Top > Search of Japanese Patents > CELLULAR SPACE FRACTIONATING DEVICE AND MICROSTRUCTURED BLADE

CELLULAR SPACE FRACTIONATING DEVICE AND MICROSTRUCTURED BLADE

Patent code P130009946
File No. 845-1402
Posted date Oct 1, 2013
Application number P2013-160041
Publication number P2015-031549A
Patent number P6238397
Date of filing Aug 1, 2013
Date of publication of application Feb 16, 2015
Date of registration Nov 10, 2017
Inventor
  • (In Japanese)寺尾 京平
  • (In Japanese)竹村 祐人
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人香川大学
Title CELLULAR SPACE FRACTIONATING DEVICE AND MICROSTRUCTURED BLADE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cellular space fractionating device capable of spatially compartmentalizing a cell while holding position information for the inside of a cell, and to provide a microstructured blade.
SOLUTION: A cellular space fractionating device 1 comprises: a microstructured blade 10 that has a blade structure for spatially compartmentalizing and cutting a cell C; and pressing means 30 that presses the microstructured blade 10 into the cell C. The microstructured blade 10 consists of a plate-like base and a blade structure part formed on the base, and the base has holes formed in each compartment of the blade structure part. By pressing the microstructured blade 10 into the cell C, the device 1 can spatially compartmentalize the cell C while holding position information for the inside of the cell. Since the holes are formed at the base, the device 1 can execute processing by administering chemicals to the compartmentalized cell C through the holes. The device 1 can attract and hold the compartmentalized cell C to the microstructured blade 10 by causing a pressure difference between an obverse side and a reverse side of the microstructured blade 10.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

細胞を切断する装置として、マイクロマニピュレータやレーザーを用いた装置が知られている。例えば、特許文献1に記載の細胞切断装置は、マイクロナイフで細胞を切断する装置である。また、特許文献2に記載の切断装置は、マイクロ流体チップの流路に細胞を流過させて細胞を切断する装置である。

これらの装置を操作するには高度な技術を要するため、熟練したオペレータを必要とする。また、細胞を一個ずつ切断する必要があり効率的でない、細胞内部の位置情報を保持できない、細胞の特定部位の取得ができないという問題がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、細胞空間分画装置および微細構造刃に関する。さらに詳しくは、細胞を空間的に区画化して切断する細胞空間分画装置、およびそれに用いられる微細構造刃に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
対象の細胞を空間的に区画化して切断する刃構造を有する微細構造刃と、
前記微細構造刃を前記細胞に押圧する押圧手段と、を備え
前記刃構造は、複数の区画を形成する刃からなり、一の該区画を形成する刃のうち対向する少なくとも2つの刃の間隔が、前記細胞よりも小さく、かつ、前記間隔が2~10μmである、
ことを特徴とする細胞空間分画装置。

【請求項2】
 
前記微細構造刃は、板状の基部と、該基部上に形成された刃構造部とからなり、
前記基部には、前記刃構造部の各区画に薬液投与孔が形成されている
ことを特徴とする請求項1記載の細胞空間分画装置。

【請求項3】
 
前記微細構造刃は、板状の基部と、該基部上に形成された刃構造部とからなり、
前記基部には、前記微細構造刃の表裏に圧力差を生じさせるための孔が、前記刃構造部の各区画に形成されている
ことを特徴とする請求項1記載の細胞空間分画装置。

【請求項4】
 
前記細胞を保持する基板と、
前記微細構造刃と前記基板との間に電気パルスを流す電気パルス付与手段と、を備える
ことを特徴とする請求項1、2または3記載の細胞空間分画装置。

【請求項5】
 
前記細胞は基板に保持されたゲル体中に固定されている
ことを特徴とする請求項1、2、3または4記載の細胞空間分画装置。

【請求項6】
 
対象の細胞を空間的に区画化して切断する刃構造を有し、前記刃構造は、複数の区画を形成する刃からなり、一の該区画を形成する刃のうち対向する少なくとも2つの刃の間隔が、前記細胞よりも小さく、かつ、前記間隔が2~10μmである、
ことを特徴とする微細構造刃。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013160041thum.jpg
State of application right Registered
Shikoku TLO is introducing the seeds of 4 inside 20 university and a technical college. Please ask to the following about the detailed contents of seeds. I am waiting for an inquiry.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close