Top > Search of Japanese Patents > WATER SAVING TYPE WATER LEAKAGE PREVENTION STRUCTURE OF PADDY FIELD

WATER SAVING TYPE WATER LEAKAGE PREVENTION STRUCTURE OF PADDY FIELD

Patent code P140010309
File No. 2049
Posted date Feb 24, 2014
Application number P2007-312961
Publication number P2009-138344A
Patent number P4611366
Date of filing Dec 4, 2007
Date of publication of application Jun 25, 2009
Date of registration Oct 22, 2010
Inventor
  • (In Japanese)中村 公人
  • (In Japanese)中島 吉嗣
  • (In Japanese)小山 孝次
  • (In Japanese)古川 政行
  • (In Japanese)玉村 幸雄
  • (In Japanese)清水 まり
  • (In Japanese)田中 義人
  • (In Japanese)小池 清一
  • (In Japanese)中村 徳章
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)キタイ設計株式会社
  • (In Japanese)株式会社ホクコン
  • (In Japanese)ヤンマーアグリジャパン株式会社
Title WATER SAVING TYPE WATER LEAKAGE PREVENTION STRUCTURE OF PADDY FIELD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a water saving type water leakage prevention structure of a paddy field, which reduces the wasteful use of agricultural water by suppressing water leakage from the paddy field, and which can alleviate the problems of environmental pollution and the disruption of an ecosystem, associated with the flow of a fertilizer component and agricultural chemicals, contained in water stored in the paddy field, to a downstream side.
SOLUTION: A water supply control unit is installed in a unit paddy field 11 which is partitioned by first and second levees. Water, which is discharged by a drainage section 16 which is provided in a levee section 6 in front of the unit paddy field 11, is discharged to the downstream side through a drainage channel 14. A water cutoff surface section 8 for preventing the leakage of the water in the unit paddy field 11 is provided in the levee section 6 in front of the unit paddy field 11 by embedding its lower end-side portion inside a plow sole layer 20. In the drainage channel 14, shuttering boards are provided at required intervals, and a shuttering board effect is exerted on the water in the drainage channel so that the surface 43 of the water can be positioned above a lower end 45 of the plow sole layer 20. The drainage channel 14 is put into the state of being opened to ground 26 on its channel bottom surface 23a, and the unit paddy field 11 and the drainage channel 14 are put into a water-passing state via a permeable layer 102.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

水田では、代掻きや田植えの時期に施肥や農薬散布が行われるため、水田の貯留水は肥料や農薬を含んだ濁水状態にある。又、田植えから秋の収穫までの間にも施肥や農薬散布が適宜行われている。かかることから、水田の貯留水中には豊富なチッソやリン等の肥料成分、農薬が存在した状態となっている。

そして、水田を囲む畦は土構造物であることから、畦に沿って設けられている排水路には、水田の貯留水が該畦を通じて漏水しやすかった。又、このような土構造の畦は、モグラやザリガニ等の小動物によって孔部が明けられるケースも多く、この孔部から排水路等に漏水する問題もあった。更に、該排水路は降雨時以外はほとんど水位もない状態であるため、水田の貯留水が水田の底部分を通じて排水路等に漏水することもあった。

このような漏水が生ずると、該貯留水に含まれているチッソやリン等の肥料成分や農薬が排水路に流入して下流側に流れることになるため、排水路末端の湖沼等における水質汚染の問題が深刻化していた。又、このように水田の貯留水が畦や水田の底部分を通じて排水路等に漏水することは、農業用水の無駄遣いになるばかりでなく、かかる無駄な漏水分を補うために用水ポンプを不必要に稼動させなければならず、用水ポンプの稼働に要する電力消費量が増大して経済的負担が上昇する問題もあった。

かかることから、排水路の下流側への汚濁物質の流出を抑制して水田による環境汚染や生態系の破壊を防止するために、又、農業用水の無駄遣いを削減すると共に用水ポンプの稼働に伴う電力消費量を低減させるために、効果的な漏水防止手段が望まれていた。

そこで、かかる水田の漏水防止を図るための手段として、例えば、実用新案登録第3006539号公報が開示する水漏れ防止枠板を用いた漏水防止構造が提案されている。該漏水防止構造は、図23に示すように、畦aの内側部を覆うように水漏れ防止枠板bを固定することによって水田の貯留水が漏水するのを防止せんとするものであった。この種の漏水防止構造によるときは、モグラやザリガニ等の小動物が明けた孔部から漏水する等の畦部分cを通じての漏水を該水漏れ防止枠板bの止水作用によって防止することはできても、水田の底部分dを浸透しての漏水を防止することはでき難いものであった。

【特許文献1】
実用新案登録第3006539号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、水田の貯留水が漏水するのを抑制できると共に水田への水の供給を一定に制御できるように構成された水田の節水型漏水防止構造に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
左右に延長する第1の畦と前後方向に延長する第2の畦とによって仕切られた水田の節水型漏水防止構造であって、
該水田は、前後に所要間隔を置いて配設された前記第1の畦間を、左右方向所要間隔毎に前記第2の畦で仕切ることによって、前後左右の縁が畦部で仕切られた単位水田が左右方向に並設されてなり、
各単位水田は、その後部に、該単位水田に所定水位に水を供給する給水制御装置が設けられ、又、前に位置する前記第1の畦の外側部に沿って排水路が設けられており、該単位水田の水が、前の畦部に設けた排水部より該排水路に排出されるようになされており、
又、該単位水田における前の畦部の内側部に、その全長に亘る如く、前記単位水田の作土層の下側に存する、粘土層からなる鋤床層に下端側の部分が埋設状態となる止水面部が、該前の畦部の上端側から該鋤床層の内部に亘って設けられると共に、前記排水路には堰上げ板が所要間隔を置いて設けられており、該排水路内の水が、該堰上げ板によって、その水面が前記作土層の下端となるように堰上げされるようになされており、又、該排水路は、該堰上げされた水の水面より下側部分で地盤に開放状態とされ、前記単位水田と前記排水路とは、前記鋤床層の下端の下側部分をなす透水層を介して通水状態とされていることを特徴とする水田の節水型漏水防止構造。

【請求項2】
 
前記止水面部は、下端側の部分が前記鋤床層に埋設状態となるように打ち込むことのできる板状の止水パネルとして形成されていることを特徴とする請求項1記載の水田の節水型漏水防止構造。

【請求項3】
 
前記給水制御装置は、前記水田に水を供給する農業用水パイプラインに接続されており、供給水量を積算し得る供給水量積算装置を具備すると共に、前記単位水田への必要な供給水量を手動で入力してセットした後にバルブを開放すると該セットした水量を供給でき、その後に該バルブが自動閉止する半自動給水栓バルブを具備することを特徴とする請求項1記載の水田の節水型漏水防止構造。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007312961thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close