Top > Search of Japanese Patents > LOOP HEAT PIPE, AND ELECTRONIC APPARATUS

LOOP HEAT PIPE, AND ELECTRONIC APPARATUS

Patent code P130010122
File No. NU-0512
Posted date Dec 3, 2013
Application number P2010-175783
Publication number P2012-037097A
Patent number P5636803
Date of filing Aug 4, 2010
Date of publication of application Feb 23, 2012
Date of registration Oct 31, 2014
Inventor
  • (In Japanese)長野 方星
  • (In Japanese)カヤ,タリック
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
Title LOOP HEAT PIPE, AND ELECTRONIC APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a loop heat pipe capable of further stable liquid transport.
SOLUTION: This loop heat pipe includes an evaporator 101 for evaporating working fluid by absorbing heat from the outside. In the loop heat pipe for condensing the working fluid guided from the evaporator 101 to be recirculated to the evaporator 101 as a working fluid in a liquid phase, the evaporator 101 includes: an evaporator body 103 for evaporating the working fluid by transmitting heat from the outside to the working fluid; a liquid reservoir part 111 connected to an end of the evaporator body 103 for accumulating the working fluid in the liquid phase in the inside; a wick 119 existing from the inside of the liquid reservoir part 111 to the inside of the evaporator body 103 for circulating the working fluid by generating capillary force; and a liquid groove 121 formed in the wick 119 for guiding the working fluid in the liquid phase in a direction intersecting with the axial direction of the wick 119 using surface tension of the working fluid in the liquid phase.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

公報記載の従来技術として、設置角度の如何に関わらず効率的に発熱部品を冷却するべく、蒸発部、凝縮部、及び液戻り管の内部にそれぞれ設けられるとともに、毛細管力を生じさせるウィックを有するループ型ヒートパイプが存在する(特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ループ型ヒートパイプ及び電子機器に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
外部から熱を吸収して作動流体を液相から気相へと蒸発させる蒸発器を備え、当該蒸発器から導かれた気相の作動流体を凝縮させ液相の作動流体として当該蒸発器に環流するループ型ヒートパイプにおいて、
前記蒸発器が、
外部からの熱を内部に存在する作動流体へ伝え作動流体を液相から気相へと蒸発させる蒸発部と、
前記蒸発部の端部と接続され、当該蒸発部よりも大きな内径であり内部に液相の作動流体を溜める液溜め部と、
前記液溜め部の内部から前記蒸発部の内部にわたって存在し、毛細管力を発生させることで作動流体を流通させるウィックと
を備え、
前記ウィックは、
外周面が前記蒸発部の内周面と接触する小径部と、当該小径部よりも外径が大きく外周面が前記液溜め部の内周面と接触する大径部とを備え、かつ
前記小径部および前記大径部の各々の内周面において、前記ウィックの軸方向と交差する方向にわたって存在するとともに、液相の作動流体の表面張力を利用し液相の作動流体を誘導する液溝を備える
ことを特徴とするループ型ヒートパイプ。

【請求項2】
 
前記ウィックは、前記大径部の実効空孔径が、前記小径部の実効空孔径よりも大きいことを特徴とする請求項1記載のループ型ヒートパイプ。

【請求項3】
 
前記ウィックの前記液溝は、前記小径部および前記大径部の各々の前記内周面に沿ってらせん状に形成されていることを特徴とする請求項1または2記載のループ型ヒートパイプ。

【請求項4】
 
前記液溜め部における還流した作動流体が流入する側の端部から前記蒸発部の内部にわたって存在し、作動流体を当該蒸発部の内部に供給する供給管を備えることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項記載のループ型ヒートパイプ。

【請求項5】
 
筐体と、
前記筐体の内部に収容される発熱部品と、
前記発熱部品から熱を吸収して作動流体を液相から気相へと蒸発させる蒸発器を備え、かつ当該蒸発器から導かれた気相の作動流体を凝縮させ液相の作動流体として当該蒸発器に環流する冷却素子と
を備える電子機器において、
前記蒸発器が、
外部からの熱を内部に存在する作動流体へ伝え作動流体を液相から気相へと蒸発させる蒸発部と、
前記蒸発部の端部と接続され、当該蒸発部よりも大きな内径であり内部に液相の作動流体を溜める液溜め部と、
前記液溜め部の内部から前記蒸発部の内部にわたって存在し、毛細管力を発生させることで作動流体を流通させるウィックと
を備え、
前記ウィックは、
外周面が前記蒸発部の内周面と接触する小径部と、当該小径部よりも外径が大きく外周面が前記液溜め部の内周面と接触する大径部とを備え、かつ
前記小径部および前記大径部の各々の内周面において前記ウィックの軸方向と交差する方向にわたって存在するとともに、液相の作動流体の表面張力を利用し液相の作動流体を誘導する液溝を備える
ことを特徴とする電子機器。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010175783thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close