Top > Search of Japanese Patents > PRODUCTION METHOD OF OPTICALLY ACTIVE AROMATIC COMPOUND HAVING CYCLIC STRUCTURE INCLUDING NITROGEN ATOM

PRODUCTION METHOD OF OPTICALLY ACTIVE AROMATIC COMPOUND HAVING CYCLIC STRUCTURE INCLUDING NITROGEN ATOM commons

Patent code P130010190
File No. NU-0521
Posted date Dec 27, 2013
Application number P2013-123423
Publication number P2014-240365A
Patent number P6115946
Date of filing Jun 12, 2013
Date of publication of application Dec 25, 2014
Date of registration Mar 31, 2017
Inventor
  • (In Japanese)石原 一彰
  • (In Japanese)ウヤヌク ムハメット
  • (In Japanese)鈴木 大介
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
Title PRODUCTION METHOD OF OPTICALLY ACTIVE AROMATIC COMPOUND HAVING CYCLIC STRUCTURE INCLUDING NITROGEN ATOM commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a production method for obtaining an optically active aromatic compound having a cyclic structure including a nitrogen atom, in which a modified group can be removed while keeping a high yield and optical purity, with a high yield in a high enantioselective manner.
SOLUTION: An aromatic compound described below is used as a substrate: in the aromatic compound, an amino group expressed by -NHR11 (where R11 is an arene sulfonyl group) is bonded to one of two carbon atoms constituting a benzene ring and adjoining to each other, and -R13-CHR15-C(=O)-Z (where R13 represents a methylene or an ethylene which may have a substituent, R15 represents a hydrogen atom, an alkyl group which may have a substituent, or a cycloalkyl group which may have a substituent, and Z represents a heteroaryl group which may have a substituent) is bonded to the other carbon atom. The substrate is made to react in a system to which N-spiro C2 axis asymmetric quaternary ammonium iodide and an oxidizing agent are supplied so as to obtain an aromatic compound having a cyclic structure including a nitrogen atom derived from the above amino group.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

生理活性物質、医薬品、農薬、化粧品等を製造する際の中間体として、2-アシルインドリン誘導体などが知られている。こうした中間体は、最終製品の作用等の観点から、光学活性化合物を用いることがある。本発明者らは、特許文献1において、N-スピロC2軸不斉四級アンモニウムヨージドと酸化剤とを用いる分子内酸化的環化反応をケトアニリン誘導体に適用することにより2-アシルインドリン誘導体を良好なエナンチオ選択率(不斉収率)で定量的に得ることに成功した(下記式参照、特許文献1の実施例1-31)。

【化1】
(省略)

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、窒素原子を含む環構造を有する光学活性な芳香族化合物の製法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ベンゼン環を構成する隣り合う2つの炭素原子における、一方に-NHR11(R11はアレーンスルホニル基である)で表されるアミノ基が、他方に-R13-CHR15-C(=O)-Z(R13は、置換基を有していてもよいメチレン又はエチレンであり、R15は、水素原子、置換基を有していてもよいアルキル基又は置換基を有していてよいシクロアルキル基であり、Zは、1-アリール-イミダゾ-2-イル又は1-アリール-1,2,4-トリアゾ-5-イルである)が結合している芳香族化合物を基質として用い、該基質を、N-スピロC2軸不斉四級アンモニウムヨージド及び酸化剤が供給されてなる系にて反応させ、前記アミノ基に由来する窒素原子を含む環構造を有する芳香族化合物を製造し、
前記芳香族化合物を製造したあと、更に、-C(=O)-ZのC-Z結合の開裂及び前記窒素原子上のR11の脱保護を順不同で行う、
芳香族化合物の製法。

【請求項2】
 
前記R11は、p-トルエンスルホニル基、4-ニトロベンゼンスルホニル基、2-ニトロベンゼンスルホニル基、ベンゼンスルホニル基又は2,4-ジニトロベンゼンスルホニル基である、請求項1に記載の製法。

【請求項3】
 
前記R15は、水素原子である、請求項1又は2に記載の製法。

【請求項4】
 
前記基質は、下記式(1)で表される化合物であり、
前記アミノ基に由来する窒素原子を含む環構造を有する化合物は、下記式(2)で表される化合物である、請求項1~3のいずれか1項に記載の製法。
【化1】
 
(省略)
【化2】
 
(省略)
(式(1),(2)中、R11,R13,R15及びZは前出の通りであり、R21~R24は、それぞれ独立して、水素原子、電子求引基若しくは電子供与基であるか又は隣接するいずれか2つが1~5個の炭素を介して結合して環を形成している)

【請求項5】
 
前記アンモニウムヨージドが下記一般式(3)~(8)で表されるアンモニウムヨージドである、請求項1~4のいずれか1項に記載の製法。
【化3】
 
(省略)
(式(3)~(8)中、Rは水素原子、フェニル基、アルキル基を有するフェニル基、ペルフルオロアルキル基を有するフェニル基、アルコキシ基を有するフェニル基又はアリール基を有するフェニル基である)

【請求項6】
 
前記Rは、3,5-ビス(3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル)フェニル基又は3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル基である、請求項5に記載の製法。

【請求項7】
 
前記酸化剤は、有機ヒドロペルオキシドである、請求項1~6のいずれか1項に記載の製法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close