Top > Search of Japanese Patents > FLUID DISTRIBUTION DEVICE AND MICRO PLANT

FLUID DISTRIBUTION DEVICE AND MICRO PLANT

Patent code P140010303
File No. 2847
Posted date Feb 21, 2014
Application number P2010-046811
Publication number P2011-180992A
Patent number P5564723
Date of filing Mar 3, 2010
Date of publication of application Sep 15, 2011
Date of registration Jun 27, 2014
Inventor
  • (In Japanese)田中 仁章
  • (In Japanese)殿村 修
  • (In Japanese)長谷部 伸治
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)横河電機株式会社
Title FLUID DISTRIBUTION DEVICE AND MICRO PLANT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fluid distribution device capable of accurately detecting a blocked site regardless of characteristics of a micro processing device or physical properties of fluid, and a micro plant capable of stably performing long-term continuous operation by being provided with the device.
SOLUTION: The fluid distribution device 1 for distributing fluid supplied to an input flow passage 11 to three or more output flow passages 13 includes a distribution flow passage 12 for distributing a processing object fluid W1 supplied to the input flow passage 11 by the number of output flow passages 13, and constituted by combining a plurality of branch micro flow passages Rc21-Rc33, Rs11-Rs36; and micro flowmeters 14a, 14b for measuring flow rates of two branch micro flow passages of the plurality of branch micro flow passages Rc21-Rc33, Rs11-Rs36 for constituting the distribution flow passage 12 (e.g., the branch micro flow passages Rc31, Rc33).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

マイクロ化学プロセス技術は、等価直径が1mm以下のマイクロ流路を利用して化学反応を行う技術であり、例えば医薬品やファインケミカル等の高付加価値機能性材料を少量生産するのに適した技術である。マイクロプラントは、マイクロ化学プロセス技術を利用して化学反応を行うプロセス機器(マイクロ処理装置)から構成される生産プラントであり、ナンバリングアップと呼ばれる手法によりスループットの向上(単位時間における処理量の増大)が図られている。

ここで、上記のナンバリングアップと呼ばれる手法は、複数のマイクロ処理装置を並列に配置し、マイクロ処理装置の各々に接続された複数のマイクロ流路(並列流路)を介して処理対象となる流体を各マイクロ処理装置に供給するとともに、各マイクロ処理装置から並列流路を介して処理後の流体を回収する手法である。かかるナンバリングアップなる手法を用いると、マイクロ流路を介して供給される流体が複数のマイクロ処理装置で同時に処理されるため、スループットの向上を図ることができる。

以下の非特許文献1には、上記のナンバリングアップと呼ばれる手法により並列化されたマイクロ処理装置間の一様な流量分布を実現するとともに、流路閉塞の早期検出・診断を可能にすることによって、マイクロプラントの安定した長期連続運転を可能とし得る技術が開示されている。具体的に、以下の非特許文献1では、マイクロ処理装置の上流側及び下流側の流路を分合流タイプの流体集配構造とすることによって、マイクロ処理装置間の一様な流量分布を実現している。また、マイクロ処理装置に接続される複数の並列流路のうちの任意の2つの並列流路に流量計を設け、これら2つの流量計の計測結果から流量変化量比を求めて閉塞箇所を特定し、流量変化量比に流量変化量を乗ずることによって閉塞箇所の閉塞度合いを推算している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、流体分配装置及びマイクロプラントに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
入力流路に供給される流体を3以上の出力流路に分配する流体分配装置であって、
複数の枝流路を組み合わせてなり、前記入力流路に供給された流体を前記出力流路の数だけ分配する分配流路と、
前記分配流路をなす前記複数の枝流路のうちの2つの枝流路の流量を測定する流量計と
前記流量計の測定結果に基づいて、前記出力流路のうちの閉塞した出力流路を特定する監視装置とを備えており、
前記監視装置は、前記出力流路の閉塞状態に応じた前記2つの枝流路における流量変化の関係を示す判定テーブルを記憶する記憶部と、
前記流量計の測定結果と前記記憶部に記憶された前記判定テーブルとを比較して閉塞した出力流路を判定する判定部と
を備えることを特徴とする流体分配装置。

【請求項2】
 
前記分配流路は、流体を分配する分配部の数が前記入力流路から前記出力流路に向けて順次増加する構造であり、
前記流量計は、前記分配部の数が前記出力流路の数の半分である部分よりも前記出力流路側に位置する枝流路の流量を測定する
ことを特徴とする請求項1記載の流体分配装置。

【請求項3】
 
前記分配流路は、前記複数の枝流路を前記入力流路に対して線対称に組み合わせた構造であり、
前記流量計は、前記複数の枝流路のうち、前記入力流路に対して線対称の関係にある2つの枝流路の流量を測定する
ことを特徴とする請求項2記載の流体分配装置。

【請求項4】
 
流体に所定の処理を施すマイクロプラントであって、
前記流体を分配する請求項1から請求項3の何れか一項に記載の流体分配装置と、
前記流体分配装置の出力流路に接続され、前記流体分配装置によって分配された流体を処理する複数のマイクロ処理装置と
を備えることを特徴とするマイクロプラント。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010046811thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close