Top > Search of Japanese Patents > ABSORPTION BOARD

ABSORPTION BOARD meetings

Patent code P140010435
File No. H24-5
Posted date Apr 8, 2014
Application number P2012-149838
Publication number P2014-012236A
Patent number P6088164
Date of filing Jul 3, 2012
Date of publication of application Jan 23, 2014
Date of registration Feb 10, 2017
Inventor
  • (In Japanese)菊地 憲次
  • (In Japanese)徳満 勝久
  • (In Japanese)山田 雅章
  • (In Japanese)脇坂 博之
  • (In Japanese)神澤 岳史
  • (In Japanese)渋谷 光夫
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人滋賀県立大学
  • (In Japanese)滋賀県
  • (In Japanese)日本合成化学工業株式会社
Title ABSORPTION BOARD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an absorption board produced by fixing strongly active charcoal particles having high specific surface area to each other through a polyvinyl alcohol resin which is a raw material having small environmental load.
SOLUTION: A absorption board is produced by binding particles including that of active charcoal derived from chaffs to each other through a polyvinyl alcohol resin, wherein the active charcoal is produced by treating chaffs with an alkali solution followed by an activation treatment and the silicon content of the active charcoal is 0.5 to 6 wt%.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

建材などのボードに脱臭性能を付与するために、活性炭を含有させることが行われる。具体的には、例えば、活性炭を含む粒子同士を接着剤を介して固着させたボードや、通常のボードの表面や内層に活性炭を含む粒子の層を接着剤を介して固着させたボードが挙げられる。

一方、このような目的に用いる活性炭の原料として、バイオマスとして大量入手が可能な籾殻の利用が期待されている (例えば、特許文献1参照) 。しかし、籾殻表面には、比表面積を増大させるための賦活化の障害となる強固なシリカ等の珪素成分皮膜が形成されている。この皮膜はアルカリ処理により除去が可能であるが、珪素成分を完全に除去した活性炭は、ポリビニルアルコールとの接着力が不良なため、活性炭を含む粒子同士をポリビニルアルコーを接着剤として固着させたボードの強度や、活性炭を含む粒子の層の耐剥離性に劣るという問題がある。ポリビニルアルコールは水溶性であるので加工性に優れ、また籾殻との接着性に優れた接着剤として用いることができる(例えば、特許文献2参照)。また、ポリビニルアルコールは生分解性を有するので環境負荷の小さい接着剤として用いることができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、籾殻を炭化処理して得られる籾殻活性炭を用いてなる吸着ボードに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
籾殻をアルカリ処理する工程と、
アルカリ処理された籾殻を賦活処理することにより活性炭を得る工程と、
前記活性炭、籾殻、及びポリビニルアルコール系樹脂を混合することにより素地体を得る工程と、
前記素地体を乾燥させる工程と、
を含む、
前記活性炭の珪素含有量が0.5~6重量%である吸着ボードの製造方法。

【請求項2】
 
アルカリ処理された籾殻が賦活処理された活性炭の粒子と、
籾殻粒と、
を含む粒子同士がポリビニルアルコール系樹脂を介して結合されてなり、
前記活性炭の珪素含有量が0.5~6重量%である吸着ボード。

【請求項3】
 
籾殻由来の活性炭の粒子と、
籾殻粒と、
を含む粒子同士がポリビニルアルコール系樹脂を介して結合されてなり、
前記活性炭のBET比表面積が1,000m2/g以上であり、
前記活性炭の珪素含有量が0.5~6重量%である吸着ボード。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012149838thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close