Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR REGENERATING GYPSUM IN GYPSUM BOARD WASTE MATERIAL AS DIHYDRATE GYPSUM

METHOD FOR REGENERATING GYPSUM IN GYPSUM BOARD WASTE MATERIAL AS DIHYDRATE GYPSUM

Patent code P140010464
Posted date Apr 11, 2014
Application number P2013-112468
Publication number P2014-231447A
Patent number P6195238
Date of filing May 29, 2013
Date of publication of application Dec 11, 2014
Date of registration Aug 25, 2017
Inventor
  • (In Japanese)小嶋 芳行
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title METHOD FOR REGENERATING GYPSUM IN GYPSUM BOARD WASTE MATERIAL AS DIHYDRATE GYPSUM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for generating dihydrate gypsum reutilizable to a gypsum board, having a large particle diameter, and also, having high purity from gypsum in a gypsum board waste material without using any additive.
SOLUTION: The method of regenerating gypsum in a gypsum board waste material as dihydrate gypsum is characterized in that a gypsum board waste material is subjected to heating treatment to form dihydrate gypsum in the gypsum board waste material into hemihydrate gypsum, and the hemihydrate gypsum is suspended into an aqueous medium and is thereafter stirred at 70 to 85°C for 7 to 24 hr to precipitate the dihydrate gypsum having a minor axis of 40 μm or higher and an aspect ratio of 1 to 3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

石膏ボードは、石膏を板状にし、特殊な板紙で包んだ建築材料である。石膏ボード中で石膏は、二水石膏として存在しており、この結晶水により石膏ボードは優れた耐火性を有する。

石膏ボード廃材の発生量は、年間約150万tあるといわれ、そのうち100万tは再利用されずに埋立処分されている。埋立処分にも費用を要し、再利用が望まれる。石膏ボード廃材の再利用手段としては、石膏ボード廃材から原紙を分離し、得られた石膏をそのまま利用する方法(特許文献1)、石膏ボード廃材の粉砕物に炭素数4~6のオキシカルボン酸アルカリ金属塩、硫酸アルカリ、硫酸アンモニウム等を添加することにより、二水石膏として再生する方法(特許文献2、3)、石膏ボード廃材の粉砕物に、水性媒体中で種晶石膏を添加し、50~80℃で0.2~6時間攪拌して二水石膏として再生する方法(特許文献4)等が報告されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、石膏ボード廃材から石膏を再生する方法に関し、更に詳細には、石膏ボード廃材中の石膏を二水石膏として再生する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
平均粒径0.1~10mmの石膏ボード廃材を媒晶剤非添加で150~250℃で、30分~5時間加熱処理して石膏ボード廃材中の二水石膏を半水石膏とし、当該半水石膏を水性媒体中に15~35質量%の濃度になるように懸濁した後、70~85℃で7~20時間撹拌し、短径40~80μm、長径80~120μm、アスペクト比1~3の二水石膏を析出させることを特徴とする、石膏ボード廃材中の石膏を二水石膏として再生する方法。

【請求項2】
 
前記懸濁を10~35℃で行う請求項1記載の再生方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close