Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR CULTIVATING VEGETABLE AND FRUIT

METHOD FOR CULTIVATING VEGETABLE AND FRUIT meetings

Patent code P140010224
File No. 24‐20
Posted date Jan 27, 2014
Application number P2012-104390
Publication number P2013-230122A
Patent number P6061124
Date of filing May 1, 2012
Date of publication of application Nov 14, 2013
Date of registration Dec 22, 2016
Inventor
  • (In Japanese)上野 誠
  • (In Japanese)木原 淳一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人島根大学
Title METHOD FOR CULTIVATING VEGETABLE AND FRUIT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for cultivating vegetables and fruits, suppressing powdery mildew by radiating a prescribed amount of infrared light to the vegetables and fruits without using an agrochemical agent.
SOLUTION: Infrared light is near infrared light, and is provided with that its irradiation intensity is ≥59 μW/cm2 per the surface of the vegetables and fruits, the central wavelength as the near infrared light is in the neighborhood of 740 nm and its irradiating time is desirably all day long, that is, continuous irradiation for 24 h. The use of an LED light source or an HEFL light source is desirable in the view point of electric power consumption.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

植物の病気は種々あるが、その8割はカビによるものであり、防除方法としては、農薬(殺菌剤)使用による化学的防除が一般的である。しかしながら、農薬を用いると、耐性菌が出現し、従来の農薬が効かず、かえって被害が広がることも懸念される。

野菜や果物については、カビの一種であるうどんこ病の被害が深刻であり、少なくとも1万種類の植物で感染が確認されている。これを防除する農薬も各種開発されているが、実際に、ステロール脱メチル化酵素阻害剤やストロビルリン系薬剤に対する耐性菌が報告されている。

一方、エネルギーの高い紫外光照射による防除方法も検討されている。しかしながら、紫外線は目や皮膚など人体に影響を与える可能性があり、照射条件によっては生産農家に負担を強いるという問題点があった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、果物や野菜のうどんこ病の防除技術に関し、特に近赤外光の照射によりうどんこ病の防除をおこなう青果栽培方法(農作物栽培方法)に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
農作物に近赤外光を終日連続照射することを特徴とするうどんこ病発生抑制方法

【請求項2】
 
中心波長が740nmである近赤外光を用いることを特徴とする請求項1に記載のうどんこ病発生抑制方法。

【請求項3】
 
農作物表面あたり少なくとも、59μW/cm2以上の照射強度で一週間連続照射することを特徴とする請求項1または2に記載のうどんこ病発生抑制方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012104390thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close