Top > Search of Japanese Patents > NON-INVASIVE MEDICAL DEVICE UTILIZING WAVELENGTH CHARACTERISTIC OF NEAR-INFRARED RADIATION

NON-INVASIVE MEDICAL DEVICE UTILIZING WAVELENGTH CHARACTERISTIC OF NEAR-INFRARED RADIATION

Patent code P130010058
File No. S2012-0673-N0
Posted date Nov 20, 2013
Application number P2012-103379
Publication number P2013-230211A
Patent number P6347910
Date of filing Apr 27, 2012
Date of publication of application Nov 14, 2013
Date of registration Jun 8, 2018
Inventor
  • (In Japanese)岡本 芳晴
  • (In Japanese)田村 裕
  • (In Japanese)菅波 晃子
  • (In Japanese)豊田 太郎
  • (In Japanese)林 秀樹
  • (In Japanese)真殿 智行
  • (In Japanese)松原 久裕
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鳥取大学
  • (In Japanese)国立大学法人千葉大学
Title NON-INVASIVE MEDICAL DEVICE UTILIZING WAVELENGTH CHARACTERISTIC OF NEAR-INFRARED RADIATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a non-invasive medical device utilizing the wavelength characteristics of near-infrared radiation, which is suitable for e.g. photodynamic thermotherapy of cancer.
SOLUTION: A medical device (10) used for photodynamic therapy/photo-thermotherapy includes a light irradiation means (11) for irradiating an object with light of a wavelength of 810 nm. The light irradiation means includes, e.g. a light-emitting diode (13). Preferably, the medical device (10) for cancer is used to irradiate with light a diseased part administered with a liposome complex enclosing a drug for cancer treatment.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ドラッグデリバリーシステム(DDS)において、癌組織周辺の未成熟な血管組織から20~200nmの粒子が漏れる現象であるEPR(Enhanced Permeability and Retention)効果を利用して薬物を癌組織選択的に送達することにより、薬効向上と副作用軽減を発揮する薬物キャリアーを用いたターゲッティング・システムが開発されている。

しかしながら、従来の技術では、EPR効果により、血管内に投与した薬物キャリアーを癌組織選択的に送達・集積させることは可能になったものの、内包した薬剤を効果的に除放させることは困難であった。

一方、赤外領域に吸収波長を持つ色素の発熱作用や活性酸素を発生する作用(PDT効果)を利用した、光線温熱化学療法や光線力学療法が注目されている。これは、生体内における近赤外光の透過性及び近赤外光を吸収する化合物を利用した療法である。

例えば、光線温熱化学療法については、特許文献1に、光感受性色素剤としてインドシアニングリーン(以下「ICG」という)を用いて、その発熱作用及び活性酸素発生作用を利用した光線温熱化学療法が開示されている。

また、経皮的光力学治療については、特許文献2に、ICG等の光感作性薬剤を用いたものが開示されている。特許文献2では、光感作性薬剤からなるリポソーム送達系を用いている。ここでは、光感作性薬剤をリポソームに内包させて使用している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、近赤外線の波長特性を利用した非侵襲性医療装置であって、特に、光線力学療法/光線温熱療法/光線温熱化学療法に使用される医療用装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
光線温熱化学療法に使用され、癌治療用の薬剤を内包したリポソーム複合体が投与された患部に対して光を照射する装置であって、
810nmの単一波長の光を照射する光照射手段を備え、
前記リポソーム複合体は、近赤外領域に吸収波長を有するインドシアニングリーン色素に結合したリポソーム膜構成物質を含み、かつ、リポソーム内に癌治療用の薬剤を含む、
医療用装置。

【請求項2】
 
前記光照射手段は発光ダイオードを含む請求項1記載の医療用装置。

【請求項3】
 
前記リポソーム膜構成物質が脂質からなる請求項1記載の医療用装置。

【請求項4】
 
前記インドシアニングリーン色素に結合したリポソーム膜構成物質が、下記式(I)で示される、請求項1または2記載の医療用装置。
A-(CH2a-B1-(CH2b-B2-D-E1 (I)
Aはインドシアニングリーン色素であり;
B1、B2はそれぞれ独立して、-CH2-、-CH=CH-、-O-、-S-、-NH-、-CO-、-COO-、-OCO-、-NHCO-、-CONH-、-SO2-、
-SO2NH-、-NHSO2-、-PO4M-(Mはアルカリ金属イオン)または-(CH2CH2O)c-、(cは1~10の整数)であり;
Dは-CHE2-、-NE2-、-C6H4E2-、-CH2CH(OCOE2)-CH2OCO-または-CHE2-CH2OCO-であり;
E1は、炭素数8~18の置換または非置換の炭化水素基であり;
E2は、水素または炭素数8~18の置換または非置換の炭化水素基であり;
aは0~4の整数であり、bは0~6の整数である。

【請求項5】
 
B1及びB2がそれぞれ独立して、-CH2-、-CH=CH-、-O-または-S-であり、
Dが-CHE2-であり、E2は、水素または炭素数8~18の置換または非置換の炭化水素基である、
請求項4記載の医療用装置。

【請求項6】
 
B1及びB2が-CH2-である、請求項5記載の医療用装置。

【請求項7】
 
インドシアニングリーン色素は、ICG-11である、請求項1ないし請求項6のうちいずれか1項に記載の医療用装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012103379thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close