Nov 4, 2011
Date of registration Jul 31, 2015
Priority data
  • P2010-073664 (Mar 26, 2010) JP
Inventor
  • (In Japanese)松田 祐介
Applicant
  • (In Japanese)学校法人関西学院
  • (In Japanese)富士化学株式会社
Title PEPTIDE HAVING BIOSILICA FORMING ABILITY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method that can produce silica more efficiently than before as a method for producing biosilica using a peptide.
SOLUTION: The peptide used for producing biosilica includes an amino acid sequence comprising basic amino acids arranged every 3 amino acid residues and having α-helix forming ability. The basic amino acids may be the same or different and are arginine, lysine, or histidine. Furthermore, the sequence comprising hydrophobic amino acids arranged every 3 amino acid residues is included. In the method for producing biosilica, a silicic acid source is at least one silicon-containing compound selected from the group consisting of silicic acid, an alkali metal salt of silicic acid, an alkaline earth metal salt of silicic acid, and alkoxysilane.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

様々なシリカ(二酸化ケイ素(SiO2)を主成分とする構造物)が生物によって産出されることが知られており、これらのシリカは「バイオシリカ(bio-silica)」とも呼ばれる。バイオシリカを産生する生物の代表例として、珪藻が挙げられる。珪藻はケイ酸質の被殻を有する。

1999年以降Kroegerらにより、海洋性珪藻Cylindrotheca fusiformisの細胞壁をフッ素酸で溶かした溶液から、4kDa~8kDaのポリペプチドSilaffin-1A1,Silaffin-1A2,Silaffin-1Bが単離されている。これら珪藻被殻から単離されたポリペプチド(総称して「シラフィン」と呼ばれる)は、in vitroにおいて、ケイ酸原の存在下、迅速にケイ酸の重合体粒子(バイオシリカ)を形成することが知られている。これらシラフィンが水などの液中の反応で形成するバイオシリカは通常粒子状である (非特許文献1、2)。

これまでに、これらシラフィンまたはそのキメラ蛋白を使用してシリカを製造する方法がいくつか報告されている(特許文献1、非特許文献3~7)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、バイオシリカ形成能を有するペプチド、及びペプチドの用途に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
配列表の配列番号1または2で示されるαへリックス形成能を有するアミノ酸配列からなるバイオシリカ形成ドメインを少なくとも1つ以上有する45以下のアミノ酸残基からなるペプチドであって、且つバイオシリカ形成能を有する、バイオシリカ製造用ペプチド。

【請求項2】
 
配列表の配列番号1~6で示されるいずれかのアミノ酸配列からなる、請求項1に記載するバイオシリカ製造用ペプチド。

【請求項3】
 
等電点が9以上である、請求項1または2に記載するバイオシリカ製造用ペプチド。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれかに記載のペプチドからなるか、または当該ペプチドを含有するバイオシリカ形成材。

【請求項5】
 
溶媒の存在下、請求項1~3のいずれかに記載のバイオシリカ製造用ペプチドをケイ酸原と共存させる工程を有する、バイオシリカの製造方法。

【請求項6】
 
ケイ酸原が、ケイ酸、ケイ酸のアルカリ金属塩、ケイ酸のアルカリ土類金属塩、及びアルコキシシランからなる群より選択される少なくとも1種のケイ素含有化合物である、請求項5記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close