Top > Search of Japanese Patents > ELECTROCHROMIC DISPLAY ELEMENT AND MANUFACTURING METHOD OF THE SAME

ELECTROCHROMIC DISPLAY ELEMENT AND MANUFACTURING METHOD OF THE SAME

Patent code P140010427
File No. S2013-1519-N0
Posted date Apr 7, 2014
Application number P2013-200664
Publication number P2015-068861A
Patent number P6274490
Date of filing Sep 26, 2013
Date of publication of application Apr 13, 2015
Date of registration Jan 19, 2018
Inventor
  • (In Japanese)星野 勝義
  • (In Japanese)大熊 将史
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人千葉大学
Title ELECTROCHROMIC DISPLAY ELEMENT AND MANUFACTURING METHOD OF THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electrochromic display element with high versatility, capable of reducing unerased images without using rare metal and performing good display, and to provide a manufacturing method of the electrochromic display element.
SOLUTION: A manufacturing method of an electrochromic display element includes: a preparation process of preparing a solution containing at least one conductive nanoparticle of a tin oxide nanoparticle and a zinc oxide nanoparticle, and a viologen compound; and a coating process of applying the solution onto a substrate. The electrochromic display element comprises: a pair of substrates; electrodes respectively formed on a pair of opposite surfaces of the substrates; and a medium layer held between the pair of substrates. At least one of the electrodes includes a film containing at least one conductive nanoparticle of the tin oxide nanoparticle and the zinc oxide nanoparticle, and the viologen compound.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

パーソナルコンピュータ等情報処理装置の普及に伴い、情報処理装置による処理結果を表示するための表示素子(例えば、液晶表示素子など)が非常に重要となっている。

現在、新たな表示素子として、いわゆるエレクトロクロミック特性を利用した表示素子(エレクトロクロミック表示素子)が提案されている。エレクトロクロミック特性とは、電圧の印加により電気化学的酸化還元反応が起こり、物質の色が可逆的に変化する特性をいう。この特性を利用したディスプレイは、(1)視野性に優れる、(2)大型化が可能である、(3)視野角依存性が少ない、(4)鮮明な表示が可能である、といった利点があり、特に、いわゆる電子ペーパーといった極薄型のディスプレイへの応用が期待されている。

エレクトロクロミック特性を利用した表示素子としては、例えば酸化チタンナノ粒子からなる膜にビオロゲン化合物を化学修飾し、酸化チタンナノ粒子-ビオロゲンナノコンポジット電極を用いたエレクトロクロミック表示素子が一部実用化されている。

また、下記特許文献1には、ナノ粒子とビオロゲンを混合して塗布膜電極を作製してなるエレクトロクロミック表示素子が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、エレクトロクロミック表示素子及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アルミニウムがドープされた酸化スズナノ粒子及び酸化亜鉛ナノ粒子の少なくともいずれかの導電性ナノ粒子と下記式で示されるビオロゲン化合物とを含む溶液を調製する調製工程と、
前記溶液を基板上に塗布する塗布工程と、
前記基板と他の基板を、水と支持塩を含む媒体層を挟んで対向配置させる工程、を有するエレクトロミック表示素子の製造方法。
【化1】
 
(省略)
(R1及びR2は、それぞれ独立に炭素数1~20のアルキル、炭素数3~20のシクロアルキル、炭素数6~20のアリール又は炭素数7~20のアリールアルキルを表す)

【請求項2】
 
前記溶液は、導電性ナノ粒子を5wt%以上30wt%以下の範囲で含む請求項1記載のエレクトロクロミック表示素子の製造方法。

【請求項3】
 
前記ビオロゲン化合物は、前記ナノ粒子の重量を1とした場合に、0.01以上0.5以下の範囲で前記溶液に含まれている請求項1記載のエレクトロクロミック表示素子の製造方法。

【請求項4】
 
前記溶液を基板上に塗布する塗布工程の後、
前記基板に光を照射する工程を含む、請求項1記載のエレクトロクロミック表示素子の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013200664thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close