Top > Search of Japanese Patents > INHIBITOR OF ENZYME DXS IN MEP PATHWAY

INHIBITOR OF ENZYME DXS IN MEP PATHWAY

Patent code P140010498
File No. J150
Posted date Apr 21, 2014
Application number P2012-189523
Publication number P2013-241387A
Patent number P5862889
Date of filing Aug 30, 2012
Date of publication of application Dec 5, 2013
Date of registration Jan 8, 2016
Inventor
  • (In Japanese)矢嶋 俊介
  • (In Japanese)佐々木 康幸
  • (In Japanese)北原 一治
  • (In Japanese)越野 広雪
  • (In Japanese)高橋 俊哉
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京農業大学
Title INHIBITOR OF ENZYME DXS IN MEP PATHWAY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel compound inhibiting an enzyme 1-deoxy D-xylulose 5-phosphate synthase (DXS) in a 2-C-methyl-D-erythritol 4-phosphate (MEP) pathway which mainly prokaryons have, and to provide a DXS inhibitor containing the compound.
SOLUTION: There are provided: a compound represented by formula (1) wherein R is -OH or a 1-6C alkyl group, m is an integer of 0 to 3, and n is an integer of 3 to 20; and a DXS inhibitor containing the compound. The compound or the inhibitor exhibits growth inhibiting activity to related bactria (Mycobacterium smegmatis) of tubercle bacillus.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

生物にとって必要不可欠なイソプレノイドはイソペンテニル2リン酸から生合成されている。イソペンテニル2リン酸合成経路は2種類知られている。真核生物が主に保有しているメバロン酸経路と、原核生物が主に保有している2-C-methyl-D-erythritol 4-phosphate(MEP)経路である。また、植物は葉緑体内でMEP経路を使用し、細胞質内ではメバロン酸経路を使用していることも知られており、進化的にも非常に興味深い経路である。原核生物の中には結核菌やマラリア原虫などの病原菌が多く存在している。そして、MEP経路は人には存在しないため、新規薬剤分子の有用なターゲットと考えられている。

MEP経路を以下に示す。

【化1】
(省略)

MEP経路では、まずピルビン酸(Pyr)とグリセルアルデヒド3リン酸(G3P)が酵素DXSによってDXPに縮合される。その後、酵素DXRによってMEPが合成される。その後は5つの段階を経てイソペンテニル2リン酸が生合成される。

本発明は、MEP経路の最初の反応に関わる酵素DXSに関する。現在、MEP経路阻害剤としてフォスミドマイシンとケトクロマゾンが知られている。フォスミドマイシンは酵素DXR(1-deoxy D-xylulose 5-phosphate reductoisomerase)を阻害し、ケトクロマゾンは酵素DXS(1-deoxy D-xylulose 5-phosphate synthase)を阻害する。どちらもMEP経路の最初の反応に関係する酵素である。しかし、この2つの阻害物質は薬剤への応用としていくつかの問題があると言われている。フォスミドマイシンは体内で分解しやすいため、多量の摂取を必要とされる。ケトクロマゾンは元々除草剤として使用されていることから人体への影響が懸念されている。このような問題から、これらの化合物はMEP経路阻害剤としてはまだ改善の余地があり、新たな阻害剤が求められている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、MEP経路中の酵素DXSの阻害剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式(1-1)で表される化合物。
【化2】
 
(省略)

【請求項2】
 
記式(1-1)で表される化合物またはその薬学的に許容される塩を含有するMEP経路中の酵素DXSの阻害剤。
【化4】
 
(省略)
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close