Top > Search of Japanese Patents > PEST CONTROL AGENT AND PEST CONTROL METHOD FOR POWDERY MILDEW

PEST CONTROL AGENT AND PEST CONTROL METHOD FOR POWDERY MILDEW meetings

Patent code P130010164
File No. 12039
Posted date Dec 18, 2013
Application number P2012-245366
Publication number P2014-094895A
Patent number P5963143
Date of filing Nov 7, 2012
Date of publication of application May 22, 2014
Date of registration Jul 8, 2016
Inventor
  • (In Japanese)佐久川 弘
  • (In Japanese)ナヒド ハサン
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title PEST CONTROL AGENT AND PEST CONTROL METHOD FOR POWDERY MILDEW meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a pest control agent for powdery mildew which can generate a large amount of OH radicals.
SOLUTION: A pest control agent for powdery mildew is composed of trivalent iron ions, hydrogen peroxides and oxalates, and has a pH of 3-4.5. The agent is used for prevention or treatment of plant powdery mildew.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

うどん粉病は、ウドンコカビ科(Erysiphaceae)の純活物寄生菌による植物病害であり、野菜などの農作物の栽培における重要な病害の一つである。現状、うどん粉病の防除は、化学農薬に頼ることが多い。しかし、化学農薬の環境中への残留、環境ホルモンとしての作用など地球環境への悪影響が懸念されている。

非特許文献1では、地球環境への影響を考慮して、イチゴうどん粉病にフェントン試薬を用いた例が開示されている。ここでは、光フェントン反応により、活性酸素種であるOHラジカルを発生させ、OHラジカルの高い反応性、酸化力により、イチゴうどん粉病の治療等について開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、きゅうりうどん粉病の防除薬及び防除方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
3価鉄イオン、過酸化水素及びシュウ酸塩を含有し、
pHが3.5~4.6であり、
きゅうりうどん粉病の予防又は治療に用いられる、
ことを特徴とするきゅうりうどん粉病の防除薬。

【請求項2】
 
pHが3.8~4.3である、
ことを特徴とする請求項1に記載のきゅうりうどん粉病の防除薬。

【請求項3】
 
請求項1又は2に記載のうどん粉病の防除薬をきゅうりに散布して、きゅうりうどん粉病を予防又は治療する、
ことを特徴とするきゅうりうどん粉病の防除方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012245366thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close