Top > Search of Japanese Patents > HOLLOW FINE NEEDLE AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME

HOLLOW FINE NEEDLE AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME meetings

Patent code P140010485
File No. 377
Posted date Apr 14, 2014
Application number P2012-119865
Publication number P2013-244191A
Patent number P6145249
Date of filing May 25, 2012
Date of publication of application Dec 9, 2013
Date of registration May 19, 2017
Inventor
  • (In Japanese)青柳 誠司
  • (In Japanese)鈴木 昌人
  • (In Japanese)高橋 智一
Applicant
  • (In Japanese)学校法人関西大学
Title HOLLOW FINE NEEDLE AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hollow fine needle in a hollow shape for preventing blood or a liquid chemical from getting into contact with air, and to provide a method of manufacturing the same.
SOLUTION: A hollow fine needle formed in a long shape includes: a needle body having a groove part formed along a longitudinal direction; a closing member for closing the groove part by covering the circumferential surface of the needle body; and a distribution path of a fluid along the longitudinal direction of the needle body, which is formed by the groove part and the closing member.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

現在、人体からの採血において、金属製のストレート形状の中実な針(ランセット)が利用される。採血では、針を皮膚に突き刺すことで微量の出血を生じさせ、これを検査紙で吸い取っている。

現状の針は、概ね直径300μm以上と比較的太い。そのため、皮膚の痛点を避けることが困難であること等の理由から、採血には痛みや恐怖が伴う。このような痛みや恐怖を軽減すべく、医療現場では低侵襲性のランセットが強く望まれている。そこで、身体の痛覚を避け、身体組織に対するダメージを軽減することが可能な、より径の小さい微細針を作製する方法が模索されている。

シリコン基板に対してエッチング処理を施すことで鋳型を製造し、鋳型を利用して微細金属部品を作製する技術が知られている(例えば、非特許文献1)。より細い針を得ることを目的として、この技術を利用して微細針を作製することが考えられている。他に、シリコン基板表面に対して垂直方向に微細針を作製する技術が知られている。

非特許文献1では、マスク処理を施したレジスト材料を紫外光やX線により感光させ、それを現像することで微細針の鋳型を製造している。微細針は、基板内面側に対してレジストを垂直方向にエッチングした後、この鋳型を利用して作製される。他に、シリコン基板内面側に対して垂直に微細針を作製する場合、ドライエッチングなどを利用して微細針が作製される。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、長尺状に形成される中空微細針及びその作製方法に関し、特に中空状の中空微細針及びその作製方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
長尺状に形成される中空微細針であって、長手方向に沿って形成された溝部を有する針本体と、該針本体の周面を被覆することで溝部を閉塞する閉塞部材と、溝部と閉塞部材とによって形成される、針本体の長手方向に沿う流体の流通路とを備え、溝部は、円弧状であり且つ内部における幅から針本体の周面における幅まで徐々に狭くなるように構成されることを特徴とする中空微細針。

【請求項2】
 
流通路は、流体が出入りする出入口を有し、出入口は、閉塞部材に2つ設けられることを特徴とする請求項1に記載の中空微細針。

【請求項3】
 
針本体は、長手方向の先端側が先鋭状であり、且つ該先鋭状の部分よりも基端側の部分が柱状であるとともに、該先鋭状の部分よりも長手方向における基端側に溝部が形成され、該針本体の先鋭状である部分及び柱状である部分のそれぞれの周面全体が閉塞部材によって被覆され、該閉塞部材には、針本体の先鋭状の部分よりも長手方向における基端側で且つ溝部に対応する位置において針本体の径方向で貫通する前記2つの出入口が形成されていることを特徴とする請求項2に記載の中空微細針。

【請求項4】
 
針本体は、タングステンで形成され、閉塞部材は、パリレンで形成されることを特徴とする請求項1乃至3の何れか1項に記載の中空微細針。

【請求項5】
 
長尺状に形成される中空微細針の作製方法であって、針本体の周面全体を被覆部材で被覆するステップと、針本体の長手方向に沿って被覆部材の一部を除去し、針本体の周面の一部を露出させるステップと、露出した針本体の周面の一部に対して、円弧状の溝部であり且つ内部における幅から針本体の周面における幅まで徐々に幅が狭くなる溝部を形成するステップとを備えることを特徴とする中空微細針の作製方法。

【請求項6】
 
針本体に溝部を形成した後に、針本体の長手方向に沿って除去した残りの被覆部材を除去し、針本体の周面全体を露出させるステップと、溝部に充填材を充填するステップと、充填材が充填された針の周面全体を閉塞部材で被覆するステップと、閉塞部材に、溝部に連通する出入口を形成するステップと、溝部に連通する出入口から充填材を除去するステップとを備えることを特徴とする請求項5に記載の中空微細針の作製方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012119865thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close