Top > Search of Japanese Patents > ELECTROSTATIC ATOMIZER

ELECTROSTATIC ATOMIZER meetings

Patent code P130009820
Posted date Aug 13, 2013
Application number P2007-089101
Publication number P2008-246328A
Patent number P5016960
Date of filing Mar 29, 2007
Date of publication of application Oct 16, 2008
Date of registration Jun 15, 2012
Inventor
  • (In Japanese)藤本 憲次郎
  • (In Japanese)伊藤 滋
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title ELECTROSTATIC ATOMIZER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electrostatic atomizer capable of freely controlling an atomizing area.
SOLUTION: A nozzle holding plate 7 is positioned by a three dimensional controller 15. After that, the mixed solution of a raw material 50 with a solvent 51 to be deposited on a substrate 8 is atomized from a main nozzle 4. In such a case, the atomized liquid is diffused and atomized from the main nozzle 4 with the application of high voltage. On the other hand, a volatile solvent 53 containing no raw material 50 to be deposited is atomized from an auxiliary nozzle 5. Since high voltage is applied to the main nozzle 4 and the auxiliary nozzle 5 by a high voltage power source 10, both of the mist of the mixed solution of the raw material 50 with the solvent 51 and the mist of the solvent 53 are charged positively and act repulsively. Then the mist of the mixed solution of the raw material 50 with the solvent 52 has a spray area narrowed down from all sides and is concentrated on the center of the substrate 8.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

静電噴霧技術はノズルに高電圧を印加し、ノズルから液体を噴霧させる技術で、一般的な用途として農薬の効果的な散布や塗装技術のひとつとして用いられ、研究上でも電池材料の電解質作成等の手法としても用いられている。
ノズルから液体を放出する際には、接地された基板に向けて霧状化した液体が円錐状に拡散噴霧される。

昨今、この静電噴霧技術を用い、いわゆるコンビナトリアル手法により複数の原料を混合して混合比の異なる多種類の試料を自動的に生成することが行われている。このことにより、高速で試料を作り高速で評価することが可能になりつつある(特許文献1~4参照)。
【特許文献1】
特開2005-329357号公報
【特許文献2】
特開2005-329356号公報
【特許文献3】
特開2005-345128号公報
【特許文献4】
特開2005-342657号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は静電噴霧装置及び主剤からなる試料の作製方法に係わり、特に噴霧範囲を制御自在な静電噴霧装置及び主剤からなる試料の作製方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
主ノズルと、該主ノズルの回りに複数配設された補助ノズルと、前記主ノズルと前記補助ノズルを共に同極性に電圧印加する電圧印加手段と、前記主ノズルから噴霧される主剤を堆積する基板を備えた静電噴霧装置であって、前記主ノズルから液体、スラリー、若しくは粉体の少なくとも一つの原料を含む主剤を、前記補助ノズルから所定温度にて揮発する液体からなる補助剤をそれぞれ噴霧し、前記電圧印加手段によって同一極性に帯電した前記主剤の霧状粒子と前記補助剤の霧状粒子を互いに反発させて、前記主剤の噴霧範囲を絞って基板上に堆積させると共に、前記補助剤を前記基板上で揮発させることを特徴とする静電噴霧装置。

【請求項2】
 
前記主剤には前記基板において所定温度にて揮発する液体を含むことを特徴とする請求項1記載の静電噴霧装置。

【請求項3】
 
前記主ノズル及び前記補助ノズルの前記基板に対する空間位置を座標決めする位置決め手段を備えたことを特徴とする請求項1又は2記載の静電噴霧装置。

【請求項4】
 
前記基板を加熱する加熱手段を備えたことを特徴とする請求項1、2又は3記載の静電噴霧装置。

【請求項5】
 
請求項1乃至4記載の静電噴霧装置を用いて、主ノズルから液体、スラリー、若しくは粉体の少なくとも一つの原料を含む主剤を、補助ノズルから所定温度にて揮発する液体からなる補助剤をそれぞれ噴霧し、前記電圧印加手段によって同一極性に帯電した前記主剤の霧状粒子と前記補助剤の霧状粒子を互いに反発させて、前記主剤の噴霧範囲を絞って基板上に堆積させると共に、前記補助剤を前記基板上において揮発させることを特徴とする主剤からなる試料の作製方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007089101thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close