Top > Search of Japanese Patents > IMAGE PROCESSOR, IMAGE PROCESSING METHOD AND PROGRAM

IMAGE PROCESSOR, IMAGE PROCESSING METHOD AND PROGRAM meetings

Patent code P130010161
File No. S2012-0751-N0
Posted date Dec 18, 2013
Application number P2012-124829
Publication number P2013-251712A
Patent number P5825681
Date of filing May 31, 2012
Date of publication of application Dec 12, 2013
Date of registration Oct 23, 2015
Inventor
  • (In Japanese)大塚 作一
  • (In Japanese)比良 祥子
  • (In Japanese)木原 健
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title IMAGE PROCESSOR, IMAGE PROCESSING METHOD AND PROGRAM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a mechanism with which a person with normal color vision can grasp viewing of a person with abnormal color vision (protanope/deuteranope) while a processing load of image processing in a color image is suppressed.
SOLUTION: An image processor includes: original color image acquisition means 210 for acquiring an original color image of a subject H expressed by YCbCr; Cr component zero processing means 221 which performs processing for making a value of a Cr component zero on respective pieces of pixel data of the original color image acquired in the original color image acquisition means 210; hue rotation processing means 222 which performs hue rotation processing of 5 degrees to 50 degrees in a CbCr color space on the respective pieces of pixel data of the color image on which the processing by the Cr component zero processing means 221 is performed; and display control means 230 which performs control to display the color image to which the hue rotation processing by the hue rotation processing means 222 is performed on a display section 109 as a hue converted color image.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、いわゆる色覚異常者の色覚をシミュレーションして正常色覚者に当該色覚異常者の見えを提供する技術が開発されている(例えば、下記の非特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、カラー画像の処理を行う画像処理装置及び画像処理方法、並びに、当該画像処理方法をコンピュータに実行させるためのプログラムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
YCbCrで表現される被写体のカラー画像を取得するカラー画像取得手段と、
前記カラー画像の各画素データに対して、Cr成分の値をゼロにする処理を行うCr成分ゼロ処理手段と、
前記Cr成分ゼロ処理手段による処理が施されたカラー画像の各画素データに対して、CbCr色空間において5度乃至50度の色相回転処理を行う色相回転処理手段と、
前記色相回転処理手段による色相回転処理が施されたカラー画像を色相変換済カラー画像として表示部に表示する制御を行う表示制御手段と
を有することを特徴とする画像処理装置。

【請求項2】
 
前記色相回転処理手段は、前記Cr成分ゼロ処理手段による処理が施されたカラー画像の各画素データに対して、前記CbCr色空間を定めるCb軸およびCr軸を5度乃至50度回転移動させて、前記色相回転処理を行うことを特徴とする請求項1に記載の画像処理装置。

【請求項3】
 
前記色相回転処理手段は、前記Cr成分ゼロ処理手段による処理が施されたカラー画像の各画素データにおけるCb成分の値およびCr成分の値を、前記CbCr色空間を基準として5度乃至50度回転移動させて、前記色相回転処理を行うことを特徴とする請求項1に記載の画像処理装置。

【請求項4】
 
前記カラー画像取得手段で取得されるカラー画像は、動画のカラー画像であることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の画像処理装置。

【請求項5】
 
YCbCrで表現される被写体のカラー画像を取得するカラー画像取得ステップと、
前記カラー画像の各画素データに対して、Cr成分の値をゼロにする処理を行うCr成分ゼロ処理ステップと、
前記Cr成分ゼロ処理ステップによる処理が施されたカラー画像の各画素データに対して、CbCr色空間において5度乃至50度の色相回転処理を行う色相回転処理ステップと、
前記色相回転処理ステップによる色相回転処理が施されたカラー画像を色相変換済カラー画像として表示部に表示する制御を行う表示制御ステップと
を有することを特徴とする画像処理方法。

【請求項6】
 
YCbCrで表現される被写体のカラー画像を取得するカラー画像取得ステップと、
前記カラー画像の各画素データに対して、Cr成分の値をゼロにする処理を行うCr成分ゼロ処理ステップと、
前記Cr成分ゼロ処理ステップによる処理が施されたカラー画像の各画素データに対して、CbCr色空間において5度乃至50度の色相回転処理を行う色相回転処理ステップと、
前記色相回転処理ステップによる色相回転処理が施されたカラー画像を色相変換済カラー画像として表示部に表示する制御を行う表示制御ステップと
をコンピュータに実行させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012124829thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close