Top > Search of Japanese Patents > EXTRACTION METHOD OF LEAD ION AND EXTRACTING AGENT OF LEAD ION

EXTRACTION METHOD OF LEAD ION AND EXTRACTING AGENT OF LEAD ION

Patent code P140010246
File No. 13761
Posted date Feb 4, 2014
Application number P2012-072141
Publication number P2013-202460A
Patent number P6108376
Date of filing Mar 27, 2012
Date of publication of application Oct 7, 2013
Date of registration Mar 17, 2017
Inventor
  • (In Japanese)下条 晃司郎
  • (In Japanese)長縄 弘親
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title EXTRACTION METHOD OF LEAD ION AND EXTRACTING AGENT OF LEAD ION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an extraction method of lead ions and an extracting agent of lead ions capable of selectively and efficiently extracting and separating lead ions.
SOLUTION: An extract phase containing diglycolamide acid to be expressed by a general formula (1) (in the formula, R1 and R2 denote alkyl groups identical to or different from each other, and at least one of them denotes a straight-chain or branched-chain alkyl group having the carbon number of ≥6), and aqueous solution containing lead ions and other metal ions than the lead ions are brought into contact with each other under the acid condition of ≤pH 6, and the lead ions are extracted to the extract phase. Thereafter, the extract phase is brought into contact with acid aqueous solution, the lead ions are subjected to back extraction to the acid aqueous solution, and the lead ions are collected.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

鉛イオンを他の各種イオンから分離する技術は有害金属の除去、高純度金属の製造のための不純物金属の除去、資源の回収などの観点から極めて重要である。とくに、鉛イオンは非常に毒性が高いことから環境や生体系からの除去は極めて重要である。

鉛イオン(Pb2+)を除去する方法として、沈殿法がある。これはPbSO4やPbSの溶解度が小さいことを利用した方法である。すなわち、得られた浸出液にSO42-やS2-イオンを添加して鉛イオンと結合させ、沈殿を生成させる。しかしながら、溶解度が十分に低くないため、水溶液に鉛イオンが残存したり、他の有用金属も共に沈殿する可能性があるなど問題がある。

一方、溶媒抽出法によって鉛イオンを分離することも行われている(例えば、特許文献1参照)。

溶媒抽出法においては、リン酸系抽出剤やカルボン酸系抽出剤等の工業用抽出剤を利用した方法が知られている。リン酸系抽出剤の代表的なものとしては、ホスホン酸エステルである 2-エチルヘキシルホスホン酸モノ-2-エチルヘキシルエステル[2-ethylhexyl phosphonic acid mono-2-ethylhexyl ester]やその類似体であるジ(2-エチルヘキシル)リン酸 [di-(2-ethylhexyl)phosphoric acid]がある。カルボン酸系抽出剤の代表的なものとしては、2-メチル-2-エチル-1-ヘプタン酸: ネオデカン酸[2-ethyl-2-methyl-1-heptanoic acid:neodecanoic acid]がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は鉛イオンの抽出方法及び鉛イオンの抽出剤に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(1)
【化1】
 
(省略)
(式中、R1及びR2は、互いに同一又は異種のアルキル基であり、少なくとも一方は炭素数6以上の直鎖又は分岐鎖状のアルキル基を示す。)
で表されるジグリコールアミド酸を抽出剤として含有する抽出相と、鉛イオンと鉛イオン以外の金属イオンとを含む水溶液とをpH 6以下の酸性条件下で接触させて、鉛イオンを抽出相に抽出し、その後、この抽出相と酸性水溶液とを接触させることで鉛イオンを前記酸性水溶液に逆抽出して鉛イオンを回収することを特徴とする鉛イオンの抽出方法。

【請求項2】
 
下記一般式(2)
【化2】
 
(省略)
(式中、R3及びR4は、互いに同一又は異種のアルキル基であり、少なくとも一方は炭素数6以上の直鎖又は分岐鎖状のアルキル基を示す。)
で表されるジグリコールアミド酸を有することを特徴とする鉛イオンの抽出剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close