Top > Search of Japanese Patents > DEVICE FOR LOCALLY HEATING INSIDE OF BODY

DEVICE FOR LOCALLY HEATING INSIDE OF BODY

Patent code P130009769
Posted date Aug 9, 2013
Application number P2012-087831
Publication number P2013-215354A
Patent number P6066259
Date of filing Apr 6, 2012
Date of publication of application Oct 24, 2013
Date of registration Jan 6, 2017
Inventor
  • (In Japanese)柴 建次
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title DEVICE FOR LOCALLY HEATING INSIDE OF BODY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a device for locally heating the inside of the body which locally heats a heating-target portion even when the heating-target portion corresponds to a deep part of the inside of the body.
SOLUTION: A power receiving part 14 and a heating part are embedded under the body so as to put a heating-target organ between a pair of electrodes 20 or so as to dispose a power receiving coil 16 at the space among peripheral organs, a power sending coil of a power sending part is put around the body, a variable magnetic field is generated by supplying electric power to the power sending part from outside to apply alternating current, the magnetic field generated from the power sending part is passed through the inside of the ring-like hollow of the power receiving coil 16 and the electric current is applied through the power receiving coil 16, so that the electric power is transferred with wireless access to the power receiving part 14 in the body from the power sending part outside the body. In the heating part, an electric field is generated between the electrodes 20 via electric power received by the power receiving part 14 to heat the heating-target organ put between the electrodes 20.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、例えば深部癌の治療などのように、体内の加温対象部位を加温することが行われている。

例えば、空洞共振器と、この空洞共振器に高周波電力を供給する高周波発振器,高周波アンプ,同調・整合回路と、高周波発振器,高周波アンプ,同調・整合回路を制御する制御回路とを備え、空洞共振器内の電磁界分布を利用して被治療体を加温する温熱治療器において、空洞共振器内に電界集束手段を備えた温熱治療器が提案されている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1に記載の温熱治療器では、空洞共振器へ供給された高周波電力により形成される電界または電界分布は、電界集束手段である誘電体により制御され、誘電体の比誘電率、形状または配置に基づいた集束電界となって、被治療体の加温領域を加温する。

また、表面に生体成分を結合させたリボゾーム内に強磁性体の超微粒子を埋め込んでなるマイクロカプセルを癌組織近傍へ送給する送給手段と、癌組織近傍から血液とともに前記超微粒子を導出する導出手段と、該導出手段により導出された超微粒子を捕集する捕集手段と、該捕集手段を通過した血液を体内へ還流させる還流手段と、前記癌組織近傍に送給された超微粒子に対して共振エネルギーを付与する共振エネルギー付与手段とを備えて構成された温熱治療器が提案されている(例えば、特許文献2参照)。特許文献2に記載の温熱治療器では、癌組織近傍に送給された超微粒子に対して共振エネルギーを付与して、超微粒子の共振によって癌組織を選択的に加熱している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、体内局所加温装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被検者の体外に周回配置される送電コイルで構成され、該被検者の所定位置に磁界を発生させる磁界発生部と、
前記被検者の体内の加温対象部位の周辺部位または複数の該周辺部位の間に配置され、前記磁界発生部から発生された磁界の電磁誘導により生じる電力を受電するリング状の受電コイルであって、前記被検者の体内の加温対象部位の周辺部位または複数の該周辺部位の間に配置される際に、前記リング状の中空部分に該周辺部位が侵入可能であって、かつ必要な電力が確保できる程度の前記中空部分の面積となる範囲で変形可能な柔軟性を有する受電コイルと、
前記受電コイルの両端の各々に電気的に接続され、前記加温対象部位を挟むように配置される少なくとも一対の電極を含んで構成され、前記一対の電極の各々は柔軟性を有する袋に導電性溶液を入れた袋電極であり、前記受電コイルが受電した電力により電極間に電界を発生させて、前記加温対象部位を局所的に加温する加温部と、
を含む体内局所加温装置。

【請求項2】
 
前記電極の各々の前記加温対象部位に接する面周辺の絶縁抵抗より、前記加温対象部位に接しない面周辺の絶縁抵抗が高くなるように、前記電極の各々の周辺に絶縁材料を設けた請求項1記載の体内局所加温装置。

【請求項3】
 
前記受電コイルの外周を絶縁材料で被覆した請求項1または請求項2記載の体内局所加温装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012087831thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close