Top > Search of Japanese Patents > DIMETHYL ETHER PRODUCING CATALYST, SUBSTRATE CARRIED CATALYST, AND METHOD OF PRODUCING DIMETHYL ETHER

DIMETHYL ETHER PRODUCING CATALYST, SUBSTRATE CARRIED CATALYST, AND METHOD OF PRODUCING DIMETHYL ETHER commons meetings

Patent code P130010011
File No. 12030TI003,S2012-1183-N0
Posted date Oct 23, 2013
Application number P2012-201830
Publication number P2014-054607A
Patent number P6004396
Date of filing Sep 13, 2012
Date of publication of application Mar 27, 2014
Date of registration Sep 16, 2016
Inventor
  • (In Japanese)武石 薫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title DIMETHYL ETHER PRODUCING CATALYST, SUBSTRATE CARRIED CATALYST, AND METHOD OF PRODUCING DIMETHYL ETHER commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a catalyst in which the selectivity coefficient of dimethyl ether is high when carbon dioxide and hydrogen are used for production of dimethyl ether.
SOLUTION: This invention provides a catalyst for producing dimethyl ether by reaction of a carbon oxide and hydrogen. The catalyst is formed by a sol-gel process, and contains a copper element, a gallium element and an aluminum oxide.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ジメチルエーテル(以下、DMEと記述する。)は、燃焼しても黒煙等の粒子状物質及び硫黄酸化物が発生しないことから、液化石油ガスや軽油に代わる次世代のクリーン燃料として期待されている。

DMEを製造する方法としては、例えば亜鉛、マンガン及び鉄からなる群からなる1以上の金属元素、銅元素及びアルミニウム酸化物を含むDME製造用触媒を用い、その存在下において、炭素酸化物(一酸化炭素又は二酸化炭素)及び水素を反応させる方法が知られている(特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ジメチルエーテル製造用触媒、基材担持触媒、及びこれらを用いたジメチルエーテルの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
炭素酸化物及び水素を反応させてジメチルエーテルを製造するための触媒であって、
ゾル-ゲル法によって形成され、銅元素、ガリウム元素及びアルミニウム酸化物を含む、ジメチルエーテル製造用触媒。

【請求項2】
 
前記ゾル-ゲル法が、
加水分解性アルミニウム化合物の分散液を得る工程と、
前記分散液中の加水分解性アルミニウム化合物を加水分解させて、ゾル状分散液を得る工程と、
前記ゾル状分散液に銅イオン及びガリウムイオンを含む水溶液を加え、金属イオン含有分散液を得る工程と、
前記金属イオン含有分散液の溶媒を留去して、ゲルを得る工程と、
前記ゲルを焼成する工程と、
を有する、請求項1に記載のジメチルエーテル製造用触媒。

【請求項3】
 
イットリウム、ジルコニウム、セリウム、亜鉛、ランタニウム、マンガン及び鉄からなる群から選ばれる1種以上の金属元素をさらに含む、請求項1又は2に記載のジメチルエーテル製造用触媒。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか一項に記載のジメチルエーテル製造用触媒が基材上に担持されてなる、ジメチルエーテル製造用基材担持触媒。

【請求項5】
 
前記基材が金属材料及び酸化物材料から選ばれる基材である、請求項4に記載のジメチルエーテル製造用基材担持触媒。

【請求項6】
 
請求項1~3のいずれか一項に記載のジメチルエーテル製造用触媒又は請求項4若しくは5に記載のジメチルエーテル製造用基材担持触媒の存在下において、炭素酸化物及び水素を反応させる、ジメチルエーテルの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close