Top > Search of Japanese Patents > RECOVERING METHOD OF RHENIUM

RECOVERING METHOD OF RHENIUM commons

Patent code P130010056
Posted date Nov 20, 2013
Application number P2012-092514
Publication number P2013-221171A
Patent number P5987239
Date of filing Apr 13, 2012
Date of publication of application Oct 28, 2013
Date of registration Aug 19, 2016
Inventor
  • (In Japanese)堀 久男
Applicant
  • (In Japanese)学校法人神奈川大学
Title RECOVERING METHOD OF RHENIUM commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for separating rhenium from solution containing rhenium with a simple method.
SOLUTION: A method for recovering rhenium includes: an electron donor addition step wherein a compound containing a substituent having an atom including an unshared electron pair is added to solution containing perrhenate ion; an ultraviolet irradiation step wherein reductant of perrhenate ion contained in the solution is deposited by irradiating the solution passed through the electron donor addition step with ultraviolet rays; and an fractionating step wherein the reductant of the perrhenate ion deposited in the ultraviolet irradiation step is fractionated from the solution.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

希少金属の一つであるレニウムは、石油の改質や有機化合物を製造する際における触媒をはじめ、耐熱合金や電子材料等といった分野において幅広く用いられる。しかしながら、レニウムは、その産出量が少なく、さらに近年の世界的な需給の逼迫のために入手が困難になりつつある。そのため、レニウムを含む鉱物からレニウムを効率的に回収するための技術開発や、レニウムを含む産業廃水や回収製品等からレニウムをリサイクルするための技術開発が求められている。

このような背景のもと、例えば特許文献1には、レニウムを含む溶液にアルカリを添加して不要な成分を沈殿除去した後に、当該溶液における酸の濃度を所定の範囲に調整し、硫化剤を添加してレニウムを含む硫化沈殿物を生成させ、これを回収するレニウムの分離方法が提案されている。

また、特許文献2には、レニウムを含む溶液に、硫酸アンモニウム等のアンモニア化合物を添加して冷却することでNH4ReO4の沈殿を生成させ、これを回収するレニウムの回収方法が提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、レニウムの回収方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
過レニウム酸イオンを含む溶液に、2-プロパノールを添加する電子供与剤添加工程と、
前記電子供与剤添加工程を経た前記溶液に紫外線を照射することにより、前記溶液に含まれる過レニウム酸イオンの還元体を析出させる紫外線照射工程と、
前記紫外線照射工程により析出させた過レニウム酸イオンの還元体を前記溶液から分取する分取工程と、を含むことを特徴とするレニウムの回収方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012092514thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close