Top > Search of Japanese Patents > AUTOIMMUNE DISEASE MODEL ANIMAL

AUTOIMMUNE DISEASE MODEL ANIMAL commons

Patent code P130009790
Posted date Aug 13, 2013
Application number P2004-332700
Publication number P2006-141232A
Patent number P4873599
Date of filing Nov 17, 2004
Date of publication of application Jun 8, 2006
Date of registration Dec 2, 2011
Inventor
  • (In Japanese)田沼 靖一
  • (In Japanese)北村 大介
  • (In Japanese)水田 龍信
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title AUTOIMMUNE DISEASE MODEL ANIMAL commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a new autoimmune disease model animal for screening a substance effective for preventing, ameliorating or treating an autoimmune disease and to provide a method for producing the same and a method for screening a substance effective for preventing, ameliorating or treating an autoimmune disease using an autoimmune disease model animal.
SOLUTION: The autoimmune disease model animal for screening a substance effective for preventing, ameliorating or treating an autoimmune disease is prepared by deleting function of DNaseγ in an animal.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

全身性エリテマトーデス、バセドウ氏病、重症筋無力症、インスリン抵抗性糖尿病などの自己免疫疾患は、それぞれ抗核抗体、抗TSH受容体抗体、抗アセチルコリンレセプター抗体、抗インスリン受容体抗体などの自己抗体の産生の増加に起因することが知られている。

近年、このような自己免疫疾患を発症するモデル動物、例えば、Fas又はFasリガンドの機能を欠損したマウス(非特許文献1及び2参照)や、DNaseI遺伝子を欠損したマウス(非特許文献3参照)を作製し、自己免疫疾患に対して予防、改善、又は治療に有用な物質の開発が試みられている。
【非特許文献1】
Cell 76, 969-976, 1994
【非特許文献2】
Nature 356, 314-317, 1992
【非特許文献3】
Nat. Genet. 25, 177-181, 2000

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、自己免疫疾患モデル動物及びその作製方法、並びに、自己免疫疾患モデル動物を用いた自己免疫疾患の予防、改善又は治療に有用な物質のスクリーニング方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ヒト以外の脊椎動物であって、DNaseγの機能が完全に欠損した、抗dsDNA抗体の産生に起因する自己免疫疾患モデル動物。

【請求項2】
 
前記DNaseγの機能が、DNase活性であることを特徴とする請求項1に記載のモデル動物。

【請求項3】
 
DNaseγ遺伝子の変異によりDNaseγの機能が完全に欠損したことを特徴とする請求項1又は2に記載のモデル動物。

【請求項4】
 
前記自己免疫疾患が、全身性エリトマトーデス(systemic lupus erythematosus;SLE)であることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載のモデル動物。

【請求項5】
 
ヒト以外の脊椎動物においてDNaseγの機能を完全に欠損させる工程を含む、抗dsDNA抗体の産生に起因する自己免疫疾患モデル動物の作製方法。

【請求項6】
 
前記DNaseγの機能が、DNase活性であることを特徴とする請求項5に記載の作製方法。

【請求項7】
 
DNaseγ遺伝子を変異させることによりDNaseγの機能を完全に欠損させることを特徴とする請求項5または6に記載の作製方法。

【請求項8】
 
自己免疫疾患に対する予防、改善又は治療に有用な物質をスクリーニングする方法であって、
ヒト以外の脊椎動物であってDNaseγの機能が完全に欠損した、抗dsDNA抗体の産生に起因する自己免疫疾患モデル動物を用いることを特徴とするスクリーニング方法。

【請求項9】
 
前記モデル動物にスクリーニング対象物質を投与する前後で、前記モデル動物における自己抗体量を測定し、
前記物質を投与する前後の前記自己抗体量を比較することを特徴とする請求項8に記載のスクリーニング方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close