Top > Search of Japanese Patents > ORGANOBORON MACROMOLECULAR COMPOUND

ORGANOBORON MACROMOLECULAR COMPOUND

Patent code P140010290
File No. 584
Posted date Feb 21, 2014
Application number P2004-325276
Publication number P2006-131835A
Patent number P4582577
Date of filing Nov 9, 2004
Date of publication of application May 25, 2006
Date of registration Sep 10, 2010
Inventor
  • (In Japanese)松元 深
  • (In Japanese)中條 善樹
  • (In Japanese)藤野 正家
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)日本電信電話株式会社
Title ORGANOBORON MACROMOLECULAR COMPOUND
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a π-electron-based conjugated macromolecular compound capable of being easily formed into a film shape and having n-type or bipolar semiconductor characteristics.
SOLUTION: The organoboron macromolecular compound is represented by general structural formula (1) (wherein, R1is a substituent constituted of carbon and hydrogen, with the proviso that two R1s in the formula may be the same substituent or different substituents; R2is one kind selected from the group consisting of hydrogen, a methyl group, an ethyl group, a n-propyl group and an isopropyl group, with the proviso that three R2s in the formula may be the same or different; and n is an integer of ≥1).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

π電子が主鎖方向に共役した高分子化合物は、一般に、ドーピングにより導電性を発現する(非特許文献1参照)ほか、電荷注入によりエレクトロルミネッセンスを示したり(非特許文献2~3参照)、大きな3次の光学非線形性を示したり(非特許文献4~6参照)するなど、産業上有用な物性を示すものが多い。特に、ポリパラフェニレンビニレン(PPV)は1990年の報告以降、LEDに関する研究が数多くなされている。そして、直線状分子のポリパラフェニレンエチニレン(PPE)は、分子エレクトロニクスデバイスとしての展開が期待されている(非特許文献7参照)。しかしながら、炭素-炭素多重結合のみからなる共役系では機能的な限界が懸念されており、炭素以外のヘテロ元素を含む新しい共役系の開発が並行して進められている。
【非特許文献1】
ジー・ハジオアノウ,ピー・エフ・ファン・フッテン(G.Hadziioannou,P.F.van Hutten)、「セミコンダクティングポリマーズ(Semiconducting Polymers)」、ドイツ、ワイリー-ブイ・シー・エイチ(Wiley-VCH)発行、2000年
【非特許文献2】
ジー・ブラッセ,ビー・シー・グラブマイヤー(G.Blasse,B.C.Grabmaier)、「ルミネッセントマテリアルズ(Luminescent Materials)」、ドイツ、スプリンゲル-ヴェラーグ(Springer-Verlag)発行,1994年
【非特許文献3】
エス・ミヤタ,エイチ・エス・ナルワ(S.Miyata,H.S.Nalwa)「オーガニックエレクトロルミネッセンスマテリアルズ アンド デバイス(Organic Electroluminescence Materials and Devices)」、オランダ、ゴードン アンド ブリーチパブリッシャーズ(Gordon and Breach Publishers)発行、1997年
【非特許文献4】
ジェイ・メサイア,エフ・カジャール,ピー・エヌ・プラサード,ディー・アール・ウルリッヒ(J.Messier,F.Kajzar ,P.N.Prasad ,D.R.Ulrich)、「ノンリニア オプティカル エフェクツ イン オーガニック ポリマーズ(Nonlinear Optical Effects in Organic Polymers)」、ドイツ、クルワーアカデミックパブリッシャーズ(Kluwer Academic Publishers)発行、1989年
【非特許文献5】
ピー・エヌ・プラサード,ディ・ジェイ・ウィリアムズ(P.N.Prasad ,D.J.Williams)「イントロダクション トゥ ノンリニア オプティカル エフェクツ イン モレキュールズ アンド ポリマーズ(lntroduction to Nonlinear Optical Effects in Molecules and Polymers)」、米国、ワイリー(Wiley)発行、1990年
【非特許文献6】
「オプティカル ノンリニアリティズ イン ケミストリ(Optical Nonlinearities in Chemistry)、スペシャル イシュー オブ ケミカル レビュ(special issue of Chem.Rev)」、第94巻、米国、1994年、p.1-278
【非特許文献7】
ユー・エイチ・エフ・ブンズ(U.H,Ebunz)、「ケミカル レビュ(Chem.Rev)」、第100巻、米国、2000年、p1605

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、主鎖の一部がホウ素で置換されたπ電子系共役高分子化合物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般構造式(1)で表されることを特徴とする有機ホウ素高分子化合物。
【化1】
 
(省略)
(式中、R1は、炭素と水素から構成される置換基を表し、式中の2つのR1はそれぞれ同じ置換基であってもよいし、異なる置換基であってもよい。R2は、水素、メチル基、エチル基、n-プロピル基、イソプロピル基からなる群から選ばれる1種類を表し、式中の3つのR2はそれぞれ同じであってもよいし、異なってもよい。nは1以上の整数を表す。)

【請求項2】
 
R1が分岐型置換基である請求項1に記載の有機ホウ素高分子化合物。

【請求項3】
 
R1が直鎖型置換基である請求項1に記載の有機ホウ素高分子化合物。

【請求項4】
 
請求項1ないし3のいずれか1項に記載の有機ホウ素高分子化合物を含む薄膜を有機半導体層として有する半導体装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close