Top > Search of Japanese Patents > LUMBAR SUPPORT DEVICE

LUMBAR SUPPORT DEVICE

Patent code P130009849
Posted date Aug 13, 2013
Application number P2010-214287
Publication number P2011-087926A
Patent number P5526444
Date of filing Sep 24, 2010
Date of publication of application May 6, 2011
Date of registration Apr 25, 2014
Priority data
  • P2009-222636 (Sep 28, 2009) JP
Inventor
  • (In Japanese)小林 宏
  • (In Japanese)橋本 卓弥
  • (In Japanese)佐藤 裕
  • (In Japanese)石渡 英治
  • (In Japanese)鈴木 啓太
  • (In Japanese)小林 寛征
  • (In Japanese)山本 公平
  • (In Japanese)村松 慶紀
  • (In Japanese)何 佳欧
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title LUMBAR SUPPORT DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a lumbar support device, assisting a user in keeping his/her forward leaning posture.
SOLUTION: This lumbar support device includes: a back frame 14 mounted to the back of the user and movable to follow the forward leaning of the user; shoulder belts 22 mounted to a back mounting section, extended to the front side of the trunk of the user, and supporting the front side of the trunk of the user; thigh plates 18 mounted to the front portions of the legs of the user; connection frames 20 each having one end connected to a thigh plate 18 and the other end connected to the back frame 14 by a joint section 16 so as to be movable relative to the back frame 14, the connection frames 20 maintaining an unbent shape when moved relative to the back frame 14; and an actuator 40 which, when operated, stops the leaning of the back frame 14 to the front of the user.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来より、利用者の上半身の前屈動作を補助するための補助装置が知られている。例えば、特許文献1には、腰装着部、背中装着部、利用者の前方へ傾倒可能になるように背中装着部を腰装着部に連結する関節部、及び、作動状態において、背中装着部の利用者の前方への傾倒を制御する第1アクチュエータを備えた腰部補助装置が開示されている。

特許文献1の腰部補助装置では、さらに、利用者の下肢に装着される下肢装着部と、腰装着部を下肢装着部に繁束する繁束部材を設けて、腰装着部の背中装着部と同方向への回転を規制している。この繁束部材は、ゴムチューブ等の容易に変形可能な部材で構成されているため、利用者の姿勢状態によっては、繁束部材に緩みが生じていたり、下肢装着部の位置がずれていたりする場合がある。繁束部材が緩んでいたり、下肢装着部の位置がずれていたりという状態のままで、第1アクチュエータが作動すると、腰装着部の回転規制が適切に行われないなどにより、背中装着部に起き上がる方向への力が作用する際に、起き上がり方向への力が適切に伝達されない場合があった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、腰部補助構造に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
利用者の背部に装着され、利用者の前方への傾倒に追従移動可能な背中装着部と、
前記背中装着部に取付部を介して該取付部を中心に利用者の左右方向へ回動可能に取り付けられると共に、利用者の体幹前方側へ延出されて利用者の体幹前方側を支持する前支持部と、
利用者の下肢の少なくとも前方に装着される下肢装着部と、
一端部が前記下肢装着部に連結され、他端部が前記背中装着部の前記追従移動を許容するように前記背中装着部と相対移動可能に関節部で連結され、前記相対移動時に非屈曲形状を維持可能な連結部と、
作動状態において、利用者の前方への傾倒に抗する力を前記背中装着部へ作用させるアクチュエータと、
を備えた腰部補助装置。

【請求項2】
 
前記背中装着部は、利用者の背部の上側を頂点とする三角形状であること、を特徴とする請求項1に記載の腰部補助装置。

【請求項3】
 
前記背中装着部は、利用者の背部の上側で合流して三角形状の2辺を構成する2本のフレームを有し、該フレームに沿って前記アクチュエータが配置されていること、を特徴とする請求項2に記載の腰部補助装置。

【請求項4】
 
前記下肢装着部は、前記背中装着部に対して利用者の上下方向に可動とされていること、を特徴とする請求項1~請求項3のいずれか1項記載の腰部補助装置。

【請求項5】
 
前記下肢装着部は、前記背中装着部に対して利用者の前後方向を軸心として回動可能であること、を特徴とする請求項1~請求項4のいずれか1項記載の腰部補助装置。

【請求項6】
 
前記アクチュエータは、前記背中装着部へ利用者の起き上がり方向への力を作用させること、を特徴とする請求項1~請求項5のいずれか1項に記載の腰部補助装置。

【請求項7】
 
前記関節部は、前記背中装着部と前記連結部とが利用者の左右方向に沿った軸周りに相対回転可能となるように構成されていること、を特徴とする請求項1~請求項6のいずれか1項に記載の腰部補助装置。

【請求項8】
 
前記関節部で前記連結部及び背中装着部に連結され、利用者の腰部に装着される腰装着部、をさらに備えたこと、を特徴とする請求項1~請求項7のいずれか1項に記載の腰部補助装置。

【請求項9】
 
前記アクチュエータは、内部に空気を供給されることにより短縮する空気圧式アクチュエータとされていること、を特徴とする請求項1~請求項8のいずれか1項に記載の腰部補助装置。

【請求項10】
 
前記アクチュエータの一端からワイヤが延出され、
前記関節部に、周部へ前記ワイヤが巻き掛けられた回転体が設けられ、前記アクチュエータの作動開始当初から前記ワイヤの張力が前記背中装着部及び前記連結部に作用するように、前記アクチュエータの作動時に前記回転体と前記背中装着部または前記連結部とを固定するクラッチ機構が構成されていること、を特徴とする請求項1~請求項9のいずれか1項に記載の腰部補助装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010214287thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close