Top > Search of Japanese Patents > ANTIBACTERIAL DEODORANT AND PRODUCTION METHOD THEREOF

ANTIBACTERIAL DEODORANT AND PRODUCTION METHOD THEREOF

Patent code P130010129
File No. S2013-0929-N0
Posted date Dec 6, 2013
Application number P2013-100769
Publication number P2014-218486A
Patent number P6297266
Date of filing May 10, 2013
Date of publication of application Nov 20, 2014
Date of registration Mar 2, 2018
Inventor
  • (In Japanese)横川 善之
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人大阪市立大学
Title ANTIBACTERIAL DEODORANT AND PRODUCTION METHOD THEREOF
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve problems in which: it is already known that zeolite has adsorption capacity, and, by including antibacterial metal components such as Ag, Cu, Zn, has antibacterial property; but when it is used in an environment of being exposed in water, these antibacterial metal components are detached with time; and the detachment of the antibacterial metal components results in deterioration of antibacterial performance and in addition, results in environmental load.
SOLUTION: The production method comprises: a preparation step for preparing LTA type zeolite from sodium hydroxide and sodium metasilicate; an exchange step for exchanging the sodium ion of the LTA type zeolite with an antibacterial metal ion; and an exchange step for exchanging a part of the antibacterial metal ion with a calcium ion. The antibacterial deodorant produced by the production method is configured so that metal ion emission in an environment of being exposed in water is suppressed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

特許文献1には、抗菌消臭剤として、抗菌性金属成分をゼオライトに担持した抗菌消臭剤は公知であるとされている。この抗菌消臭剤は、樹脂、塗料、繊維、皮革、家具類、化粧品などに添加または塗布して用いられる。しかし、従来公知であるとされていた抗菌性金属成分を担持したゼオライトは、継時的に徐々に変色したり、透明性が得られないという課題があった。

特許文献1はこのような課題に対して、平均一次粒子径(D1)が20~200nmの範囲にあり、平均二次粒子径(D2)が20~400nmの範囲にあり、(D2)/(D1)が1~5の範囲にあるコロイド状フォージャサイト型ゼオライトに、銀、銅、亜鉛、錫、鉛、ビスマス、カドミウム、クロム、水銀から選ばれる1種または2種以上の金属イオンおよび/または金属錯イオンを含むことを特徴とする抗菌消臭剤を開示している。

また、ゼオライト中にAgやCaを含ませることで、ヨウ素129の吸蔵性が高くなり、またヨウ素を吸蔵させた後、表面をアパタイトでコーティングすることで、ヨウ素を封じ込める発明が特許文献2に開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、抗菌消臭剤に関するものであり、特に抗菌性金属成分が水中に溶出しない抗菌性消臭剤および抗菌性消臭剤の製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水酸化ナトリウムとメタ珪酸ナトリウムから調製されたLTA型ゼオライトのナトリウムイオンをイオンに交換した後、
前記イオンの一部をカルシウムイオンに交換βサイトにCaイオン、αサイトにCaイオンとAgイオン、γサイトにAgイオンが含まれ、前記αサイトのCaイオンはAgイオンより多いLTA型ゼオライトとし、
さらにリン酸アンモニウムを作用させリン酸カルシウムで表面をコートし、前記LTA型ゼオライト中にリンイオンを含んでいない抗菌性消臭剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close