Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING PANTOTHENIC ACID BY MICROALGAE

METHOD FOR PRODUCING PANTOTHENIC ACID BY MICROALGAE

Patent code P130010042
File No. H20-017
Posted date Nov 12, 2013
Application number P2008-137636
Publication number P2009-284767A
Patent number P5300047
Date of filing May 27, 2008
Date of publication of application Dec 10, 2009
Date of registration Jun 28, 2013
Inventor
  • (In Japanese)藤井 克彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title METHOD FOR PRODUCING PANTOTHENIC ACID BY MICROALGAE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new method for producing pantothenic acid, and to further provide a means for efficiently jointly producing the pantothenic acid and astaxanthin.
SOLUTION: The method for producing the pantothenic acid, or the means for jointly producing the pantothenic acid and the astaxanthin includes culturing Monoraphidium sp. GK12 in an autotrophic medium free from an organic nutrient in an aerobic environment under irradiation with light while regulating the cell density in a culture vessel so as to be within the range of from 1.0×105 cells/ml to 1.0×107 cells/ml by regulating the autotrophic medium so as to have the pH within the range of 6.0-7.0, introducing carbon dioxide gas, and carrying out the supplement of fresh culture liquid and the recovery of the proliferated fungus liquid.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

パントテン酸は1933年Williamsらにより酵母の生育因子群"ビオス"として発見され、ビタミンとして有用な物質である。生体内で酵素的な活性化を受けてβ-メルカプトエチルアミンとアミド結合をしてパンテテインとなり、これはATPにより酵素的にリン酸化を受けてホスホパンテテインとなり、更にATPと結合して補酵素Aとなる。

このパントテン酸の生理作用はホスホパンテテインを補酵素として含む酵素類の作用に基づいており、特に、糖および脂肪酸の代謝との関わりが深く、そのためにパントテン酸の欠乏は細胞内の補酵素A濃度の低下を介して、エネルギー代謝の異常・障害をきたし、広範で複雑な病態をもたらすことが知られている。

これまでにパントテン酸の製造においては、例えばパントテン酸エステルのプロテアーゼ、アシラーゼ、リパーゼを用いたエステル加水分解(特許文献1)が報告されている。しかしながら、この方法は化学合成的手法であり、動物や魚の飼料、人の食品、化粧品、医薬品等に用いられるパントテン酸の製造方法としては適さない。

また、天然物が好まれる社会的傾向から、化学方法により合成されるパントテン酸は敬遠されがちであり、近年微生物を用いた製法が提案され、コリネフォルム細菌を用いて酵素的にパントテン酸を製造する方法(特許文献2)などが提案されているが、有機物を与えての従属栄養培養であり生産コストが高く、その生産性は十分とはいえない。

他方、本発明者らは、すでにアスタキサンチン生産微細藻類Monoraphidium sp.GK12(以下GK12とする)を分離し、この藻類がアスタキサンチンを蓄積し、アスタキサンチンの製造方法として特許出願を行っている(特許文献3、4)(寄託番号FERM P-20853)。今回更にGK12が、パントテン酸の製造にも有用であることを見出し、本発明を完成するに至った。
【特許文献1】
特開平1-228488
【特許文献2】
特開2001-112489
【特許文献3】
特開2007-308432
【特許文献4】
特開2007-306870

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、藻類モノラフィディウム属(Monoraphidium属)を用いたパントテン酸の製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
光照射下の好気的環境において、有機栄養源を含まない独立栄養培地液で、受託番号がFERM P-20853で表される、Monoraphidium sp. GK12を培養することを特徴とするパントテン酸の製造方法。

【請求項2】
 
前記独立栄養培地液はpHが6.0~7.0の範囲内とし、炭酸ガスを導入し、且つ新鮮培養液の補充と増殖菌液の回収を行いながら培養槽内の細胞密度を1.0×105cells/ml~1.0×107cells/mlの範囲に保持しつつ培養を行うことを特徴とする請求項1記載のパントテン酸の製造方法。

【請求項3】
 
光照射下の好気的環境において、有機栄養源を含まない独立栄養培地液で、受託番号がFERM P-20853で表される、Monoraphidium sp. GK12を培養するにあたり、前記独立栄養培地液は pH が 6.0~7.0 の範囲内であり、炭酸ガスを導入し、且つ新鮮培養液の補充と増殖菌液の回収を行いながら培養槽内の細胞密度を1.0×105 cells/ml ~ 1.0×107 cells/mlの範囲に保持しつつ培養を行うことを特徴とするパントテン酸及びアスタキサンチンの併産方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008137636thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close