Top > Search of Japanese Patents > DETECTION OF BACTERIAL INFECTION USING LEUKOCYTE COUNT AND MOVEMENT TO LEFT AS INDEX

DETECTION OF BACTERIAL INFECTION USING LEUKOCYTE COUNT AND MOVEMENT TO LEFT AS INDEX

Patent code P130010132
File No. L13007
Posted date Dec 10, 2013
Application number P2013-141712
Publication number P2015-014532A
Patent number P6319959
Date of filing Jul 5, 2013
Date of publication of application Jan 22, 2015
Date of registration Apr 13, 2018
Inventor
  • (In Japanese)本田 孝行
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title DETECTION OF BACTERIAL INFECTION USING LEUKOCYTE COUNT AND MOVEMENT TO LEFT AS INDEX
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a detecting method of bacterial infection using leukocyte count and presence of movement to left in blood as indexes.
SOLUTION: A method to acquire data for determining degree of completion or severity of bacterial infection using a leukocyte count to a reference value of leucocytes and presence of a movement to left as indexes includes: extracting a blood sample from a bacterial infectious patient; measuring leukocyte count and neutrophile count in the blood sample; and determining presence of a movement to left.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

一般的に細菌感染症を診断する場合、白血球数や血中のCRP(C反応性タンパク質)レベルが指標とされる。しかし、これらの項目は炎症性の疾患全般で上昇するため、細菌感染症に特異的な指標とは言えない。細菌感染症は、その時期により白血球数が増減するので、感染初期や重症化した感染症では、白血球数が低下してしまう。また、CRPは、炎症刺激が加わった後、2~3日で最大となるため、被験体からの採血時の状態を反映していない。すなわち、白血球数やCRPを細菌感染症の指標とする場合、一時点の結果のみで細菌感染の有無を判断することはできない。

一方、細菌感染症を好中球消費が増大する病態として捉える考え方があった。細菌感染巣で好中球が大量に消費されると、骨髄は好中球産生を増加させ、感染巣へ十分な好中球を供給しようとする。このため、血中の白血球分画における好中球の割合が増す。血中の白血球分画において、桿状核球や後骨髄球などの幼若な好中球の割合が上昇し、桿状核球の割合が15%を超えた場合、白血球分画における左方移動があるという。この考え方に従い、白血球数の増加と白血球分画における左方移動により細菌感染症を診断することができるという報告もあった(非特許文献1及び非特許文献2を参照)。

その一方で、好中球の増加及び左方移動を組合せても細菌感染症、特に重症な細菌感染症への適用には問題があるとする報告もあった(非特許文献3を参照)。

少なくとも、白血球数と左方移動の有無が細菌感染症の発症後経時的にどのように推移していくかについての詳細な解析はなされておらず、感染症の進行度合いとの関係が解明されていなかった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、細菌感染症の検出方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
細菌感染症患者から血液試料を採取し、血液試料中の白血球数及び幼若好中球数を測定し、左方移動の有無を決定し、白血球の基準範囲に対する白血球数及び左方移動の有無を指標に、細菌感染症の進行度合い又は重症度を判定するためのデータを取得する方法であって、白血球数が基準範囲以上か基準範囲未満かを判定し、さらに、左方移動があるかないかを判定し、その結果に基づき以下の基準に基づいて細菌感染症患者をフェーズI~フェーズVに分類し、細菌感染症患者のフェーズを決定し、フェーズI又はIIであるとの決定が細菌感染症は重症化しているか、又は重症化に向かうと判定するための補助的データとなり、フェーズIII又はIVであるとの決定が細菌感染症は治癒に向かうと判定するための補助的データとなり、フェーズVであるとの決定が細菌感染症は治癒していると判断するための補助的データとなる、細菌感染症の進行度合い又は重症度を判定するためのデータを取得する方法:
フェーズI 白血球数が基準範囲より少なく、左方移動がない;
フェーズII 白血球数が基準範囲より少なく、左方移動がある;
フェーズIII 白血球数が基準範囲以上であり、左方移動がある;
フェーズIV 白血球数が基準範囲以上であり、左方移動がない;及び
フェーズV 白血球数が基準範囲内であり、左方移動がない。

【請求項2】
 
白血球数の基準範囲の下限が、血中1μl当たり2,900~4,500個であり、上限値が9,000~9,800個である、請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
白血球数に対する桿状核球の割合が15%以上のときに、左方移動があると決定する、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項4】
 
白血球数に対する骨髄球、後骨髄球及び桿状核球からなる幼若好中球数の割合が15%以上のときに、左方移動があると決定する、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項5】
 
細菌感染症患者から経時的に複数の時点で血液試料を採取し、請求項1~4のいずれか1項に記載の方法で細菌感染症患者をフェーズI~フェーズVに分類し、経時的なフェーズの推移に基づいて、細菌感染症の進行度合い又は重症度を判定するためのデータを取得する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close