Top > Search of Japanese Patents > UPPER ARM HOLDING DEVICE AND UPPER ARM ASSISTING DEVICE

UPPER ARM HOLDING DEVICE AND UPPER ARM ASSISTING DEVICE commons

Patent code P130009860
Posted date Aug 13, 2013
Application number P2011-115910
Publication number P2012-239818A
Patent number P5804310
Date of filing May 24, 2011
Date of publication of application Dec 10, 2012
Date of registration Sep 11, 2015
Inventor
  • (In Japanese)小林 宏
  • (In Japanese)村松 慶紀
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title UPPER ARM HOLDING DEVICE AND UPPER ARM ASSISTING DEVICE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an upper arm holding device and an upper arm assisting device, which can associate the movement of an antebrachial region of a user with the movement of a hand region of the user.
SOLUTION: A glove 90 is connected through a connection cord 88 to an internal connection part 41 connected with a below-elbow bowl portion 40. The connection cord 88 is formed from an anti-stretchy and deformable material. The glove 90 can move relatively with respect to the internal connection part 41 by means of the deformation of the connection cord 88.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

利用者の体幹に保持しつつ、利用者の肩関節を駆動させる着用形関節駆動装置が知られている(例えば、特許文献1、2、3参照)。従来の着用形関節駆動装置では、肩関節に対応して回転する関節部が用いられていたが、前腕部分、及び、手部分の動きが考慮されていなかった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、利用者の上腕を保持する上腕保持装置、及び、利用者の上腕の動作を補助する上腕補助装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
利用者の体幹に支持される支持体と、
利用者の体側に沿って回転可能な第1回転部材と、前記第1回転部材の回転方向と交差する方向に回転可能な第2回転部材と、前記第1回転部材及び前記第2回転部材と交差する方向に回転可能な第3回転部材と、を有する関節部と、
利用者の体幹に近い側の近接位置と近接位置よりも利用者の体幹から遠い離間位置との間を移動可能に、前記関節部を前記支持体に保持する関節移動部と、
前記関節部に取り付けられ、利用者の上腕部に装着される上腕装着部と、
前記上腕装着部と前記第1回転部材の回転方向と同方向に回転可能に連結された肘回転部材と、
前記肘回転部材に取り付けられ、利用者の肘下腕に装着される肘下腕部と、
前記肘下腕部連結紐を介して連結され、利用者の手指間に肘下腕へ向かう力を作用させる受部が形成され、前記肘下腕部との距離を所定長以下となるように維持しつつ利用者の手に装着される手装着部と、
を備えた上腕保持装置。

【請求項2】
 
前記手装着部は、前記肘下腕部に対して相対移動可能に連結されていること、を特徴とする請求項1に記載の上腕保持装置。

【請求項3】
 
前記肘下腕部の手首に近い側には、利用者の掌側に配置される内側連結部が構成され、
前記手装着部は、前記内側連結部と連結されていること、を特徴とする請求項2に記載の上腕保持装置。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか1項に記載の上腕保持装置と、
前記第1回転部材を回転させる第1アクチュエータと、
前記第2回転部材を回転させる第2アクチュエータと、
前記肘回転部材を回転させる肘アクチュエータと、
を備えた上腕補助装置。

【請求項5】
 
前記第1アクチュエータ、第2アクチュエータ、及び肘アクチュエータは、一端側が前記第1回転部材、前記第2回転部材、及び肘回転部材に各々支持され、他端側が前記支持体に支持され内部に空気を供給されることにより短縮する空気圧式アクチュエータとされていること、を特徴とする請求項4に記載の上腕補助装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011115910thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close