Top > Search of Japanese Patents > NEODYMIUM RECOVERY METHOD

NEODYMIUM RECOVERY METHOD meetings

Patent code P140010424
File No. 24‐05
Posted date Apr 3, 2014
Application number P2012-193017
Publication number P2014-046295A
Patent number P6052586
Date of filing Sep 3, 2012
Date of publication of application Mar 17, 2014
Date of registration Dec 9, 2016
Inventor
  • (In Japanese)笹井 亮
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人島根大学
Title NEODYMIUM RECOVERY METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a neodymium recovery method for recovering neodymium from a neodymium magnet at a low cost highly efficiently and highly purely in an industrially available mode.
SOLUTION: The neodymium recovery method is characterized by coarsely pulverizing a demagnetized neodymium magnet, adding a mixed solution of hydrochloric acid, nitric acid or sulfuric acid and dicarboxylic acid, treating the mixed solution in a wet ball mill at a room temperature for a predetermined time period, and precipitation-separating the neodymium as a dicarboxylic acid compound. The combination of hydrochloric acid and oxalic acid is especially preferred, and the oxalic acid density is preferred to be 0.1 mol/dm3 to 0.4 mol/cm3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ネオジム磁石は、Nd2Fe14Bを主相とした強力な永久磁石であり、現在、家電、自家用車、PC,モバイル機器等に含まれるモータ等に多様に採用されている。希土類元素の一つであるネオジム(Nd)は、埋蔵量が多くなく、その安定確保・安定供給のためにはネオジム磁石廃材からネオジムを工業的に利用可能な形態で高効率かつ低コストで回収する技術が求められている。

そのうちの一つとして、冶金技術を基盤として高温加熱により希土類を選択的に気化、回収する方法が知られている。また、粉砕製造技術を基盤としてネオジム磁石を微粉化してより低機能の磁石として利用する方法も知られている。

しかしながら、従来の技術では以下の問題点があった。

希土類を選択的に気化、回収する方法は、エネルギーコストおよびメンテナンスコストが高くなるという問題点があり、実際に工業的には利用されていない。また、低機能磁石を得る方法は、低コストではあるものの、低機能磁石としてのカスケード利用のみが可能であって、ネオジムの安定確保・安定供給には寄与しないという問題点があった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ネオジム磁石からネオジムを回収する方法に関し、特に、ネオジムを工業的に再利用可能な形態として低コストで回収する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
脱磁したネオジム磁石を粗粉砕したのち、塩酸、硝酸または硫酸と、シュウ酸との混合溶液であって、シュウ酸濃度を0.1mol/dm3~0.4mol/dm3とした混合溶液を加え、所定時間室温で湿式ボールミルにて処理し、ネオジムをジカルボン酸化合物として沈殿分離することを特徴とするネオジム回収方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012193017thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close