Top > Search of Japanese Patents > NEW CAUSATIVE AGENT OF SPONTANNEOUSLY DERMATITIS AND SKIN DISEASE MODEL ANIMAL

NEW CAUSATIVE AGENT OF SPONTANNEOUSLY DERMATITIS AND SKIN DISEASE MODEL ANIMAL

Patent code P130009981
File No. S2012-0410-N0
Posted date Oct 16, 2013
Application number P2012-047521
Publication number P2013-179920A
Patent number P5959235
Date of filing Mar 5, 2012
Date of publication of application Sep 12, 2013
Date of registration Jul 1, 2016
Inventor
  • (In Japanese)天谷 雅行
  • (In Japanese)佐々木 貴史
  • (In Japanese)塩濱 愛子
  • (In Japanese)工藤 純
  • (In Japanese)久保 亮治
Applicant
  • (In Japanese)学校法人慶應義塾
Title NEW CAUSATIVE AGENT OF SPONTANNEOUSLY DERMATITIS AND SKIN DISEASE MODEL ANIMAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a non-human model animal of mainly skin disease or skin disorder.
SOLUTION: There is provided a non-human model animal of skin disease or skin disorder which is a non-human model animal whose functions of the Tmem 79 (Transmembrane protein 79) gene is lowered and filaggrin gene is normal.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

皮膚は、生体と外環境とを隔てる重要なバリアーであり、生体を種々の物理的刺激から防護する役割を有する。角層(stratum corneum、SC)は上皮組織の最も外側に位置し、最初の防衛線として機能する。角層は、高度に秩序だって進行する分化機構を通じて形成される。具体的には、上皮の基底層に存在する角化細胞(ケラチノサイト)が有棘層(spinous layer)及びgranular layer(顆粒層)へと移動し、最終的に硬質な角質細胞(corneocyte)の多重層を形成する。角質細胞は、セラミド、コレステロール、遊離脂肪酸等の細胞間脂質に富む細胞であることが知られている。角層の異常に起因する皮膚のバリアー機能異常を伴う疾患として、アトピー性皮膚炎が挙げられる。

アトピー性皮膚炎等の皮膚に異常が生じる皮膚疾患は、痒みなどの身体的苦痛及び身体的外観の悪化の原因となり、患者のQOLを多いに低下させてしまう。そのため、皮膚疾患等を改善できる方策が広く求められている。

しかしながら、アトピー皮膚炎の発症機構には不明な点が多い。また、従来アトピー性皮膚炎のモデルとして知られているNC/Ngaマウスは、NC/NgaマウスはSPF環境(特殊無菌環境)では皮膚炎を発症せず、コンベンショナルな環境でも皮膚炎の発症率が100%でないという問題点がある。NC/Ngaマウスは、皮膚炎の発症機序は明らかではないが、ダニ感染により惹起されると考えられている(非特許文献1)。

このように、アトピー皮膚炎の発症機構(特に、自然発症する機構)の解明及び好適なアトピー性皮膚炎のモデルが大いに求められているのが現状である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、主に皮膚疾患又は皮膚障害の非ヒトモデル動物に関する。また、皮膚疾患の治療薬又は予防薬、又は化粧品の有効成分のスクリーニング方法にも関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Tmem79(Transmembrane protein 79)遺伝子の機能が低下し、かつ、フィラグリン(filaggrin)遺伝子が正常な非ヒト動物である、皮膚炎の非ヒトモデル動物。

【請求項2】
 
皮膚炎が、アトピー性皮膚炎である、請求項1に記載の非ヒトモデル動物。

【請求項3】
 
非ヒト動物がマウスである、請求項1又は2に記載の非ヒトモデル動物。

【請求項4】
 
下記工程を含む、皮膚炎の治療薬若しくは予防薬、又は、化粧品の有効成分のスクリーニング方法:
被験物質を、請求項1~3のいずれか1項に記載の非ヒトモデル動物に投与する工程、並びに
被験物質の投与後に、該非ヒトモデル動物の皮膚の状態を評価する工程。

【請求項5】
 
下記工程を含む、皮膚炎の治療薬若しくは予防薬、又は、化粧品の有効成分のスクリーニング方法:
Tmem79(Transmembrane protein 79)遺伝子のプロモーター及び該プロモーターにより発現可能に連結されたレポーター遺伝子を含む遺伝子構築物を導入した細胞と、被験物質とを接触させる工程、並びに、
該Tmem79遺伝子のプロモーターの活性を評価する工程。

【請求項6】
 
Tmem79(Transmembrane protein 79)遺伝子のプロモーター及び該プロモーターにより発現可能に連結されたレポーター遺伝子を含む遺伝子構築物を導入した細胞。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close