Top > Search of Japanese Patents > LAND (AND, POSSIBLY, WATER) TRAVELING FLIGHT BODY WITH PROTECT FRAME AND AUTOMATIC CHARGING DEVICE

LAND (AND, POSSIBLY, WATER) TRAVELING FLIGHT BODY WITH PROTECT FRAME AND AUTOMATIC CHARGING DEVICE meetings

Patent code P140010259
Posted date Feb 13, 2014
Application number P2014-008191
Publication number P2015-117003A
Patent number P6344791
Date of filing Jan 21, 2014
Date of publication of application Jun 25, 2015
Date of registration Jun 1, 2018
Priority data
  • P2013-009856 (Jan 23, 2013) JP
  • P2013-032944 (Feb 22, 2013) JP
  • P2013-236548 (Nov 15, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)山田 学
  • (In Japanese)平松 大輝
  • (In Japanese)江口 公規
  • (In Japanese)高橋 七奈
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋工業大学
Title LAND (AND, POSSIBLY, WATER) TRAVELING FLIGHT BODY WITH PROTECT FRAME AND AUTOMATIC CHARGING DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a flight body which hardly receives a damage upon landing or crash and can again takes off irrespective of landing attitude.
SOLUTION: A flight body includes a fixation shaft 3 fixed to right and left of a flight body main body 1 and protective frames 5, 6 which are connected to rotation parts 4 of both ends of the fixation shaft and cover a flight body main body (in particular, propulsion part 2) three-dimensionally therewith. The protect frames freely rotate independently to each other, and a contour part of the protect frame has a structure which obtains buoyance and also has a dead weight 8 for performing the landing with a right attitude. Thereby, the flight body main body and a mounting device are protected and, even when the landing and the crash are performed with any attitude, the dead weight modifies the attitude of the flight body into such a desirable attitude as to be easily taken off independently. Further, the flight body can perform not only flight but also land and water omnidirectional running and is excellent in safety, operability and energy-saving. Furthermore, an automatic charging device which sets the protect frames as a guide is provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

本発明の陸上(および可能な場合は水上を)走行可能なプロテクトフレーム付の飛行体に関する従来技術は、推進器(プロペラ駆動装置やジェット型推進装置など)をもつ飛行体(以下、飛行体本体)であり、例えば非特許文献1と2のようなヘリコプタ型のものや、非特許文献3のような飛行船型や、非特許文献4のような航空機型のものである。一方、特許文献1では、機体に複数のロータ(プロペラ)が配設された飛行体本体であって、ロータを2次元的にプロテクトフレームで囲うことによって、フレームの内側に配設される前記ロータと障害物との接触を防止する飛行体本体を開示している。

また、飛行体本体の自動充電装置に関する従来技術は、非特許文献5に示すように自動でバッテリーを交換・充電するシステムが提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、陸上(および可能な場合は水上を)走行可能なプロテクトフレーム付の飛行体およびその自動充電装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
推進力を発生する2つ以上の推進部と、前記2つ以上の推進部を制御する制御部およびバッテリー部からなる本体部と、前記本体部および前記2つ以上の推進部を立体的に包み込む一対のプロテクトフレームらなる回転翼機であって、
2つの棒状の固定軸を更に備え、前記2つの棒状の固定軸は、主たる進行方向に垂直となるように、一方の端部が前記本体部の左右に固定され、他方の端部に互いに同軸となる回転部を有し、
前記一対のプロテクトフレームは、転がり可能な形状であり、前記一対のプロテクトフレームの回転中心は、前記回転部にそれぞれ取り付けされ
前記一対のプロテクトフレームの回転中心の頂部の外側に突起部をそれぞれ有し、陸上を走行することを特徴とする回転翼機。

【請求項2】
 
前記一対のプロテクトフレームは左右の車輪として用いられ、互いに反対方向に回転し方向転換することを特徴とする請求項1に記載の回転翼機。

【請求項3】
 
前記本体部の鉛直下方部に固定された重りが取り付けられ自立的に鉛直上方向に向き、鉛直上方向に飛行することを特徴とする請求項1または2に記載の回転翼機

【請求項4】
 
前記プロテクトフレームは輪郭部と骨格部から構成され、前記輪郭部は、密度を水に対して小さくして浮力を得る構造であり、プロテクトフレームの下側の一部を水中に沈めて水上を走行することを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1つに記載の回転翼機

【請求項5】
 
前記2つ以上の推進部は、前記2つの棒状の固定軸の同軸を挟むと共に前記2つの棒状の固定軸の同軸から離れて設置され、前記制御部は、前記主たる進行方向に前記陸上を転がり移動する際、前記2つの棒状の固定軸の同軸周りに前記2つ以上の推進部の傾きを制御する機能を有することを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1つに記載の回転翼機。

【請求項6】
 
前記制御部は、少なくとも前記推進力について、前記一対のプロテクトフレームを前記陸上に押し付け、前記陸上を転がり移動する制御をする機能を備えることを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1つに記載の回転翼機。

【請求項7】
 
推進力を発生する2つ以上の推進部と、前記2つ以上の推進部を制御する制御部を含む本体部と、前記本体部および前記2つ以上の推進部を囲む、転がり可能な形状である一対のプロテクトフレームと、前記本体部および前記2つ以上の推進部に対して前記一対のプロテクトフレームが回転可能なように、前記一対のプロテクトフレームを前記本体部に取り付ける固定軸と、を備え、
前記一対のプロテクトフレームの回転中心の頂部の外側に突起部をそれぞれ有し、陸上を走行することを特徴とする回転翼機。

【請求項8】
 
前記一対のプロテクトフレームは左右の車輪として用いられ、互いに反対方向に回転し方向転換することを特徴とする請求項7に記載の回転翼機。

【請求項9】
 
前記本体部の鉛直下方部に固定された重りが取り付けられ自立的に鉛直上方向に向き、鉛直上方向に飛行することを特徴とする請求項7または8に記載の回転翼機。

【請求項10】
 
前記プロテクトフレームは輪郭部と骨格部から構成され、前記輪郭部は、密度を水に対して小さくして浮力を得る構造であり、プロテクトフレームの下側の一部を水中に沈めて水上を走行することを特徴とする請求項7乃至9のいずれか1つに記載の回転翼機。

【請求項11】
 
前記2つ以上の推進部は、前記固定軸を挟むと共に前記固定軸から離れて設置され、前記制御部は、前記陸上を転がり移動する際、前記固定軸周りに前記2つ以上の推進部の傾きを制御する機能を有することを特徴とする請求項7乃至10のいずれか1つに記載の回転翼機。

【請求項12】
 
前記制御部は、少なくとも前記推進力について、前記一対のプロテクトフレームを前記陸上に押し付け、前記陸上を転がり移動する制御をする機能を備えることを特徴とする請求項7乃至11のいずれか1つに記載の回転翼機。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014008191thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close