Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)改変蛍光蛋白質

(In Japanese)改変蛍光蛋白質

Patent code P130010102
File No. K026P49
Posted date Nov 26, 2013
Application number P2012-516252
Patent number P5076037
Date of filing Nov 10, 2011
Date of registration Aug 31, 2012
International application number JP2011075932
International publication number WO2012063897
Date of international filing Nov 10, 2011
Date of international publication May 18, 2012
Priority data
  • P2010-254016 (Nov 12, 2010) JP
Inventor
  • (In Japanese)渡邉 朋信
  • (In Japanese)慶澤 景子
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title (In Japanese)改変蛍光蛋白質
Abstract (In Japanese)蛍光蛋白質が存在する液体に加えられる力を検出可能な改変蛍光蛋白質の提供。
クラゲ由来の野生型蛍光蛋白質又は前記野生型蛍光蛋白質に由来する蛍光蛋白質のアミノ酸配列の144番目と145番目との間に相同する位置にペプチドリンカーが挿入されている改変蛍光蛋白質であって、前記改変蛍光蛋白質が存在する液体に加えられる圧力の変化に応じて前記改変蛍光蛋白質の蛍光特性が変化することを特徴とする改変蛍光蛋白質。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

蛍光蛋白質、例えばアミノ酸配列が配列表の配列番号6で表わされる緑色蛍光蛋白質は、基礎研究及び応用研究において、通常、蛋白質を蛍光標識する材料として用いられる。蛍光蛋白質による蛍光標識は、光学顕微鏡下において、蛋白質の局在及び運動の観察を可能とする。また、遺伝子工学的に改変を加えることで、細胞質内のpHやカルシウム濃度など、環境を感受する蛍光蛋白質も作られている(特許文献1及び2)。細胞質内の環境変化を感受できる上記蛍光蛋白質は、生命現象を調べるために、非常に有力なツールである。

一方で、古くから、細胞質内の圧力が、発生段階における組織形状を決定することなど、生体内の圧力と生命現象に強い相関があることが示唆されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、改変蛍光蛋白質に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
蛍光蛋白質が存在する液体にかかる圧力又は圧力変化を検出する方法であって、
前記蛍光蛋白質が、
クラゲ由来の野生型蛍光蛋白質又は前記野生型蛍光蛋白質に由来する蛍光蛋白質のアミノ酸配列の144番目と145番目との間に相同する位置にペプチドリンカーが挿入されている改変蛍光蛋白質であって、前記改変蛍光蛋白質が存在する液体に加えられる圧力の変化に応じて蛍光強度が変化する前記改変蛍光蛋白質、又は、
前記改変蛍光蛋白質と前記改変蛍光蛋白質の励起スペクトルとは異なる励起スペクトルの蛍光蛋白質とが融合した蛍光強度が変化する融合蛍光蛋白質であり、
前記野生型蛍光蛋白質が、全長238アミノ酸残基の緑色蛍光蛋白質(GFP)であり、
前記改変蛍光蛋白質又は前記融合蛍光蛋白質の蛍光強度を検出することを含む、方法。

【請求項2】
 
前記ペプチドリンカーが、1~3個のアミノ酸である、請求項1記載の方法。

【請求項3】
 
前記ペプチドリンカーのアミノ酸が、グリシンを含む、請求項1又は2記載の方法。

【請求項4】
 
前記改変蛍光蛋白質が、クラゲ由来の蛍光蛋白質を原料とするものである、請求項1から3のいずれかに記載の方法。

【請求項5】
 
前記野生型蛍光蛋白質に由来する蛍光蛋白質が、YFP、CFP、EGFP、EYFP、及びECFPからなる群から選択される、請求項1から4のいずれかに記載の方法。

【請求項6】
 
ベクターを含むキットであって、
前記ベクターが、
クラゲ由来の野生型蛍光蛋白質又は前記野生型蛍光蛋白質に由来する蛍光蛋白質のアミノ酸配列の144番目と145番目との間に相同する位置にペプチドリンカーが挿入されている改変蛍光蛋白質であって、前記改変蛍光蛋白質が存在する液体に加えられる圧力の変化に応じて蛍光強度が変化する前記改変蛍光蛋白質と、前記改変蛍光蛋白質の励起スペクトルとは異なる励起スペクトルの蛍光蛋白質とが融合し蛍光強度が変化する融合蛍光蛋白質をコードするベクターであり、
前記野生型蛍光蛋白質が、全長238アミノ酸残基の緑色蛍光蛋白質(GFP)である、
請求項1から5のいずれかに記載の方法に用いるためのキット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012516252thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) PRESTO Life Phenomena and Measurement Analysis AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close