Top > Search of Japanese Patents > X-RAY RADIOGRAPHING SUPPORTING IMPLEMENT AND X-RAY RADIOGRAPHIC METHOD USING THE SUPPORTING IMPLEMENT

X-RAY RADIOGRAPHING SUPPORTING IMPLEMENT AND X-RAY RADIOGRAPHIC METHOD USING THE SUPPORTING IMPLEMENT meetings

Patent code P130010057
File No. S2012-0674-N0
Posted date Nov 20, 2013
Application number P2012-105199
Publication number P2013-230328A
Patent number P5936050
Date of filing May 2, 2012
Date of publication of application Nov 14, 2013
Date of registration May 20, 2016
Inventor
  • (In Japanese)鈴森 康一
  • (In Japanese)脇元 修一
  • (In Japanese)亀山 真太郎
  • (In Japanese)岡 久雄
  • (In Japanese)澁谷 光一
  • (In Japanese)鷲見 和幸
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岡山大学
Title X-RAY RADIOGRAPHING SUPPORTING IMPLEMENT AND X-RAY RADIOGRAPHIC METHOD USING THE SUPPORTING IMPLEMENT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a compression means disposed in an epigastric region of a subject having lain prone on a bed and pressing an abdominal part when performing X-ray radiography of a stomach by an X-ray radiographic apparatus including the tiltable bed, and not imparting a large load on the subject when obtaining a pleat image of a stomach wall by pressing the abdominal part by the compression means to press the stomach, and to provide an X-ray radiographic method using the compression means.
SOLUTION: An X-ray radiographing supporting implement includes: a compression means inflating by being fed with a fluid; and a fluid feeding means feeding the fluid into the compression means. The compression means includes: balloons inflating by the inflow of the fluid; and restraint bodies each prohibiting that the balloon inflates over a prescribed volume. By making the fluid flow into the balloons even after the balloons become the prescribed volume, the hardness of the compression means can be adjusted.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

昨今、胃部のX線撮影においては、胃部を圧迫することによって、胃壁、特に胃壁のひだ像を得ることが行われている。

このようなX線撮影においては、NPO法人日本消化器がん検診精度管理評価機構が提唱するガイドラインにおいて、寝台に腹臥した被験者の心窩部部分に丸めたバスタオルを押し当てさせることにより腹部を圧迫し、胃部を圧迫することが提案されている。特に、被験者の体型、即ち痩せているか太っているかに合わせて、バスタオルの巻き数を調整することとし、たとえば、痩せた被験者の場合には1回巻きとし、太った被験者の場合には3回巻きとして厚さをかせぐことが提案されている。

バスタオルを用いた圧迫方法では、圧迫状態を調整するために、被験者自身に姿勢を調整してもらう必要があり、所望の圧迫状態となるように被験者に姿勢を変えてもらうための指示を検査技師が行わなければならなかった。その際に、被験者が必ずしも指示通りに動いてくれるとは限らず、検査技師は、診察室と操作室の間を何度も行き来しながら調整する必要があった。

そこで、被験者の体を圧迫する圧迫手段を備え、この圧迫手段を検査技師が遠隔操作によって操作可能としているX線撮影装置が提案されている(例えば、特許文献1参照。)。このX線撮影装置の圧迫手段は、複数の空気室を備えており、空気室を膨張させることによって寝台に仰臥した被験者の腹部を圧迫し、胃部を圧迫することとしている。

あるいは、寝台に腹臥した被験者の心窩部部分に空気枕を押し当て、この空気枕に遠隔操作によって空気を送り込んで膨張させることにより腹部を圧迫し、胃部を圧迫することも提案されている(例えば、特許文献2参照。)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、X線撮影用補助具およびこの補助具を用いたX線撮影方法に関するものであり、具体的には胃部を圧迫した状態でX線撮影を行うために用いる胃部を圧迫するための補助具及びこの補助具を用いたX線撮影方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
傾斜自在とした寝台を備えたX線撮影装置で胃部のX線撮影を行う際に、寝台上に腹臥した被験者の心窩部部分に配置して腹部を圧迫するために用いるX線撮影用補助具において、
流体が送給されることにより膨張する圧迫手段と、この圧迫手段に前記流体を送給する流体送給手段とを備え、
前記圧迫手段は、
前記流体の流入によって膨張するバルーンと、
このバルーンが所定の体積以上に膨張することを禁止する拘束体と
を備え、前記バルーンが所定の体積となった以降にも前記バルーンに前記流体を流入させることにより、前記圧迫手段の硬さを調整可能とし
前記圧迫手段が、前記拘束体が装着された前記バルーンを、前記バルーンの膨張方向に複数重ねた状態で一体化する一体化手段を備え、
この一体化手段を、複数重ねた状態の前記バルーンを内包する包装体としたX線撮影用補助具。

【請求項2】
 
前記拘束体は、前記バルーンを構成するシート材料よりも伸縮性の低いシート材料で構成し、
前記バルーンの前面側に設ける第1シートの外周縁と、前記バルーンの後面側に設ける第2シートの外周縁を互いに固着して袋状とした請求項1に記載のX線撮影用補助具。

【請求項3】
 
請求項1に記載のX線撮影用補助具を用いて、X線撮影装置の寝台に腹臥した被験者のX線撮影を行うX線撮影方法において、
被験者の体型に応じて膨張させる前記バルーンの個数を調整するX線撮影方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012105199thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close