Top > Search of Japanese Patents > TOOL WITH CUTTING EDGE, METHOD OF MANUFACTURING THE SAME, AND METHOD FOR MANUFACTURING OF MANUFACTURING INTERMEDIATE PRODUCT OF TOOL WITH CUTTING EDGE

TOOL WITH CUTTING EDGE, METHOD OF MANUFACTURING THE SAME, AND METHOD FOR MANUFACTURING OF MANUFACTURING INTERMEDIATE PRODUCT OF TOOL WITH CUTTING EDGE

Patent code P140010431
File No. H23-6
Posted date Apr 8, 2014
Application number P2011-285280
Publication number P2013-132725A
Patent number P5871230
Date of filing Dec 27, 2011
Date of publication of application Jul 8, 2013
Date of registration Jan 22, 2016
Inventor
  • (In Japanese)小川 圭二
  • (In Japanese)田邉 裕貴
  • (In Japanese)中川 平三郎
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人滋賀県立大学
Title TOOL WITH CUTTING EDGE, METHOD OF MANUFACTURING THE SAME, AND METHOD FOR MANUFACTURING OF MANUFACTURING INTERMEDIATE PRODUCT OF TOOL WITH CUTTING EDGE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To highly-accurately obtain a cutting edge, having the intended hardness and hardness distribution, by a simple method.
SOLUTION: A micro edge tool 10 can be manufactured by a manufacturing process including: a step of preparing a steel material; a hardening step in which an area of the steel material wider than an area, planned to form a cutting edge 13 therein, of the steel material is subjected to laser hardening to form a hardened area 21 in a part of the steel material; and a machining step in which the steel material formed with the hardened area 21 is machined to form the cutting edge 13 in the hardened area 21.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

鋼材を加工して形成された刃物や針などの切っ先部を備える工具では、通常、切っ先部の硬度を高くすることが求められている。このため、切っ先部の焼入れによる高硬度化が従来から行われている。かかる焼入れ方法としては、鋼材の全体を焼入れしてから機械加工により切っ先部を形成する方法が挙げられる。しかし、この方法では、高硬度化した鋼材を機械加工して刃物等の形状を作製する必要があり、効率の良い方法とは言えない。

かかる状況に鑑みて、本発明者等は、非特許文献1において、焼入れ前の鋼材を機械加工して切っ先部を形成した後、切っ先部のみを選択的にレーザ焼入れする方法を提案している。この方法によれば、高硬度化した鋼材を機械加工することなく高硬度化した切っ先部を得ることができる。但し、切っ先部への入熱量が不足すると目的とする硬度が得られず、入熱量が過剰であると切っ先部の先端(切っ先)が溶融して丸みを帯びてしまうため、焼入れ条件の設定を厳格に行う必要がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、切っ先部を備える工具、切っ先部を備える工具の製造方法、及び切っ先部を備える工具の製造中間体の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
切っ先部を備える工具の製造方法であって、
鋼材を準備する工程と、
前記鋼材の前記切っ先部の形成予定領域よりも広い領域をレーザ焼入れして、前記鋼材の一部に焼入れ領域を形成する焼入れ工程と、
前記焼入れ領域が形成された前記鋼材を機械加工して、前記焼入れ領域内に前記切っ先部を形成する機械加工工程と、
を含み、
前記機械加工工程では、前記鋼材を機械加工して、基板と、該基板の表面から突出する刃とを形成すると共に、前記切っ先部である前記刃の刃先部のみを前記焼入れ領域内に形成し、ここで、前記刃先部側から視た前記刃の平面視形状には曲部が含まれ、
前記焼入れ工程では、前記曲部に対応した曲部パターンを含む前記焼入れ領域を形成し、前記曲部パターンの曲率半径が小さくなるに従って前記曲部パターンの幅を広げることを特徴とする製造方法。

【請求項2】
 
請求項1に記載の製造方法において、
前記機械加工工程では、前記刃先部の先端である刃先を前記焼入れ領域の中心からずらして前記鋼材を機械加工することを特徴とする製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011285280thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close