Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE ALCOHOL

METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE ALCOHOL

Patent code P130009795
Posted date Aug 13, 2013
Application number P2005-061423
Publication number P2006-241100A
Patent number P4962924
Date of filing Mar 4, 2005
Date of publication of application Sep 14, 2006
Date of registration Apr 6, 2012
Inventor
  • (In Japanese)▲そ▼合 憲三
  • (In Japanese)川▲崎▼ 常臣
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE ALCOHOL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing an optically active alcohol, with which a chiral compound having both absolute configurations is selectively synthesized by using an asymmetric catalyst having one absolute configuration.
SOLUTION: In an addition reaction between a nitrogen-containing aromatic aldehyde compound and a zinc dialkyl compound, a β-amino alcohol containing at least one asymmetric carbon and a β-amino alcohol containing no asymmetric carbon in a fixed ratio are used as a catalyst.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から光学活性な有機化合物は、農薬、医薬等として用いられ、また、これらを合成するための触媒として用いられている。光学活性化合物を製造する方法としては、光学活性な物質を不斉触媒又は不斉配位子として用いるエナンチオ選択的不斉合成法や、光学活性な物質を反応基質に結合させて反応させるジアステレオ選択的不斉合成法が知られている。

例えば無機化合物である塩素酸ナトリウムの溶液から塩素酸ナトリウムが結晶化するとき、析出する結晶が、偶然により自発的に右巻き又は左巻きのいずれかの構造になること(非特許文献1参照)が知られている。また、互いに鏡像関係にある右水晶又は左水晶を不斉開始剤として特定のピリミジン誘導体とジアルキル亜鉛とを反応させて特定のピリミジルアルキルアルコールを製造する方法等が検討されている(特許文献1参照)。また、ベンズアルデヒドとジエチル亜鉛との反応において、S体のジフェニルビナフトールを用いると生成物としてS体の1-フェニルプロパノールが生成し、また、S体のジフェニルビナフトールとアキラルなジイミンと、をともに用いると、R体の1-フェニルプロパノールが生成することが開示されている(非特許文献2参照)。
【非特許文献1】
Kondepudi et al. Science,250,975(1990)
【非特許文献2】
Walsh et al. Journal of American Chemical Sociaty,124,6929-6941(2002)
【特許文献1】
特開2000-302763号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は医薬、香料あるいは液晶製造用の原料として広く用いられる光学活性アルコールの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(3a)、(3b)、(3c)で示される化合物より選択される一つである含窒素芳香族アルデヒド化合物に、ジアルキル亜鉛化合物を付加反応させて得られる光学活性アルコールの製造方法であって、
前記付加反応の触媒として、α炭素及びβ炭素の少なくともいずれか一方が不斉炭素である光学活性β-アミノアルコールと、不斉炭素を有しないβ-アミノアルコールとを、モル比で99.9:0.1~0.1:99.9の範囲で共存させることにより、前記不斉炭素を有しないβ-アミノアルコールを用いない場合に得られる光学活性アルコールの絶対立体配置とは逆の絶対立体配置を有する光学活性アルコールを製造する、光学活性アルコールの製造方法。
【化1】
 
(省略)
【化2】
 
(省略)
【化3】
 
(省略)
[式中、R10からR12は同一又は異なっていてもよく、それぞれ、水素原子、アルキル基、ハロアルキル基、アルコキシ基、アルケニル基、アルキニル基、アリールエチニル基、トリアルキルシリルエチニル基、トリアリールシリルエチニル基、アリールジアルキルシリルエチニル基、ジアリールアルキルシリルエチニル基、アラルキル基より選択される基であり、R11はアミド基であってもよい。]

【請求項2】
 
記光学活性β-アミノアルコールは、α炭素及びβ炭素が共に不斉炭素である請求項1記載の光学活性アルコールの製造方法。

【請求項3】
 
前記不斉炭素を有しないβ-アミノアルコールは、下記の一般式(1)で示される化合物である請求項1又は2記載の光学活性アルコールの製造方法。
【化4】
 
(省略)
[式中、両方のR1はいずれも水素原子、又はいずれもアルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、アラルキル基であり、両方のR2はいずれも水素原子、又はいずれもアルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、アラルキル基である。
R3とR4は同一又は異なっていてもよく、それぞれ、水素原子、直鎖又は分岐していてもよいアルキル基、R3とR4とで環状をなし、酸素原子、硫黄原子、窒素原子の少なくともいずれか一種を含んでいてもよいアルキル基、より選択される基である。]

【請求項4】
 
記光学活性β-アミノアルコールは、下記の一般式(2)で示される化合物である請求項1から3いずれか記載の光学活性アルコールの製造方法。
【化5】
 
(省略)
[式中、R5、R6、R9は、水素原子、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、アラルキル基より選択される基である(R5とR6が共に水素原子である場合を除く)。また、R5及びR9は、同一又は異なっていてもよい。
R7とR8は同一又は異なっていてもよく、それぞれ、水素原子、直鎖又は分岐していてもよいアルキル基、R7とR8とで環状をなし酸素原子、硫黄原子、窒素原子の少なくともいずれか一種を含んでいてもよいアルキル基、より選択される基である。]

【請求項5】
 
前記ジアルキル亜鉛化合物は、それぞれのアルキル基が同一又は異なっていてもよく、当該それぞれのアルキル基は、炭素数1から10のアルキル基又はハロアルキル基である請求項1から4いずれか記載の光学活性アルコールの製造方法。

【請求項6】
 
請求項1から5のいずれかに記載の付加反応を複数回行なう光学活性アルコールの製造方法。

【請求項7】
 
請求項1記載の光学活性アルコールの製造方法に使用するための、不斉炭素を有しないβ-アミノアルコールからなるエナンチオ選択剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close