Top > Search of Japanese Patents > DIPORPHYRIN DERIVATIVE AND POLYPORPHYRIN DERIVATIVE

DIPORPHYRIN DERIVATIVE AND POLYPORPHYRIN DERIVATIVE

Patent code P140010280
File No. 285
Posted date Feb 19, 2014
Application number P2004-023334
Publication number P2005-213219A
Patent number P4573259
Date of filing Jan 30, 2004
Date of publication of application Aug 11, 2005
Date of registration Aug 27, 2010
Inventor
  • (In Japanese)大須賀 篤弘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)日本電信電話株式会社
Title DIPORPHYRIN DERIVATIVE AND POLYPORPHYRIN DERIVATIVE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new compound in which the absorption band is shifted to longer wavelength side than wavelengths of metal complexes of polyporphyrins.
SOLUTION: The polyporphyrin derivative is represented by chemical formula (3) (wherein Ar are an aromatic hydrocarbons and Ar are each the same or different; n is an integer of 1-10).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ポルフィリン類やその金属錯体は、π-共鳴構造を有し、400nm前後の吸収帯を有する。このπ-共鳴構造をより大きくすることにより、吸収帯をより長波長側にシフトさせることが可能となる。
ポルフィリン類の金属錯体を用いた反応としては、ポルフィリン類の金属錯体のホウ酸化物付加化物をスズキカップリング反応させる方法が知られている(非特許文献1)。

【非特許文献1】
J.Am.Chem.Soc.,1998,120,12676-12677

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、新規のジポルフィリン誘導体及びポリポルフィリン誘導体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記化学式(1)で示される、ジポルフィリン誘導体。
【化1】
 
(省略)
(ただし、上記式(1)中、Arは、芳香族炭化水素を表す。また、それぞれのArは同一であっても異なってもよい。)

【請求項2】
 
下記化学式(3)又は(4)で示される、ポリポルフィリン誘導体。
【化2】
 
(省略)
【化3】
 
(省略)
(ただし、上記式(3)又は(4)中、Arは、芳香族炭化水素を表す。また、それぞれのArは同一であっても異なってもよい。さらに、nは、2~10の整数を示す。)

【請求項3】
 
下記化学式(5)で示される環状ドデカポルフィリン誘導体。
【化4】
 
(省略)
(ただし、上記式(5)中、Arは、芳香族炭化水素を表す。また、それぞれのArは同一であっても異なってもよい。)

【請求項4】
 
下記式(1)又は(2)で示されるジポルフィリン誘導体を金属イオン触媒下で反応することにより、請求項2に記載の化学式(3)又は(4)で示されるポリポルフィリン誘導体を製造する方法。
【化5】
 
(省略)
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close