Top > Search of Japanese Patents > STRUCTURE FOR PREVENTING COLLAPSE OF TRUSS BRIDGE

STRUCTURE FOR PREVENTING COLLAPSE OF TRUSS BRIDGE

Patent code P140010407
Posted date Apr 1, 2014
Application number P2014-057520
Publication number P2015-183351A
Patent number P6304809
Date of filing Mar 20, 2014
Date of publication of application Oct 22, 2015
Date of registration Mar 16, 2018
Inventor
  • (In Japanese)後藤 芳顯
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋工業大学
  • (In Japanese)日本車輌製造株式会社
Title STRUCTURE FOR PREVENTING COLLAPSE OF TRUSS BRIDGE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a structure for preventing a collapse of a truss bridge, which is used to prevent the collapse starting from damage to a main member of an upper structure of the truss bridge during a megalo-earthquake.
SOLUTION: A structure for preventing a collapse of a truss bridge is characterized as follows: an upper structure comprising a deck slab 1 and a truss skeleton 2 is arranged on a top surface of a lower structure 3 via a bearing 4 that is a connection part between both the structures; cables 5 are installed on both sides in a width direction, respectively; the cable on each side is run throughout its length through a cable guide 7 installed in a lower part of each panel point of a lower chord 6 of a truss; and starting and terminal ends of the cable are fixed to the lower structure.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

一般的に桁橋やトラス橋などの橋梁は上部構造と下部構造によって形成され,双方の連結部には支承が設置される。この連結部の支承が東北太平洋沖地震クラスの極大地震動によって損壊すると上部構造と下部構造の結合条件は破綻し最終的に上部構造は下部構造から落下する。これを防止する目的で設置されるのが落橋防止装置である。落橋防止装置は上部構造が致命的な損傷に至っていない場合を想定しており,このような場合に限り有効に機能する。
当該落橋防止装置には、主に以下の2タイプが存在する(非特許文献1)。
・PCケーブル式の落橋防止装置(タイプ1)
上部構造端部と下部構造をPCケーブルによって連結することにより,支承損壊後の上部構造の移動をPCケーブルによって制限し落橋を防止する。
・チェーン式の落橋防止装置(タイプ2)
PCケーブル式と同様に,上部構造端部と下部構造を鋼製のチェーンによって連結し,上部構造の移動を制限することにより落橋を防止する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、トラス橋の崩壊防止構造に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
床版とトラスの骨組みからなる上部構造を下部構造の上面に前記両構造の連結部である支承を介して配置し、幅員方向の両サイドにはケーブルを設置し、各サイドの当該ケーブルは、前記トラスの下弦材の各格点下部に設置したケーブルガイドに通して全長に渡って張り巡らせ、当該ケーブルの始端と終端を当該下部構造に固定させ
前記上部構造の崩壊時や落橋時に機能するもので、常時荷重や地震荷重作用時において力が作用しない程度の弛みを持たせていること、
を特徴とするトラス橋の崩壊防止構造。

【請求項2】
 
床版とトラスの骨組みからなる上部構造を下部構造の上面に前記両構造の連結部である支承を介して配置し、上部構造の落橋を防止する落橋防止装置を備え、幅員方向の両サイドにはケーブルを設置し、各サイドの当該ケーブルは、前記トラスの下弦材の各格点下部、上弦材の各格点下部に設置したケーブルガイドに通して環状に張り巡らせ、当該ケーブルの始端と終端を結合させること
を特徴とするトラス橋の崩壊防止構造。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014057520thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close