Top > Search of Japanese Patents > LIGHT-EMITTING MATERIAL AND LIGHT-EMITTING ELEMENT

LIGHT-EMITTING MATERIAL AND LIGHT-EMITTING ELEMENT commons

Patent code P130010017
Posted date Oct 31, 2013
Application number P2012-058172
Publication number P2013-189589A
Patent number P5629873
Date of filing Mar 15, 2012
Date of publication of application Sep 26, 2013
Date of registration Oct 17, 2014
Inventor
  • (In Japanese)南部 洋子
Applicant
  • (In Japanese)学校法人神奈川大学
Title LIGHT-EMITTING MATERIAL AND LIGHT-EMITTING ELEMENT commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a light-emitting material high in color purity, and stable even under high temperature conditions; and a light-emitting element using the light-emitting material.
SOLUTION: A polymer obtained by incorporating a divalent group having a dinaphthothiophene skeleton or dinaphthothiophene S,S-dioxide skeleton, as a repeating unit, into a polymer having a divalent group comprising an aromatic compound exhibiting photolumunescence or electroluminescence, as a repeating unit, to form a copolymer, is used as the light-emitting material. This polymer is preferably used as a light-emitting material because of high color purity and stability even under high temperature conditions.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、テレビジョン受像機等といった画像表示装置の大型化及び薄型化が進んでいる。こうした画像表示装置では、従来使用されてきたブラウン管ではなく、液晶表示装置やエレクトロルミネッセンス(EL)表示装置等が採用される。これらの中でも、EL表示装置は、一つ一つの画素が自ら発光するため、液晶表示装置に比べて視野角が広く、得られる画像も鮮明であるという特長を備える。また、液晶材料を光学シャッターとし、当該液晶材料の背面に設けた発光部(すなわち、バックライト)からの光を制御することで画像を表示させる液晶表示装置においても、発光部においてEL材料を使用するための研究が行われている。

EL材料を使用した表示装置において画素や発光部を構成する発光材料としては無機系のものや有機系のものが挙げられるが、近年、有機系の発光材料を使用した有機ELの研究開発が盛んに行われている。有機系の発光材料は、塗布等の手段により基板の表面に素子のパターンを形成させることが可能であるため、無機系のものよりも扱いやすいという利点を備える。こうした有機系の発光材料では、光の三原色である赤色、緑色及び青色それぞれの発光を得るために異なる化合物が使用される。

これらの中で、青色の発光材料としてはフルオレン系の化合物を使用したものが各種提案されている(一例として、特許文献1を参照)。フルオレン系の化合物は、高い量子収率を備えることから、有機系の発光材料として注目されている化合物の一つである。フルオレン系の化合物は、単分子のものを発光材料として用いることができるし、特許文献1に記載されるようにそれ自身でポリマーを形成させたものを発光材料として用いることも可能である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、高分子材料からなる発光材料及びそれを用いた発光素子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(1)又は(2)で表される高分子化合物からなる発光材料。
【化1】
 
(省略)
(上記一般式(1)中、(R)p又は(R)qは、それぞれp個又はq個の同一又は異なる置換基を意味し、当該置換基は、それらが結合するナフタレン環における置換可能な炭素原子のいずれに結合してもよく、各Rは、それぞれ独立に、有機基、水酸基、アミノ基、ニトロ基、チオール基、スルホ基、ハロゲン原子又は置換されてもよいシリル基を表し、二個のRtは、それぞれ独立に一価の基を表し、pは、0~5の整数であり、qは、0~5の整数であり、mは、1以上の整数であり、nは、1以上の整数であり、m+nは、4以上である。また、上記一般式(1)中、Arは、次のいずれかの一般式で表される二価の基である。)
【化2】
 
(省略)
(上記一般式中、R1は、それぞれ同一又は異なって、水素原子又は炭素数1~10のアルキル基であり、R2は、水素原子又は炭素数1~10のアルキル基であり、R3は、それぞれ同一又は異なって、一価の置換基であり、rは0~4の整数であり、sは0~5の整数であり、tは0~2の整数である。)
【化3】
 
(省略)
(上記一般式(2)中、(R)p又は(R)qは、それぞれp個又はq個の同一又は異なる置換基を意味し、当該置換基は、それらが結合するナフタレン環における置換可能な炭素原子のいずれに結合してもよく、各Rは、それぞれ独立に、有機基、水酸基、アミノ基、ニトロ基、チオール基、スルホ基、ハロゲン原子又は置換されてもよいシリル基を表し、二個のRtは、それぞれ独立に一価の基を表し、pは、0~5の整数であり、qは、0~5の整数であり、mは、1以上の整数であり、nは、1以上の整数であり、m+nは4以上である。また、上記一般式(1)中、Arは、次のいずれかの一般式で表される二価の基である。)
【化4】
 
(省略)
(上記一般式中、R1は、それぞれ同一又は異なって、水素原子又は炭素数1~10のアルキル基であり、R2は、水素原子又は炭素数1~10のアルキル基であり、R3は、それぞれ同一又は異なって、一価の置換基であり、rは0~4の整数であり、sは0~5の整数であり、tは0~2の整数である。)

【請求項2】
 
請求項1記載の発光材料を発光部位として備えた発光素子。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012058172thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close