Top > Search of Japanese Patents > INSPECTION KIT OF CORONARY ARTERY DISEASE

INSPECTION KIT OF CORONARY ARTERY DISEASE meetings

Patent code P130009894
File No. GI-H25-08
Posted date Aug 28, 2013
Application number P2013-160983
Publication number P2015-031590A
Patent number P6198047
Date of filing Aug 2, 2013
Date of publication of application Feb 16, 2015
Date of registration Sep 1, 2017
Inventor
  • (In Japanese)湊口 信也
  • (In Japanese)鈴木 文昭
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title INSPECTION KIT OF CORONARY ARTERY DISEASE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a simple inspection kit and inspection method of a coronary artery disease.
SOLUTION: (1) An inspection kit of a coronary artery disease includes one or two more reagents for measuring a prorenin; (2) In the kit mentioned in (1), the reagent includes an anti-prorenin antibody; (3) An inspection method of the coronary artery disease includes a measuring process of measuring a blood plasma prorenin; (4) The method mentioned in (3) includes an evaluation process of comparing a quantity of a blood plasma prorenin and a predetermined threshold value; (5) In the inspection method mentioned in (4), the threshold value is set based on a significant coarctation; (6) In the inspection method mentioned in any of (3) to (5), the coronary artery disease has a coarctation of 75% or more in the coronary artery on a coronary angiography; (7) In the inspection method mentioned in any of (3) to (5), the measuring process is a process of measuring the blood plasma prorenin by immunoassay; and (8) The inspection method of a coarctation state of the coronary artery includes a measuring process of measuring the blood plasma prorenin.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

冠動脈疾患による死亡率は、世界的に高く、冠動脈疾患の早期発見及び予防が強く求められている。また、冠動脈疾患は、高度医療が必要となる場合や長期の治療を有することになる場合もあるため、医療経済の面においても早期発見等が重要である。

冠動脈疾患は、心筋の酸素不足により胸痛発作が生じる疾患である。冠動脈疾患では、動脈硬化症等が原因で血管の内側が狭窄して心筋への血液の供給が減少したり、血流が途絶えることによって心筋が必要とする酸素受容量と動脈血からの供給量のバランスが崩れて、虚血状態となって、心筋は酸素不足となる。

冠動脈疾患には、狭心症と心筋梗塞との2つの病態がある。狭心症は、一過性の心筋の虚血のための胸痛、胸部圧迫感などを主症状とするものであり、心筋梗塞は、冠動脈が完全に閉塞したりあるいは著しい狭窄したりすることにより心筋が壊死するに至るものである。

こうした冠動脈疾患は、いずれも胸痛や胸部圧迫感を主症状とするが、その診断や狭窄部位の特定には、心筋シンチグラフィー、冠動脈CT、心臓カテーテル検査などが必要となる。

また、冠動脈疾患は、糖尿病、慢性腎臓病、高脂血症、動脈硬化症などの重大な合併症として発症することが知られている。冠動脈疾患のリスクを検査する方法としては、特定遺伝子における多型に基づく方法が開示されている(特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本明細書は、冠動脈疾患を診断するための検査キット等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
冠動脈疾患の検査キットであって、
血漿プロレニン濃度を免疫測定法又はレニン酵素活性測定法に基づいて測定するための1又は2以上の試薬を備え、
前記血漿プロレニン濃度に基づいて冠動脈造影上の冠動脈の有意狭窄を検出するためのキット。

【請求項2】
 
前記試薬は、抗プロレニン抗体を含む、請求項1に記載のキット。

【請求項3】
 
冠動脈疾患の検査方法であって、
血漿プロレニン濃度を測定する測定工程、
を備え、
前記血漿プロレニン濃度と冠動脈造影上の冠動脈の有意狭窄に関連付けられた閾値とに基づいて冠動脈疾患を検査する、方法。

【請求項4】
 
前記閾値は、冠動脈造影上の冠動脈に75%以上の狭窄を有する冠動脈疾患患者の血漿プロレニン濃度に基づいて設定される、請求項3に記載の検査方法。

【請求項5】
 
前記閾値は、冠動脈造影上の左冠動脈本幹に50%以上の狭窄を有する冠動脈疾患患者の血漿プロレニン濃度に基づいて設定される、請求項3に記載の検査方法。

【請求項6】
 
前記閾値は、血漿プロレニン濃度として1100pg/mlである、請求項3~5のいずれかに記載の検査方法。

【請求項7】
 
冠動脈疾患のモニタリングのために用いる、請求項3~6のいずれかに記載の検査方法。

【請求項8】
 
冠動脈疾患における冠動脈の狭窄状態の検査方法であって
血漿プロレニン濃度を測定する測定工程、
を備え、
前記血漿プロレニン濃度と冠動脈造影上の冠動脈の有意狭窄に関連付けられた閾値とに基づいて冠動脈の狭窄状態を検査する、方法。
IPC(International Patent Classification)
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close